Weapons of Choice 1984-2006Weapons of Choice 1984-2006
(2006/04/24)
Treat

商品詳細を見る


日曜日に、川崎クラブチッタでのKAWASAKI ROCK CITY Vol.3のライブに行って来ました。
今回は北欧の3バンド、ヨーロッパ・トリート・クラッシュダイエットというメンツで、こうして見るとクラッシュダイエットだけ音楽性が違うので浮いてる感じだけど(笑)なかなか観られないバンドなんで、十分に楽しめましたよ。
今回のお目当てはトリートで、かつて”北欧のボン・ジョヴィ”と呼ばれた事もある北欧メタルの基礎を築き上げたバンドを、以前から一度観てみたいと思ってたので、ホントに嬉しかった。

詳細は雑談ブログに書いてあるのを参照にしていただいて、今回のそのトリートの2006年に発売されたベスト盤「WEAPONS OF CHOICE 1984-2006」をチョイス。
トリートは、現時点での最新作である「COUP DE GRACE」しか持ってなかったので、旧作を中古屋で探してみたけど殆ど出てこないし、国内盤の中古に至っては結構な値段が付いてたりするので、手っ取り早く今回の来日公演に併せてこのベスト盤をを買ってみたのだけど、全19曲も入っており予習には十分なベスト盤で助かった...とは言っても、時間が足りなくて余り聴き込みしないでライブに臨んでいたのだけど(苦笑)。

さすがに”北欧のボン・ジョヴィ”と呼ばれただけあってキャッチーなメロディが耳を惹き、また北欧メタルならではのキーボードのキラキラした透明感も十分感じられる、ホントに曲作りの上手いバンドという印象がこのバンドの特徴かと。
旧作を持ってないので、どの程度の割合で過去作から選曲されてるのか分からないけど、元々そんなに大きな音楽性の変化は感じられないので、アルバム全体を一気に聴けてしまうのも良い。
お気に入りは「I BURN FOR YOU」「RIDE ME HIGH」「GO!」「LEARN TO FLY」「WORLD OF PROMISES」辺りが好きだ。

ライブからはこのベスト盤からと「COUP DE GRACE」からの選曲だったんで、聴き込みが足りなくてもサビの部分が聴いた事ある程度でも十分盛り上がれたのがホントに良かった。それだけサビがキャッチーだって事を証明してるモンだし。
当時の新曲「I BURN FOR YOU」「GO」でもその辺は全く変わっておらず、むしろ分かりやすさに拍車を掛けてる様な気が。

しかし、「COUP DE GRACE」発表後にまた再解散したという記事を何処かで読んでたので、こうして来日公演が観られた事自体、奇跡に近いモンだと思うのだけど、ホントにこのまま解散してしまうのだろうか?確かに、ボーカルのロバートがもう結構な高齢で、今回のライブでも一部で口パク使ってたという話もあるくらいだし、メンバー全員他の仕事も抱えてるから新作はもう出ないとか色々と噂があるけど、ライブはともかく、新作に関してはまだまだ十分やれると思うのだけど...そんな事を思いながら、このベスト盤はこれからも愛聴して、いつか新作が出る事を期待して待っていよう。

「I BURN FOR YOU」


「RIDE ME HIGH」


「LEARN TO FLY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BLEED & SCREAM / ECLIPSE (2012)

BEFORE THE DAWN HEALS US / M83 (2005)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

とりーと⭐️

行かれましたか!、私もコレ気になってたんですよね。
トリートに関しては観てみたいバンドです、いい作品もいい曲も作ってるし。
ヨーロッパ、どーでした?以前観た時はすごく楽しそうにライヴするバンド的な印象でしたし、まだまだ現役だと思いました。
クラッシュダイエットは素直にいい曲を作るバンドでお気に入りです。
今回は参戦できませんでしたがヨーロッパは今度新作出すしそれをねらおうかな・・・
と。
あとアクセプトのライヴ(去年)参戦以降腰痛が…。

次は陰陽座とレニー・クラヴィッツさんとメタルゴッドの参戦予定です

2015年01月28日 20:14

comment avater

K.A.E.

トリート最高でした!
本文にもあるとおり、このCD買ったにも関わらず予習を殆どしなかったんですが、それでも普通にノれるって実力のあるバンドの証ですね。
ギタリストの人が今はコンポーザー的な仕事をしてるって話ですが(何でも嵐の楽曲まで手掛けてたとか)このアルバムに入ってる当時の新曲や、「COUP DE GRACE」でも全然ブランクを感じさせないどころか、ますます魅力的になってるのは驚異的ですね。Voの高齢がネックなのが非常に残念です。もう一度単独で来て、自身達の有終の美を飾ってほしいですね。

ヨーロッパも良かったんですが、一番驚いたのはジョーイの声の擦れ具合でした。特に前半数曲は、連日の疲れもあってか凄く聞き取り辛くて、徐々にペースを戻していったって感じでしたね。
ただ、ステージアクションはとても50過ぎの人の動きじゃなかったです。よく動き回ってたし、多分ジムに通ってキープしてるんだと思います。さすが、一時期天下を取ったバンドならではのモチベーションの高さだと思います。ジョン・ノーラムのゲイリー・ムーア化がちょっと笑っちゃいましたけど。

クラッシュ・ダイエットは、Voが急病の為3人のパフォーマンスだったんですが、頑張ってたのは認めるけどやはり余興の域は抜けられなかった感じです。ホントにツイてないバンドですよね~(苦笑)。多分、今後呼ばれないんじゃないかと。

とりあえず次回はまだ未定ですが、全然関係ないですけどシンディ・ローパーは今回も観たかったですね。何でもロブ・ハイマンが一緒に帯同してたとか!だったら、フーターズも一緒に来いよと。
メタルゴッドは友人から打診はあったんですが、時間とお金の都合でパスしました。ホントはスラッシュの方が観たかったんですが(友人saraサンは行くけど)コレも平日って事でパス。ついでにフェイス・ノー・モアも観たかったし、モトリーの2回目ファイナル(笑)も観たかった...

興味あるのは、噂されてるオズフェストがどんなラインナップになるか?ですね。オジーのソロバンドがトリという噂ですが、脇を固めるのがどのバンドなのか??

2015年01月29日 23:36

コメントの投稿