FC2ブログ

Total 13Total 13
(1999/11/02)
Backyard Babies

商品詳細を見る


前回のハノイ・ロックスが昔のBAD BOYS ROCKだとしたら、現代のBAD BOYS ROCKは正に彼等だと思う。

今のご時世、エモだとかコアだとかジャンルの細分化が進み過ぎて、こういう純粋なBAD BOYS ROCKが稀少価値になってしまった感があるけど、彼等の出身であるスウェーデンからこんなバンドが出てくるとは当時は全く思ってなかったな。
ギターのドレゲンが掛け持ちしてたバンド、ヘラコプターズの話題を先に聞いていたので、当然このバックヤード・ベイビーズも興味津々だったのだけど、先に聴いたのはバックヤーズ。
ヘヴィな音にグラムっぽい雰囲気。10年前のLAメタルの残党が現代(当時の1998年)に甦るとこんな感じなのか?正しく、求めていた音がコレだった!メンバー達はガンズ・アンド・ローゼズの「APPTITE FOR DESTRUCTION」をお手本にしたらしいけど、私にとってはこっちの方が全然大好きだ。
以前、BURRN!でアクセプトのアルバムレビューで「どの曲に針を落としてもアタマをブチ抜かれる」ってな事を書かれてた事があったけど、このアルバムもどの曲を聴いても乗りまくれる事間違いなし。

ライブでもクアトロの最前列でアタマガンガン振ってたら、ベースのヨハンがピック投げてくれたり、Voのニッケが目の前に来てくれて肩組んで盛り上がったり、挙げ句の果てにはワイルドハーツのジンジャーが乱入して「BABYLON」演ったりと、忘れられないライブだったな。

残念ながら、今現在このアルバムを超えるモノは本人達も作れていないけど、いつかこのアルバムを超えるモノを作って欲しいな。
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TIN DRUM / JAPAN(1981)

ALL THOSE WASTED YEARS... / HANOI ROCKS(1983)

comment iconコメント

コメントの投稿