シェイク・ユア・マネー・メイカーシェイク・ユア・マネー・メイカー
(2001/05/09)
ブラック・クロウズ

商品詳細を見る


昨日の天気の良さを受けて、久々に朝から隣県の海まで約3時間掛けてのドライブ。ここ最近ちょこちょこ起きてる頭痛や、会社のストレスなどで心身共に疲れ果ててる毎日なんで、気分転換こそがストレス解消にも繋がるし。もうホントにたらたら車走らせて、田んぼと山に囲まれた一本道をひたすら走るだけ。
その道中のBGMが、久々に聴きたくなった漆黒の鴉団こと、ザ・ブラック・クロウズの1stアルバム「SHAKE YOUR MONEY MAKER」。発表は1990年なので、もう24年も経ってるのか!?(今知った)

このバンドを知った経緯は、当時人気絶頂だったガンズ&ローゼズのスラッシュが雑誌のインタビューの写真でこのバンドのTシャツを着ていた事で、同時期にエアロスミスが彼等の事をめちゃくちゃ絶賛しまくってたのが気になって、ちょうどアルバムが発売されるという事でCDを買ってみたのが最初だった。
ところが聴いてみると、エアロとかガンズみたい派手なハードロックではなく、もっとベーシックな古臭いサザンロックを基調とした音だったので肩透かしを喰らった気分だったのをよく覚えてる。これまた同時期にイギリスから出てきたクワイア・ボーイズと類似する部分が多かったかな。

クワイア・ボーイズは古き良きブリティッシュロックを継承した音だったけど、彼等の場合は明らかにアメリカの大地に根差した古き良きロックを現代に再現した音だった。それこそ、ザ・オールマン・ブラザース・バンドやグレイトフル・デッドあたりのイメージとかなり被っており、当時の自分の歳では聴くにはまだ早過ぎるか?と思ったくらいだった。
しかし、このアルバムが何故かかなりの好セールスを記録して、一躍彼等の名前は知れ渡っていったのは前述のエアロやガンズあたりがこぞって絶賛したお陰もあるんだろうけど、それでもこういうレトロなロックが突然売れるというのはアメリカの奥深さを感じさせる出来事だったなあ。

しかも、このアルバムがリリースされた年はボーカルのクリス・ロビンソンの年齢が24歳、弟リッチに至っては21歳と恐ろしく若い。この若さにしてこの渋さ。ちょっとありえないっしょ!当時の私なんて、LAメタル聴いてカットTシャツバリバリ着てた頃なのに!
それでも、売れてた影響もあってかこのアルバムと次作はホントによく聴いた。余り深く考えずに気楽に聴けるロックなんで、気分に委ねて音流してるだけでも心地良い楽曲が揃ってる。中でも大好きなのが「TWICE AS HARD」「SISTER LUCK」「SHE TALKS TO ANGEL」。また歌詞の渋さも相俟って良さが身に染みる。

残念なのが、今現在が無期限活動停止状態という事。クリスもリッチもそれぞれ自身のバンドで活躍してるけど、やっぱ鴉団でやってほしいというのが願い。そろそろこういうロックも恋しくなってきたんで、そろそろ再活動お願いしますよ~。


「TWICE AS HARD」


「SHE TAKES TO ANGEL」

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NOCTURNE / WILD NOTHING (2012)

FUNK THIS / CHAKA KHAN (2007)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

この人たちは連続して聞くと飽きるんだけど、定期的に聴きたくなるんですよね

1st 2nd&4th「By Your Side」は「Kickin' My Heart Around」のヒットもあったんで買っちゃいました。けど…「アモリカ」は買う勇気なかったな~。(結局レンタルで借りたんですけどね、どこまで意識過剰何だか・・・)
この頃Primal Screamがルーツっぽいの(ジャケ写が赤い旗にバッテン書いてあるやつ)出して、収録曲のRocksとかJailbirdがオキニだったんでカラスも買った記憶がありんす。

2017年06月11日 01:45

comment avater

K.A.E.

自意識過剰?(笑)

いや、でもよく判りますよ。普通、3rdのあのジャケは店頭で買いにくいでしょ!今思えばよく買ったなと(しかも売りにまで行きましたし/笑)。
蠍団の一連の作品もそうですけど、このテのモノで一番買いにくいモノといえば事ある毎にネタにしてる(笑)殿下の「LOVESEXY」ですね。アレにはホントに困りました。近所にあった美人のおねーさんがやってたレンタルレコード店で借りた時はいっそ殺してくれとすら...(死んだら聴けないけど/爆)

鴉団は結構好きでしたね。この時代にこんなレトロな音を...と思ってましたけど、そのギャップを物としない作風はホントにカッコ良かったと。この人達聴いてから、70年代のオルガンだのメロトロンだのレトロな音を出すバンドに興味持つ様になりましたしね。でもオールマン~とかじゃなく、プログレ方面に向かっちゃったけど(苦笑)。

2017年06月11日 04:35

comment avater

地味JAM尊

ホントにプログレ好きな人には甘いといわれるでしょーが

のめり込んだ口かはわかりませんが、「GTR」「3」「EL&パウエル」「童夢~Your Wildest Dreams」「Black Moon」「こわれもの~ビッグ・ジェネレーター」「ピンクフロイドのベスト(89年くらいのやつ)と鬱と対」「クリムゾンの宮殿とレッド」あたりは聞いてましたね~。多分ジェネシス関係者がヒット出しまくってた影響を受けてたんでしょうが・・・マイク+メカニクスはなんで+をANDと読ませるのか夜も眠れなかったし。

2017年06月12日 00:15

comment avater

K.A.E.

十分じゃないですか!

いえいえ、プログレッシャーが何を言おうとも人が何を聴こうが自由でしょ。私もプログレ関係に足を突っ込んで色々聴きましたけど、CD買うに至ったのはメジャーどころばかりですしね。第一、HR/HM系ですらお金が付いていけないのに...(苦笑)

80年代はプログレ関係のミュージシャンがこぞって分かり易い方向性だったんで、一般リスナーにも取っ付きやすかったんですよね。だってジェネシスやピーガブが全米チャートで大暴れするなんて、70年代の彼等を知ってる人は夢にも思わなかったでしょうし...今考えると相当おかしな話ですよね。

2017年06月12日 04:40

コメントの投稿