ラウダー・ザン・エヴァー【初回限定盤CD+DVD(日本語字幕付】ラウダー・ザン・エヴァー【初回限定盤CD+DVD(日本語字幕付】
(2014/03/12)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る


さて、ちょっと遅くなりましたが期待してたプリティ・メイズの新作「LOUDER THAN EVER」を今回チョイス。
ちょうどアリス・イン・チェインズのライブ時期と重なってしまい、集中して聴くのが遅れてしまったんで、今更ながらのレビューです。

ここ最近の数作「PANDEMONIUM」「MOTHERLAND」の出来がホントに素晴らしく、また11年振りの日本公演が実現した事もあってバンドを取り巻く環境がかなり上がって来たお陰なのか、今回の新作はちょっと変則的なスタイルとなった。
バンド活動にちょっと陰りが見えてきた1994年発表の「SCREAM」から2006年発表の「WAKE UP TO THE REAL WORLD」から楽曲を8曲選んで再録し、プラス新曲が4曲という内容。

以前もちょこっと書いたけど、ちょうどこの「SCREAM」あたりから彼等から離れてしまったので(で、ちょうどライブ盤「IT COMES ALIVE - MAID IN SWITZERLAND」で戻ってきた/笑)個人的にはどの曲も新鮮に聴こえるのが良いのか悪いのか...バンドとしてもそんなに派手に活動していた時期ではないから、楽曲も幾分地味な印象しか残ってないのだけど、こうして再録したモノを聴いてみると、当時の音よりも厚みが増して現代風になってるのは良いとしても、肝心のメロディはちょっと弱いのが浮き彫りになった感じがした。
まあ派手にアレンジを変えてる訳でもないし、これらの楽曲を当時から聴いてる人達にとっては思い入れもあるんだろうから、コレは純粋に再録という意識で聴くべきモノだと思う。

そして新曲4曲の方は、近年の彼等の音そのものなので勢いからして違う。「NUCLEAR BOOMELANG」や「DERANGED」なんか、普通にライブで聴いてみたい楽曲だし。現在のバンドの状況がかなり充実してるのか、それが上手く楽曲にも反映されたカタチとなったと思う。早くも新作が楽しみだ。

そして、オマケのDVDの方は前作「MOTHERLAND」のツアーの模様をドキュメント形式で収録されてるのだけど、彼等にしては意外とマジメな作りなので(笑)まあまあの出来。まあ、ツアーの最中にどんな事してるのか?とかが垣間見える程度なので、ファンオンリーの映像って事で。ロニーが日本の居酒屋(?)でアバ歌ってたりとか、ケータリングのサンドウィッチにイタズラしたりとかそんな程度。
あと「LITTLE DROPS OF HEAVEN」と「MOTHER OF ALL LIES」のPVが収録されているけど、「NUCLEAR BOOMELANG」のPVも作ってあるんだから、これも入れて欲しかったな。

まあ、次回作への繋ぎの作品という位置付けで良いと思うけど、多分次のツアーでこのアルバムから数曲セットリストに加えられる可能性もあるだろうから、その辺を考えてみるのも面白いかと。
しかし、近年はかなり精力的に活動してるので、まだまだ楽しませてくれそうで何より。3年連続の日本ツアーは果たして実現するんだろうか?


「NUCLEAR BOOMELANG」PV



「WITH THESE EYES」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THROUGH THE NEVER / METALLICA (2014)

PRECIOUS METAL / HOUSE OF LORDS (2014)

comment iconコメント

comment avater

某音学馬鹿

壊れたPCからなんとかデータ救出成功(CDの写真とかも)したんでご報告、そのうちまとめてブログ書きます、OSの辺りが逝ったようでHDDのデーターは無事でしたが、もう怖くて使えません、買いました(泣)どーせなら消費税上がる前にこわれろよぉ〜。
PCの無い生活もいいもんですね〜、CDゆっくり聴けるし読書もできるし・・、でもi-podがあったんで完全にネット見てない訳じゃないですが。
復活してから書こうと思ってたのをことごとく先に書かれちゃいましたね〜。
加齢なるメイドさん(もういいって?)のこの作品は私も良いと思いました、ちょうどバンドが一時期停滞してた頃ですから今の勢いで再録は魅力です、当時はそんなに悪くないと思ってた(むしろ傑作だと思ってた)完全復活前の数枚も改めて聴くとやっぱり新録がかっこいいです、オリジナルも聴き込むほどに味が出てて、いいんですが音が若干もっさりしてるというか、曲は問題ないんですけどね。
という事で今日は遅いんでこれで終わります、では!。

2014年04月15日 02:03

comment avater

K.A.E.

おおっ、遂に復活出来ましたか!
しかしPC買い替えはちょっとイタいですね。ちょうどXPもサポートが終わるって事で買い替えが多かったみたいですが、それとは全く別モノだから大変ですよね。
今のPCの寿命ってどの位なんですかね~。5~6年もすると結構型遅れでそろそろ...と考えても良いんでしょうが、以前使ってた日立のヤツはホントに3年くらいしか使わないでダメになっちゃったんで、アレはマジでショックでしたよ(苦笑)。今の機種は何とか5~6年は持たせたいトコなんですけどね。

さて、メイズの新作。コレは今のバンドの雰囲気を見事に表現した良いアルバムですよね。再録に関しては、私は「ANYTHING WORTH DOING IS WORTH OVERDOING」と「SPOOKED」は所持してて、1度だけ「SCREAM」を聴いた事あるだけですが、確かに「SNAKES IN EDEN」あたり聴いてると録音状態の関係もあるのか、何だかオリジナルの方はあっさり風味なんですよね。アレンジ自体はそんなに変わってないのに。
何だか、こうした企画盤をリリースするあたり、バンドはやれるウチに色々とやっておこうという意識が感じられて良いですよね。しかも、ここ数年バンドの調子が上がってる事にも繋がってるし、まだまだ楽しませてくれそうで嬉しいですよ。また来日公演決まらないかな~。

2014年04月20日 12:54

コメントの投稿