ショータイム,ストーリータイムショータイム,ストーリータイム
(2013/12/18)
ナイトウィッシュ

商品詳細を見る


長いな~と思った至福のナインデイズもあっと言う間に終了。
毎年思うんだけど、何で休み入る前は長いなあ~と思っていても、いざこの時が来るとあっさり終了してるんだろうか?ホントにこの感覚だけはよく分からん(苦笑)。

で、たっぷり時間はあったので、その時の為に...と取って置いたナイトウィッシュのライブDVD&CDを今回はチョイス。2CD+2DVDで¥8381+税。最近の流れからすると非常に高い買い物だけど、ドキュメンタリーが付いてるので字幕付きじゃないとキビしいんで、安いトコ探してジョーシンで25%オフの¥6600で捕獲出来た。

久々に彼等のCD買ったけど、以前から彼等のライブ映像が観たかったのと、新たに加入した元アフター・フォーエヴァーのフロール・ヤンセンを偶然YOU TUBEでチェックしたのを観てかなり気になったのが一番の動機だった。
初代Voだったターヤから前任者のアネット・オルゾンにチェンジした時、どーしてもアネットのVoにかなり違和感があったので彼等のアルバムはそれ以来全然チェックしてなかったのだけど、バンド自体ターヤとは別のタイプのシンガーを探してたという話だったので、ああ、それじゃ音楽性も変わっていくのかな...と思って、当時はそんなに興味もなかったのだ。

そしたらアネットは僅か2作で脱退し、こうしてフロールが加入する運びとなった訳だけど、個人的にはターヤよりも好きなシンガーだわ(外見ではない/笑)。アフター・フォーエヴァー自体がナイトウィッシュスタイルのバンドだったのでターヤばりのオペラティックな歌唱もそれなりにこなせるし、ターヤには無かったHM的なエッセンスが随所に垣間見えて、如何にもロックバンド的なアティチュードがバンドを大きく見せてる気がする(身長もかなりデカイみたいで、ギターのエンプがロニー・ジェイムズ・ディオばりの小ささに.../笑)。

またフロールと同時に加入したイリアン・パイプス奏者のトロイ・ドノクリー。そもそもイリアン・パイプスとは一体何ぞや...?と調べてみると、バグパイプの一種で口で吹くのでなくペダルみたいなモノで空気を送りこんで演奏するタイプのモノらしい。
だから演奏中は殆ど座りきりなのでステージングがちょっと違和感がある感じだけど、音的にはケルト風味が加わった感じで、今後は以前よりも更にケルト的な雰囲気が増してくるのではなかろうか。

選曲も実に良い感じで、大ヒットした「ONCE」から多く取り上げるのは勿論の事、新旧織り交ぜて飽きさせない構成は見事。個人的には「SHE IS MY SKIN」「EVER DREAM」「ROMANTICIDE」「BLESS THE CHILD」が入ってたのが凄く嬉しい。
個人的にはこのライブのハイライトは何と言っても「GHOST LOVE SCORE」。YOU TUBEでチェックした時に観たのが、この曲のブエノスアイレスでのライブだったのだけど、正にフロールの実力を発揮してる映像だった(おまけでこのライブ映像も収録されてたのも嬉しい!)。

しかし、こんなに良いシンガーだったとは思わなかった。何度鳥肌が立った事か...やっぱ無理してでも昨年のフィンランドフェスに行くべきだったなあ。今度は新作発表後になるだろうけど、非常に期待度が高まるバンドに変貌したのは嬉しい限りだ。


「DARK CHEST OF WONDERS」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=yAPYmGtnqZQ


「GHOST LOVE SCORE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=JYjIlHWBAVo
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FAN CLUB / JELLYFISH (2002)

CHAKA / CHAKA KHAN (1978)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このバンドはターヤさんが苦手で敬遠してたんですがVoさん変わってからは良いですね、一応昔のアルバムも持ってますが今のVoさんの方が好みです、また交替したみたいですが、メンバーさんの交替が多いとファン減りますよ~

2014年01月23日 22:05

comment avater

K.A.E.

ターヤやアネットと比べると、今回のフロールの歌唱が一番の好みです。楽曲の起伏がフロールによって活かされてると感じるんですよ。勿論、オリジナルの方が良い楽曲もありますが、それ以上に期待させるモノをフロールは持っていると思いますよ。次のアルバムは絶対に買いです!

このライブ盤はあのヴァッケン・オープンエアのライブなんですが、映像観てると一度はヴァッケンみたいな巨大メタルフェスでライブ観てみたいですね。こういう雰囲気もライブを感動的にさせる要因の一つかと。



2014年01月25日 22:42

コメントの投稿