シャングリラ・ディー・ダシャングリラ・ディー・ダ
(2012/02/22)
ストーン・テンプル・パイロッツ

商品詳細を見る


GWも終わって、何だか気の抜けた感じでこの歳で五月病かよ?ってな具合だけど(苦笑)、それでも日々は過ぎていくんだからどうこう言ってられないっすね。昨日は出勤日だったんで、今日1日しかない貴重な休日を「何しようか?」と考えてるウチに、あらびっくり!もうこんな時間に。とは、言いつつも、午前中からずっと音楽聴いてたんで、それはそれで久々にたっぷり聴いたなあ~という満足を得られたけど。

以前から購入してる5枚組アルバムも好きなアルバムは率先して聴くクセに、それほど馴染みのないアルバムに関しては中々引っ張り出さないのも事実で、ホントは他のアルバムも聴けるからお得感がある...と思いつつも、時間が無かったり集中して聴かないから結局は”その他”の1枚になってしまう。それじゃイカンだろ。
だから、こういう何もない日に普通に音流してるだけでも耳に軽く引っ掛かってくると「これ何だ?」と興味を惹く。

ってな訳で、今日のお題はストーン・テンプル・パイロッツの5thアルバム「SHANGRI-LA DEE DA」をチョイス。
以前、2ndアルバムをレビューした時にこのバンドの廉価盤5枚組セットを購入したのだけど、思い入れのある1stと2ndはよく聴くけど、その後の3枚はなかなか手を出す機会が少なく、実際に聴いてみても、頻繁によく聴く1stや2ndアルバムと比べて音楽性の変化が大きくて余りピンと来ない。
でも、STPというバンドとして先入観を持たないで軽い気持ちで聴いてると、これが意外と心地良かったりするのが不思議な感覚で面白い。

グランジ/オルタナ系バンドと同時期に売れたバンドなので、イメージとしては「VASOLINE」「や「SEX TYPE THING」、「PLUSH」の様なラウドなリフと暗めな楽曲をどーしても連想してしまうのだけど、このアルバムではそのテのイメージは前半4曲までは全く出てこない。
ココが自分的には余りピンと来ない原因だと思ってるんだけど(笑)実はこの前半4曲が明るい曲調で切なさを感じさせる綺麗なメロディで構成されてるので、今までのバンド像を打ち消す為のモノなんだろうなあと。5曲目以降はいつものバンドスタイルで、所々に前半と同様のスタイルが入ってるといった感じ。

理解するのにちょっと時間掛かったけど、コレはコレで素直に良いアルバムだと納得出来た。むしろSTPを知らない人達に最初に聴かせるならこのアルバムが一番良いんじゃないか?とすら思った。適度にロックで、適度にメロウなこのスタイルなら受け入れられそうだし。

結果的にこのアルバムで、スコット・ウェイランドと残りのメンバーとの確執が表面化してバンドは一旦解散してしまうのだけど、こうして楽曲聴いてるとボーカルの上手さと存在感が圧倒的で、幾ら問題ばっか起こしてるとはいえ稀な存在だったというのは否定する人はいないと思う。でも、この時点ではヴェルヴェット・リボルバーみたいなスタイルのバンドをやるとは思ってなかったなあ...


「DAYSOF THE WEEK」


「COMA」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FUNK THIS / CHAKA KHAN (2007)

VIVA! HISTERIA / DEF LEPPARD (2013)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ストテンですか~、メタル者にとっては不倶戴天の敵のようなグランジですが、両方好きな人も居るんですよね~私も大好きです、ただ、アルバム出す度に捕まってた(笑)スコットさんは何とかしないといけませんね、もうこの人、ネタにされるくらい捕まってますが(大体はドラッグの不法所持)才能あるんだからちょっとは(ちょっとでいいんかは別として)自重して欲しいですよね、才能あるのに死んじゃったら何も残らないですから。
この作品はリアルタイムで聴きました、凄く良いと思います!。

2014年05月13日 20:52

comment avater

K.A.E.

おおっ某音サン、ご無沙汰でした。PCの具合はもう大丈夫なんですか?

ストテンのこのアルバム、最初は随分イメージが変わった印象を受けましたね。妙に明るい楽曲が増えたって感じで。でも後半はいつもの彼等の音だし、前半のこういう路線も嫌いじゃないです。
確かスコットは、この時期だか一度目の解散後にソロアルバム出してるんですよね?あれだけ毎回クスリで捕まってるクセに、よくこれだけのハイペースで作品作れるなあ~と感心した記憶がありますよ。
ただ、現時点での2度目のバンド復帰はなさそうですね。まさかリンキンのチェスターがバンドに入ると思ってなかったですが、スコットの方もソロなりバンドなりで復活してほしいですね。

2014年05月18日 18:26

コメントの投稿