FC2ブログ

Beyound good and the evil / The cult


ちょっと前に中古CDサイトを覗いていたら、このアルバムが何と破格の¥380で売ってたので、早速確保した(笑)ザ・カルトの「BEYOUND GOOD AND EVIL」を今回はチョイス。発売は2001年。

私にとっても結構久しぶりのザ・カルトだけど、最後に聴いたのは5thアルバムの「CEREMONY」以来だからかなり前になるなあ。
一般的には3rdアルバムの「ELECTRIC」が名盤扱いされているけど、私的には4thの「SONIC TEMPLE」から入ったクチなので、初期からのファンの視点からするとちょっと異質なのかも?
とはいえ、ザ・カルトがメジャー化したのはこの4thからなので、私みたいなリスナーは結構多いと思うけどなあ。

あのアルバムがヒットした時代はちょうど80年代のHM/HRの隆盛期だったので、そのブームに乗って当時のTV番組ピュアロックでも紹介されてたアメリカのラジオKNACのチャートでも結構な割合で「FIRE WOMAN」や「SUN KING」辺りがよく出て来てたのを覚えている。
でも、元々はポジティブパンク畑から出てきたゴスバンドだったので、HM/HR界隈で他のバンドと一緒に括られてるのは結構違和感があるんだけど...(苦笑)

そんな4thアルバムと同系統の流れを汲むのがこのアルバムなのだけど、再結成第一弾アルバムとしてやはり売れた4thアルバムに近づけた感は歪めない。まあ「あのザ・カルトが戻ってきた」と知らしめる為には、こういう作品を提示するのは間違いないと思うけどちょっと狙いすぎの様な気が...時代を意識してか全体的にヘヴィな音作りだけど、プロデューサーがボブ・ロックなのでやっぱバンドと相性が良いんだろうなあ。

楽曲も相変わらず硬派でカッコイイのだけど、「これぞ!」と言わしめる決定打が無いのが少々残念。しかし、全体的に統一感のある作品なので、このテのHRが好きな人達には堪らないスルメ的な作品だと思う。
お気に入りは「WAR(THE PROCESS)」「THE SAINT」「AMERICAN GOTHIC」「TRUE BELIEVER」「MY BRIDGES BURN」。ボーナストラックの「LIBERTINE」もカッコイイんで国内盤がお薦めです。


「BEYOUND GOOD AND EVIL」 FULL


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

STRIKES / BLACKFOOT (1979)

HAND. CANNOT. ERASE. / STEVEN WILSON (2015)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

私も最初に聴いたのはソニック・テンプルからのシングルでしたね〜(世代被ってるんでだいたい同じでしょうけど)当時ゴス系の中では(笑)圧倒的に歌唱力があるって言われてたイアンさんですが、ハードロック的には深みのあるそこそこ上手いシンガー止まりだったのが何とも当時のゴス/ポジパン系のVo勢の酷さを物語ってますが、曲が良いしVoにも個性あるんでヒットになったんでしょう。
このあと2006年頃に1枚、最近に1枚(途中にあと1枚出してる)アルバム出してますがどれも良い作品です。
当時ゴス側から見れば大御所「サザン・デス・カルト」の売れんが為のハードロック側への寝返りという見方が過半数で非難されてましたが、そこは売れれば正義なんで離れたファンより多い新規ファンの獲得に成功されたのでした(笑)。
この間に再結成ドアーズに参加(冗談かと思うくらいベストな人選)したりライヴしたりしてますが、サラサラ・キューティクルのロングヘアーだったイアンさんが最近では絶対帽子脱がなくなったりしてますけど、魅力的な声は2012年に出た作品聞く限りでは衰えてないようです。

2015年06月28日 11:00

comment avater

K.A.E.

某音サンも4thアルバムからでしたか。まあ、あのアルバムのヒットで存在を知った人はかなり多そうですよね。
勿論、後追いで2nd、3rdも聴いたんですが、私は4thが一番しっくり来ましたね(まあ、当時のHM/HRブームの影響もあるんでしょうけど)。
ゴスバンドのVoの大半は殆ど雰囲気重視のノリなんで、イアンみたいに堂々と歌うスタイルは結構異質だったと思うんですよ。だから2ndも3rdも何かが違うと思うんでしょうね。

あと、このバンドってアルバム毎にスタイルを少しずつ変えてるんで、このアルバムは好きだけど次作でどーしてこうなる?的なモノも少なくないですよね。5thの時がかなり顕著で、良いアルバムなんだけど何かが違うんだよなあ~ってずっと思ってました。

でも、このアルバムは4thに匹敵するアルバムだと思ってますよ。またこういうアルバム作ってくれないかなあ?

2015年06月28日 21:50

コメントの投稿