Framework [Analog]Framework [Analog]
(2014/11/11)
Work of Art

商品詳細を見る


私が今年一番期待していた、スウェーデン出身メロディアスハード系の雄、ワーク・オブ・アートの通産3作目のオリジナルアルバム「FRAMEWORK」が届いた。
前作から約3年振りの新作になる訳だけど、その間バンドでも小規模ながらライブ活動は行なっていたみたいで、その他にもジェフ・スコット・ソートやエクリプスのメンバーとのW.E.T.や他プロジェクトに携わっていたとの事で、前作を聴きまくってた割りにはちょっと待たされた感があった気がする。

まずジャケットが今回は凄く好きだ。前作はグレーを基調としてたので結構地味なジャケットだと感じてたんで、今回の音楽性とイメージが合っていて良いと思う。
そして肝心の内容は、デビュー当時から変わらぬ高水準なメロハー系の理想形といった感じだけど、全体的にアップテンポの曲調が増えた感じなので、アルバムの流れにメリハリが余り感じられない。
それと、一聴して耳に引っ掛かるキャッチーさが今回は少ないと感じた。前作での「THE RAIN」「THE GREAT FALL」みたいに心持って行かれるのは、PVが作られた「CAN'T LET GO」と「TIME TO LET GO」くらい。

それでも、「THE SEVENTH ONE」時期のTOTOをお手本にしたAORに北欧ならではの透明感がプラスされた、いつも通りの不変のスタイルで安心して聴けるので、ファンなら文句無しの良盤である事は間違いないかと。あと国内盤のボーナストラック「ON THE EDGE OF TIME」の出来が眉唾モノで、どーしてこれがボートラ扱いなんだ?と。今までの国内盤ボートラはアコースティックverとかでお茶を濁された感じだったけど、今回はお得感が増したと。なので、国内盤がお薦めです。
しかし、どーいう訳か私的には、先述通りアルバムの流れにメリハリが感じられない分、一気にアルバムが聴き終わってしまうので、アルバムの統一感は今まで一番に感じているのはファンの贔屓目だろうか?季節を問わず、爽やかな雰囲気を味わいたい時には思わず手に取ってしまう、そんな作品かと。でも何だかんだ言っても、今年のベストアルバム候補である事は間違いないでしょう(苦笑)。

!st~2ndが愛聴盤となるくらい、このバンドに掛かる期待は高いのでハードルが上がってしまうのは仕方ないのだけど、それでもこのテの音楽性をプレイしているバンドが少ない今の時代だからこそ、このバンドには末永く活動してもらいたいと願う。
ただ、気になるのは、国内盤のライナーに書かれていた「これがラスト作になるかも?」という発言。W.E.T.あたりのサイドプロジェクトに触発されて個人で色々な事やってみたいんだろうけど、バンド解散とかはちょっと勘弁してほしいなあ~。実際、W.E.T.の2ndは思ったより良くなかったと思うし。
っていうか、ホントにショーケースでも何でも良いから日本来てプレイしてくれないかなあ?...絶対に観に行くのに。
このテのリスナーがまだまだ存在するって事実を知らしめないと、こういう音楽性を持ったバンドが次々と消えてしまうのがちょっと耐えられないよなあ...

「CAN'T LET GO」


アルバム予告編
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MASQUERADE / MASQUERADE (1992)

SWEDISH FRONTIER (BOOTLEG) / GARY MOORE

comment iconコメント

コメントの投稿