クロックワーク・エンジェルズ・ツアークロックワーク・エンジェルズ・ツアー
(2013/11/20)
ラッシュ

商品詳細を見る


やっと待ちに待った9連休の始まりですよ!と言っても、もう2日経ったけど(苦笑)。
毎年の恒例行事と化したアウトレットへショッピングと、初詣と実家に帰る以外特にやる事もないので、今回の年末年始は掃除とゲーム、そして映画を沢山観る事にしようと心に決めた訳で、まず手始めに掃除を敢行。
昨日は風呂場を重点的に、そして今日はもう着ない洋服などを整理してたのだけど、色々仕分けしてた時にやはりロックTシャツがかなり多くなってしまったなあ~と実感。
最近はライブ会場で買う事は少なく(気に入るデザインのモノが売られてないので購買意欲が失せてしまうのだ)もっぱらネットで安いの見付けたら購入ってパターンなのでどんどん増えていくばかり。さすがにもう購入は控えないとちょっとマズいなあ。

まあそんな感じでダラダラと仕分けやってる最中、BGMだったのが先月購入したのに余り聴いてなかったラッシュの今回のツアーを収録した「CLOCKWORK ANGELS TOUR」。
3枚組という結構なボリュームで、しかもドラムソロがCD各1枚ずつに一つずつ入ってるという、一体どーしちゃったの?状態のライブ盤(笑)。

「CLOCKWORK ANGELS」は、アルバムでは久々に素晴らしいアルバムだったので来日公演も期待してたのだけど、相変わらず日本には醒めた反応しか起こしてくれなくてホントに残念だ。ラッシュが現役でいる限り来日公演の望みは絶対に捨てるつもりはないのだけど、彼等ももう還暦を過ぎてしまった訳で、これから活動ペースは下がってくるだろうから(現に来年はオフだそうだ)早いトコ吉報を待ちたいトコなんだけど...

それはともかく、ここ数年”アルバム出したらライブ盤も出す”というパターンは今回も崩してないので、こうしてライブの様子が聴けるだけでも嬉しいモノだ。しかし今回は、海外ではもう既に映像も売られているのに、国内版はまだリリースの予定が出て来ない。早く出してよ!

今回のツアーの大きな目玉は、バンド史上初の試みである8人編成のストリングスアレンジを加えた構成となっている。ストリングスアレンジは全曲全てという訳ではなく、新作から「BU2B」「BU2B2」を省いた全曲+数曲だけで、後はいつも通り3人での演奏となっている。

新作のテーマが”スチームパンク”をテーマにしているので近未来的な雰囲気を待つ楽曲で構成されていて、特に80年代のシンセサイザー期からの楽曲が多いのは、当時リアルタイムで聴いていた人には堪らない選曲かと。私的には「GRAND DESIGNS」や「MANHATTAN PROJECT」が嬉しかった。
ただストリングスアレンジは、最初は新鮮で面白いのだけど、何度も聴いてるウチにやはり3人のみの演奏の方が聴きたくなってしまう。特に新作は、前回のツアーで「CARAVAN」が披露されていたとはいえ、全曲演奏は今回最初で最後だろうから、ノーマルなライブverが聴きたかったのが本音だ。

演奏の方は相変わらずだけど、やはりゲディ・リーの歌はかなりバラつきが感じられる。まああの歳でこれだけ長い時間のライブだし、喉を酷使しているのは明らかだから理由も分かるのだけど、それならばハイトーンを駆使した楽曲は控えるとかの配慮は欲しかったなあ。特に「2112」はもうプレイしなくても良いんじゃないかと。
その分ニール・パートが頑張ってる印象で、前述の通りライブ盤にドラムソロ3つを組み込むというのは聞いた事がない。まあニールだからこそ許される事だけど、並のドラマーがこんな事やったら飽きられる事必至かと(笑)。

まあ何だかんだと書いたけど、やはり音だけでも楽しませる構成はお見事。早いトコ映像も観たいけど、それまでは音源だけで我慢しますかね。
そーいや、彼等のアルバムでは初の3人の顔出しが実現したというのも興味深い。何か心境の変化でもあったのだろうか?


「HEADLONG FLIGHT~DRUM SORO」↓
http://www.youtube.com/watch?v=WnySPqze0j0
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CHAKA / CHAKA KHAN (1978)

RED DRAGON CARTEL / RED DRAGON CARTEL (2013)

comment iconコメント

コメントの投稿