FC2ブログ

天眼  VILJANS ÖGA天眼 VILJANS ÖGA
(2013/01/01)
アングラガルド ÄNGLAGÅRD

商品詳細を見る


毎度の事なんだけど、3連休というのはどーして早く過ぎ去ってしまうモノなんだろうか?
大した事してないのに、時間だけ過ぎ去ってあっと言う間に終了...まあ、ゆっくりのんびりしてる時間がそれだけ長いという事なのだろうか?今月はもう1回3連休があるから、その時こそは時間を有意義に使いたいモンだ。

で、今日のお題は久々にアングラガルドの3rdアルバム「VILJANS OGA」(邦題:天眼)。特に理由もないのだけど、BOXセット買って以来、聴くのは大体1stの「HYBRIS」ばかりだし、今日みたいに時間が多い時にでもこういう音楽は集中して聴かないとなかなか手を出さないので、お昼からPCに張り付いて久々に聴いてみた。

2ndアルバムを発表して解散してしまい、その間短期間の活動があったみたいだけど(ライブやアルバム再発関係)結果的には18年掛かって3rdアルバムを完成させたという事だけど、基本的な音楽性は殆ど変わっていない。相変わらずフルートやメロトロンの音色が響くシンフォニックロックといった感じで、メンバーチェンジを経てとても18年もブランクがあったとは思わせない堂々たる力作。全4曲という大作のみの構成も、如何にもこのバンドらしい。ジャケットも雰囲気ぴったりだし。

1stアルバムよりも、どちらかというと2ndアルバムの流れに近い雰囲気だけど、前作ほど極端な曲展開がないのが特徴。とはいえ、先の読めない展開は健在で部分的にはHR然とした部分も感じられるので、前作よりも聴き易さを感じた。
しかし、この長い曲構成をよくライブで再現出来るモンだよなあ~とホントに感心する。普通に聴いてるだけでも”何処でどう変わっていく”という部分がよく分からなかったりするし(苦笑)。聴き込みが足りないのかも知れないけど、それでもこの演奏力にはホント恐れ入るなあ。

このアルバム発表後に待望の初来日公演があって、その模様がライブ盤としてリリースされているみたいだけど、お金が無くて買ってません(笑)。まあ、そのウチ手に入れたいと思ってるけど、どーやら早くも次作の製作に入ってるみたいです。しかもまたメンバーチェンジがあって、このアルバムで作曲を担当したメンバーが脱退し、1stアルバムのメインライターだったメンバーが復帰してるとの事らしい。
そーなると、次作は1stに近い路線になるという事なのだろうか?気の早い話ではあるけど、さすがに今度は18年も待たされそうにないんで(苦笑)続報を待ちたい。


VILJANS OGA (FULL)
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ON A STORYTELLERS NIGHT / MAGNUM (1985)

ROLL THE BONES / RUSH (1991)

comment iconコメント

コメントの投稿