ファンク・ディスファンク・ディス
(2007/10/10)
チャカ・カーン、マイケル・マクドナルド 他

商品詳細を見る


最近は新作で欲しいモノがそんなに出てきてないので、先週は中古盤探しに色々チェックしてたのだけど、近年CDが売れてないお陰なのか、それとも洋楽自体が盛り上がってないお陰なのか、ユニオンの中古サイトやアマゾンのバーゲンあたりで未開封で安く売られてるパターンを結構見掛ける。リスナーとしては非常に喜ばしい事なんだけど、何だかちょっと複雑な気分。まあ、こういう時だからこそ色々冒険出来るんで良いんだけどね。

で、結果的に4枚買って今日届いたんだけど、その中の1枚:チャカ・カーンの2007年発表の「FUNK THIS」を今回はチョイス。
ちょっと前に輸入盤廉価5枚組のCDボックスを中古で購入したけど、5枚全部聴いて思ったのは、当時の音処理とかの関係で古臭く感じる部分があるにせよ、基本的なこの人の声自体は全く衰えないという事。ホントに何でも歌えるんじゃないか?と。

で、その5枚組を購入しようとした前後にこのアルバムの存在を知って、いつも中古CDを購入するネットショップでこのCDが新品¥780くらいで売られてたのを発見、意気揚々とカートに入れてその5枚組もカートに入れ、さて会計へ...と打ち込んだら「この商品はありません」の文字が。どーやら、タッチの差で他の客に先越されたらしい(苦笑)。
買おうと思って翌日にチェックしたらもう売れてた...というパターンは今まで何度かあったけど、買おうとしたその時点で無くなってたのはこの時が初めてだったんで、ちょっとショックだったな(笑)。

で、今回買うまで試ちょこっと試聴で聴いたりして、かなり良さげな雰囲気で期待してたのだけど、こうして全曲聴いてみたらやはり素晴らしいアルバムだった。前作はジャズに挑戦した彼女が、今回はタイトル通りファンク路線を突っ走ってるんで、ファンク路線が好きな人には堪らない内容になっている。
リズムが図太いゴリゴリの音にも全く負けてないチャカのボーカルが凄みを効かせて、バラードでも何でも彼女が全て支配してる様は非常にカッコイイ。
今から7年前の作品だけど、現代的なアレンジや音処理が為されてない分、古き良きのR&Bスタイルが聴ける。プロデュースがジャネット・ジャクソンで名を挙げたジミー・ジャム&テリー・ルイスという事で、チャカと非常に相性が良いと思った。
また参加ミュージシャンもメアリー・J・ブライジやマイケル・マクドナルドと豪華で、カヴァー曲もプリンスの「SIGN 'O' THE TIMES」やジミヘンの「CASTLES MADE OF SAND」、アース・ウィンド&ファイアの「SHINING STAR」など計6曲も収録。

聴いてて、素直に明るくハッピーになれる作品かと。R&Bやファンクが嫌いな人にはお薦めしないけど、こういうスタイルを余り聴かない人達には是非聴いてもらいたいな、と思う。
で、このアルバムからずっと新作リリースしてないんで、そろそろ何かアクション起こしてくださいな!

DISRESPECTFUL (ACAPELLA:MARY J. BLIGE)


BACK IN THE DAY

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SHAKE YOUR MONEY MAKER / THE BLACK CROWES (1990)

SHANGRI-LA DEE DA / STONE TEMPLE PILOTS (2001)

comment iconコメント

コメントの投稿