暗闇の天使 (紙ジャケット仕様)暗闇の天使 (紙ジャケット仕様)
(2004/07/22)
バウハウス

商品詳細を見る


今までこのブログを書いてきて、改めてアルバムを聴き直す事は幾度もやってきた事だけど、第一印象が悪い作品とはなかなか向き合わないのはCDを毎月買ってる人なら分かってくれると思う。買ってきたCDがその時の旬に成り得るモノだし、一度聴いてみて「これはちょっと」なんて思うと次はなかなか手に取り辛いし。

正にバウハウスがそうだった。以前2枚組ベスト盤のレビューを書いた時にも「余り心に引っ掛かるモノがない」と書いたけど、図書館で借りたモノで現物を持ってないお陰か、それから殆ど聴いていなかった。
だけど、昨年オリジナルアルバム4枚+シングルス1枚を含めた5枚組ボックスが低価格で発売されたのを切っ掛けに「もう一度トライしてみるか」と好奇心が湧き上がって(笑)購入してみた。

そのBOXセットが発売されたにも関わらず、何故かアマゾンではマケプレ価格が¥4000越えで一向に入荷する気配がない。まあHMVでも良いか...とも考えていたのだけど、HMVではなかなかポイントセールやってくれないし買うタイミングが全くなかったので、痺れを切らしてアマゾンで単品注文し(マケプレ価格じゃなくアマゾン価格で)来月上旬入荷の予定だったのだけど、何故か入荷が早まったお陰で今日ウチに到着。

ちょっと話が逸れるけど、別なネットサイトで注文してあったのが同時期に届く雰囲気だったので、郵便局に用事もあったからついでに「届いてますか?」と確認したら、郵便局のオヤジが確認もせずに「まだ最終便帰ってきてないんで」と客の質問を却下しやがった(怒)。お前の仕事だろうがっ###
しかも、今日届けにきた局員が、目も合わせずに一方的ベラベラ喋ってさっさとドア閉めてるし。コミュ障ならこんな仕事は向いてねーだろ?これならメール便で玄関に置いてもらえば全然良いって。

何はともあれ、両方共無事に届いたんで早速聴く事が出来るので、やっぱコレは1stから順に...って事で「IN THE FLAT FIELD」(邦題:暗黒の天使)をチョイス。発表は1980年。しかし何なんですかね、このジャケ。全く意味が分からないっす(苦笑)。

こうしてアルバム1枚通して聴くと、なかなか良い感じじゃないですか!?以前ベスト盤聴いた時とかなり印象が違う。ジャケの雰囲気も相成っているのかも知れないけど、音を大きめにして暗い部屋で聴いてると「なるほど」と唸ってしまう音楽性。このバンドに付き纏うゴスの薫りが強烈に漂ってる。

苦手なハズのピーター・マーフィーの歌声も、(自分の許容範囲で)若干キビしい面があるにせよ(苦笑)それほど気にはならない感じで、何より演奏をじっくり聴いてみるとダブやパンク、ニューウェイヴやレゲエなどの影響を独自の世界観で構築しており、その後の後続バンドの礎を築いた事がはっきり分かる。初期のBOΦWYは明らかに影響受けてたんだなあ、と思った。

なるほど、これは自分の認識を改めなきゃイカンですねえ。今の時代にこういうスタイルを持ったバンドが皆無という事実は、このバンドが当時全てやり尽くしてしまったからなのか、それとも今の時代には噛み合わない事なのかは定かじゃないけど、聴かずにスルーするには勿体無いという事だけはよく分かった。まだまだ勉強が足りませんなあ~。


「IN THE FLAT FIELD」ライブ↓



「DOUBLE DARE」ライブ↓





スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

UNPLUGGED / ALICE IN CHAINS (1996)

ELIMINATOR / ZZ TOP (1983)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

確かにジャケは意味不明・・

遂に手を出されましたか!
正直私は大好きなんですがあまりにもストイック&変態的なんで人には薦めてません。
ゴスを含めてバクチクとかの日本のヴィジュアル系ほとんどに影響を与えたと言ってもいいバンドです。
この後、メンバーの確執から4枚のアルバムと再結成ライヴ、最終作とも言えるアルバムを出して再解散しましたが、海外のライヴ日程に時々名前を見るのは何事か~、シスターズも同じ位置に居るバンドですが、バウハウスが全ての「始まり」です、この後音楽的に拡散して遂に泥沼の確執の後、解散するんですが、突然21世紀に再結成、ライヴと新作は正直嬉しかったです。
でも強烈な中毒性があるんで程々にした方がよろしいかと、拗らせたら(というか悪化したら)服は黒しか着れなくなったり、人と話すのが面倒になったり、ゴス化粧したりと良い事ありません、さらに拗らせるとゴスの泥沼に・・・という悪夢が待ってます(経験者・帰還組)身体には良くないですよ~。
面白い音楽性ですが圧倒的に初期の映像が神!。

2014年01月30日 01:45

comment avater

K.A.E.

ゴスの帝王

まあ、さすがにゴス化粧まではいかないですが(この歳でやったら痛い事この上ないし/笑)少なくともこのBOX買ったんで、暫くは彼等の世界に染まってみるのも悪くないかと。あ、黒い服しか着られなくなったのは20代くらいまでです。今はもう普通に戻ったんで大丈夫でしょう!(笑)

しかし、ホントに”濃い”バンドですよね。ピーター・マーフィーの歌い方がド下手な時もあるんで(苦笑)その部分を除けばカッコイイのもよく分かるバンドかと。
YOU TUBEで「ゴッサム」のライブ映像観ましたけど、ライブに本質がある様な印象を受けましたね。ギタリストが非常にカッコイイですし。
再結成アルバムが賛否分かれてるみたいですけど、やはり月日の流れで変わっちゃった部分があるって事なんですかね?

2014年02月02日 16:22

コメントの投稿