FC2ブログ

Paradise LostParadise Lost
(2005/10/17)
Paradise Lost

商品詳細を見る


今年も残り2ヶ月弱、晩秋のこの時期になると何故か聴きたくなるバンド(笑)それがパラダイス・ロスト。言うまでもなく、ゴシックメタルの雄。このちょっと肌寒くなりかけの時期にピッタリの音楽だと私は思っている。

ゴシックの独特の暗さが結構好きだったりするのだけど、いわゆるヴィジュアル系のやってるゴシックはそんなに好きではなかったりする(某音さんゴメンなさい/詫)。ヴィジュアル系のそれは、私には独特の暗さが足りなくて物足りなく感じてしまうのだ。

パラダイス・ロストの最高傑作と謳われる「ドラコニアン・タイムス」も、私にとっては中途半端な暗さで「ゴシックといっても、そんなに絶望的な暗さではないし、この程度ならアリス・イン・チェインズの方がよっぽど絶望的じゃないか?」と思った時期もあった。
この最新作のアルバムでも、終始「中途半端な暗さ」と捉えられても仕方のない作りなのだけど、「ドラコニアン・タイムス」との決定的な違いはそれまで辿ってきた経緯にある。
「ドラコニアン・タイムス」以前はゴシック一辺倒でアルバムを作ってきたのに対し(1stは殆どデスメタルだけど)、このアルバム以前には音楽的変化があって「ホスト」というアルバムで私は完全にこのバンドを見放していたので、このアルバムで以前のゴシック色を取り戻した事には大いに歓迎した。

音も以前と比べてヘヴィーなだけではなく、「ヘヴィーな音でなくとも暗さを表現出来る音」を確立した様な感じで好感が持てる。この路線なら次作も期待したいトコなんだけど、「ホスト」の二の舞いだけはゴメンだな(苦笑)。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ラプンツェル / COCCO(2000)

EARTH VS WiLDHEARTS / THE WiLDHEARTS(1993)

comment iconコメント

コメントの投稿