Alice in ChainsAlice in Chains
(1995/11/07)
Alice in Chains

商品詳細を見る


ちょっと遅くなりましたが、先週月曜に新木場スタジオコーストでのアリス・イン・チェインズ観て来ました。
あの2006年伝説の(笑)ウドーフェスから約8年振り、あのライブを体験した人や本人達の発言からも「もう日本には来ないんではなかろうか?」と半ば諦めムードがあったにも関わらず、急な話ではあったもののこうして再び日本の地に来てくれた事にホント感謝しきり。

まあウドーフェスの場合、富士スピードウェイという交通の便が悪い場所、しかも大物ミュージシャンが多かった為チケット代も高額という最悪の条件が揃っていたにも関わらず、それでも客が入ると思ったプロモーターの大失敗が原因だったのでバンド側は何も悪くないのだけど、バンド側はそれを皮肉って「ナイス、ピクニック」って発言したらしいじゃないですか(笑)。

まあそんな過去があったんで、今回も人いなかったら言い訳にならないなあ~と思いきや、新木場は4~500人くらいは入ってたみたい。しかも前日の横浜は直前にソールドとなり、かなり盛り上がってバンド側も驚いてたって話だから、今でもこのバンドに思い入れのある人達は多いって事でしょう(私もその一人ですが)。

そんな訳で、今回のお題は1995年発表の3rdアルバム「ALICE IN CHAINS」。
バンド名をそのままタイトルに持って来て、しかもかなり意味深なジャケット。メンバーの誰かが夢にこの犬が出て来て追い回された悪夢をそのままイメージした...とか言ってたけど、犬の脚が3本しかないからドラッグ中毒だったレイン・ステイリーの除いた3人でもやっていける意思表示だの、3枚目のアルバムだから脚が3本だの、当時は色々と憶測を呼んだモノだったけど、このジャケットのお陰で国内盤が大幅に遅れたので輸入盤でさっさと購入したのを覚えている。当時はCDのカラーケースが黄色と濃い紫の2種類があって、私は濃い紫の方を所持している。

内容の方は、濃密なヘヴィ路線だった前作からするとかなり薄味な印象だけど、よく聴き込むと前作以上に混沌とした世界が広がっているのがよく分かる。
私は前作にかなりハマったクチなので、このアルバムを最初に聴いた時は正直期待ハズレと思ったくらい淡白な印象を受けた。しかし、前作との間に発表された「JAR OF FLIES」でのアコースティックを基調とした繊細な一面も既に知っていたので、これも彼等の新たな一面を見せたモノなのだろうと納得した。今では1stアルバムよりも好きなアルバムではあるけど。

レインの歌唱も、楽曲のスタイルのお陰か力強いイメージは殆どなく実に淡々とこなしている印象で、これがアルバムの色を明確にしちゃってる原因かも。それとは対象にジェリー・カントレルのギターは儚く美しさすら感じさせるトコに、このバンドの特異性を感じさせるのはさすが。ただ、何処かしか”行き着くトコまで行っちゃった”雰囲気が感じられるのは(今思うと)後のバンドに起きた悲劇を暗示してる様で悲しくなってくる。

今回のライブ直前にツイッターで、彼等にプレイして欲しい楽曲をリクエスト出来る企画があったのだけど、1位は「ANGRY CHAIR」、2位が「HEAVEN BESIDE YOU」、3位が「GRIND」という結果でも分かる様に、このアルバムから2位3位と独占していて、それだけ人気も高いアルバムという事もよく分かる結果だったな。結果的にはライブで「GRIND」(←横浜ではプレイされなかった)「AGAIN」がプレイされたけど、是非「HEAVEN BESIDE YOU」も聴きたかったなあ...

ライブ終了後、ステージ上でジェリーが「SEE YOU SOON, OK?」と発言していたけど勿論ですよ!フェスよりかは単独で来て欲しいけど、今回のライブで彼等が楽しんでくれたならファンとしても嬉しい限り。また絶対に観たいライブなんで、是非単独でお願いします!


「GEIND」PV



「HEAVEN BESIDE YOU」PV
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CELEBRATION DAY / LED ZEPPELIN (2012)

METEORA / LINKIN PARK (2003)

comment iconコメント

コメントの投稿