祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
(2012/11/21)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


以前からジミー・ペイジが公言していた「レッド・ツェッペリンの新しいマテリアル」なるモノの詳細が出て来ましたね。
もうZEP関係の出せるモノは「俺の生きてるウチに全て出してしまおう」的なノリにはちょっと笑ってしまうけど、バンドのメンバーが亡くなってから色々変なモノ出されるよりは、ちゃんとメンバーが関与している作品をリリースしてくれる方が好感は持てるかと。ましてZEPは既に解散して、オリジナルメンバーでの再結成も不可能なんで尚の事かと。

で、その詳細を探るべくアマゾンで商品紹介をチェックしていたら、何とこの作品が67%オフの¥2000で売られていたので問答無用で購入。お金が回らなくて購入がずっと後回しになっていたので、この金額は物凄く嬉しい。しかもブルーレイ+ボーナスDVD付きですよ。
まあ、以前購入したナイトウィッシュの2CD+2DVDが定価で¥9000近い値段を考えると、ZEPのこの定価は普通に適正価格なんだろうけど、それでも毎月何かしら買ってるモノとしては¥6000捻出するのはちょっと考えてしまうのだ(苦笑)。

さて、この1夜限りの再結成ライブ、元々はアトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンのトリビュート・コンサートという大義名分があるのだけど、当時この再結成ライブは日本でも結構話題になって朝の情報番組でもその時の模様がちょこっと流れて、メンバーの年老いた姿でもあの3人が一緒にプレイしてる...と思うと、それだけでかなり胸が熱くなった。
そりゃロバート・プラントが高音出なくても、ジミー・ペイジがヨレヨレでも、ZEPとしてプレイしているだけで伝説を目の当たりにしていると感じられてしまうのは、彼等の音楽が好きな人達には仕方のない事かと。

客観的に見ても、この時の再結成ライブの出来は彼等の年齢や解散後のキャリアを見ても、十分素晴らしい出来だったと思う。何でも約6週間近くの入念なリハーサルのお陰で演奏はかなりタイトになっており、何よりボンゾの代役が息子のジェイソンというのも感慨深いモノがあるし。

選曲はファンなら大体納得するリストではなかろうか。とにかくこのバンドは「あの曲も、この曲も」ってのが数多くあるから万人を完全に満足させる事はまず不可能だと思う。さすがに「IMMIGRANT SONG」辺りはキビしいのも本人達もファンも分かってるだろうし(苦笑)。個人的には「BABE I'M GONNA LEAVE YOU」や「THE BATTLE OF EVERMORE」が聴きたかったな。

多分、もうこの4人で演奏される事はないと思うけど、こうやって最後に良いモノ観させてもらったのは素直に嬉しい。ジェイソンなんか、伝説的な父親のバンドで父親の代役を務める事が出来てキャリアで最高のライブだったのでは?
人によっては全盛期の頃に及ばないライブなのかも知れないけど、古臭かろうが何だろうがレッド・ツェッペリンがその時に存在した...という事実だけで十分ではないだろうか?少なくとも、私は十分楽しめましたよ。


予告編



「KASHMIR」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DESTINATION / STREET TALK (2004)

ALICE IN CHAINS / ALICE IN CHAINS (1995)

comment iconコメント

コメントの投稿