メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー [Blu-ray]メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー [Blu-ray]
(2014/04/02)
ジェームズ・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒ 他

商品詳細を見る


当初、全く買うつもりがなかったんだけど、今月はそれほど欲しいモノも無かったんで結局買ってしまったメタリカの映画「THROUGH THE NEVER」。勿論ブルーレイで購入し、ついでにCDもアマゾンで輸入盤が¥1350で売ってたんで一緒に購入。今は¥1900くらいで売ってるからかなりお得だったけど、こうして「欲しいモノがないから買う」という行為はちょっとヤバいよなあ(苦笑)。買い控える心の余裕も欲しいものだ。

この映画、公開されてた時期がちょうど昨年のサンダーのクラブチッタ来日公演の時と被ってて、しかも川崎アイマックスで上映されてたからついでに観たのだけど、コレが予想以上に良かった。最近のメタリカには何の期待もなかったんで、逆にそれが良かったのかも知れないけど。
当初、この映画についてラーズ・ウルリッヒは「ピンク・フロイドの”THE WALL”みたいなモノになる」と公言してたけど、実際に観てみると全然そんな事はなく(笑)バンドのローディである主人公が、あるメタリカのライブ会場で「バンドが大切にしているモノを取ってきて欲しい」という命令を受けて会場を出て、メタリカのライブとその間に起こる出来事がリンクする様なカタチになっている。

こういうカタチの映画になるとは思ってなかったけど、とにかくライブシーンの迫力が圧巻。最近のライブの中では抜群に良いのでは?ジェイムズ・ヘッドフィールドはこの撮影の為に身体を絞ってきたって話だし、そのお陰かちょっとカリスマ掛かってる印象すら受けた。ラーズは何だか里芋みたいな感じになっちゃったけど(爆)。

ライブ会場が360度開放のオープンステージになっており、撮影クルーはこのスタイルに相当頭を悩ませたって話だけど、実際にこのライブ形式で観ると迫力が違うんだろうなあ...という思った。昔デフ・レパードがラウンド形式の360度開放ステージをやってたけど、今回のメタリカは長方形に長いカタチになっている。

そして、曲のイメージに併せて色んな余興が挟んであるのも面白い。例えば「RIDE THE LIGHTNING」では電気椅子から稲妻が飛び出したり、「ONE」のオープニングでパイロがステージに何度も直撃したり、「MASTER OF PUPPETS」では幾つもの墓地の十字架が突如ステージに現れたり、「...AND JUSTICE FOR ALL」ではあのレディ・ジャスティスが構築と破壊を繰り返す。コレをIMAXで観ると立体的に飛び出してくる仕様になっているので、大画面で観ると迫力が違うのだ。この為だけにこの映画撮ったんじゃないか?と思わせる。
私的なハイライトは「THE MEMORY REMAINS」「MASTER OF PUPPETS」「HIT THE LIGHTS」あたりですかね。

ストーリーの方は特出する事のモノではないけど、よく分からない事ばかりだし、あくまで雰囲気作りの一環でしか思えなかったのが残念かな。まあ、メインはやっぱ演奏シーンって事なんでしょう。
画質がめっちゃ綺麗で、それは家でブルーレイで観ても変わらない。観客の一人ひとりがはっきり映ってるくらいで、現代の映像技術って物凄いんだなと実感した。

エンドクレジットの最中、誰もいないステージ上でメンバー達が演奏するのが「ORION」。クリフ・バートンが残した楽曲を、今のメンバー達が演奏するシーンには静かな感動すら覚えた。メタリカから遠ざかってた人達にこそ、是非見てほしい映画だと思う。


「MATER OF PUPPETS」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CALIFORNIA BREED / CALIFORNIA BREED (2014)

LOUDER THAN EVER / PRETTY MAIDS (2014)

comment iconコメント

コメントの投稿