ロール・ザ・ボーンズ(紙ジャケット SHM-CD)ロール・ザ・ボーンズ(紙ジャケット SHM-CD)
(2013/09/25)
ラッシュ

商品詳細を見る


しかし、発表されてから約10日くらいで予約分完売って意外と人気あるんじゃないの??...とふと思った。
何が?って、今回のお題であるラッシュの事ですよ。
海外では絶大な人気を誇って、数年前にはロックの殿堂入りまでした超大物バンドなのに、我が国では1984年に一度だけ来日公演を行なっただけで後は殆どスルーされてるという、恐ろしいほどのマイナーなバンドという認識。

ところが、そのラッシュの新たなマテリアル:バンド結成40周年を記念してリリースされる映像集「R40」が、国内盤で発売されるというアナウンスから約10日で、リリース元のワーズ・レコーズのオフィシャルサイト以外での予約受付が殆ど終わってしまっているのだ。
まあ、ブルーレイとDVDを各500セットのみしか作らないという事もあるんだろうけど、発売前に殆ど完売とは。とても人気のないバンドとは思えない盛況ぶりじゃないですか。
まあ、これまでの映像作品は殆どDVDで持ってるので(「TIME MACHINE 2011」のみBDで買ったけど)、最新の「CLOCKWORK ANGELS TOUR」と「R40 EXTRA BONUS」のみで約¥2万はキツいなあ...と渋々考えてたのだけど、この煽りで慌てて探しまくって、何とか楽天ポイントが10倍付く店で予約出来た。
金銭面ではちと大変だけど、まあ国内盤買って少しでもバンドが日本に興味持ってくれて、来年噂されてるツアーで待望の来日を果たしてくれる事を祈りますよ。勿論、その間「R40」を堪能して。

で、今日はそんな彼等の1991年作品である「ROLL THE BONES」をチョイス。
私は前作「PRESTO」で彼等を知ったクチだったので、前作を相当気に入ってたからこのアルバムには非常に期待していたのをよく覚えている。しかし、前作と同じプロデューサー:ルパート・ハインを使っているのにも関わらず、若干変わったスタイルが提示されたのには驚いた。言うまでも無く、タイトル曲である「ROLL THE BONES」の存在だ。

ラッシュとしては珍しいラップを取り入れた作風という事で当時は相当賛否が分かれたみたいだけど、その時はまだバンドをよく知らない時期だったので、私的には「へえ、ちょっと意外だけど面白いじゃん!」ってな感じですんなり受け入れられた。だけど、年季入ってるファンからすれば「ラップだと!?」ってな具合になるのは当然だろうなあ。
後にゲディ・リーは「一部にラップを取り入れたというだけで、それ以上でもそれ以下でもない」と語ってたけど、単に曲間のアクセント的な意味合いだったんだろうなあ。

まあ、物議を醸すのはこの曲くらいなモノで、あとは当時のラッシュの音楽性をそのまま踏襲したモノ。前作ほど軽いイメージが無くなり、徐々にヘヴィさを取り戻しつつある印象を受けたくらい。
そんな感じなので好きな曲も多く、ライブのレパートリーにもなってる「DREAMLINE」「BRAVADO」「ROLL THE BONES」は大好きだ。
また歌詞が最高な「GHOST OF A CHANCE」が、私的なハイライト曲。アレックス・ライフソンのギターソロは、ニール・パートをも唸らせてライナーで絶賛されているのがよく分かる。後になってゲディは、インタビューで当時解散の危機があったらしく、この曲のお陰で続ける希望が持てたとも語ってた。
ラッシュに解散の危機があったなんて、後のニールの不幸の時以外は全く無かったんじゃないかと思ってたんだけど、やはりこれだけ長く活動してると色々な事で問題も生じてくるんだろうなあ。

私は前作がラッシュの存在を初めて知って思い入れのある作品で、次作「COUNTERPARTS」がバンドの中でも3本の指に入る傑作という事もあって、その中間に位置する「過度期」的な意味合いに捉えているけど、決して見過ごす事は出来ない作品である事は間違いないかと。


「ROLL THE BONES」



「GHOST OF A CHANCE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

VILJANS OGA / ANGLAGARD (2013)

MASQUERADE / MASQUERADE (1992)

comment iconコメント

コメントの投稿