幾ら夏本番だからといっても、この暑さは異常でしょ...毎年暑い×2言ってるけど、今年はホントに身体に堪える暑さだわ。そりゃ熱中症で死人が出るのも分かる気がするな。

という訳で、給料支給の週末であっても、毎日の激務で何処にも行く気力のない中年は(笑)クーラーの効いた部屋でダラダラ過ごすのがこの夏の正しい使い方なのかも(笑)。まあ、節約を心がけなきゃと言いつつも新型iPodに心奪われてる様ではまだまだ精進が足りないよな(でも、今使ってる第4世代iPodはもうバッテリーがヘタってきたんで、そろそろ買わなきゃイカン時期でもあるのだけど...)。

で、そんなウダウダした日曜の午後を埋め合わせてくれる音楽は、今年新作も出した久々のTOTOの6thアルバムである「FAHRENHEIT」。発表は1986年。

私的には、数あるTOTOのアルバムの中で3rdアルバムと同様に余り頻繁に聴かないアルバムでもあるのだけど、理由はというとバンドの音楽性の迷いみたいなモノを感じられてしまうから。
前作「ISOLATION」で加入したファーギー・フレデリクソンが直ぐに解雇されてしまい、後任にジョセフ・ウィリアムスを加入させたのは良いものの、音楽性は前作のハードロック的な面は鳴りを潜めてしまい、代わりに当時のシカゴ辺りに通ずるAOR風味をプラスして、更に当時のテクノロジーを駆使してモダン化にさせた印象が、バンドのこれまでとは違った面を見せ付ける形となってしまったので、前作が好きだった私にはクオリティは高いものの物足りなさを感じてしまうのだ。

ジョセフ・ウィリアムスのボーカルは、器用にポップなナンバーもバラードも無難にこなせるシンガーなので文句はない人選だと思うけど、同時期に最終選考に残ったのがあのエリック・マーティンだったのは意外だったな。もしエリックが加入してたらイメージが全然違うアルバムになったと思うけど、どー考えてもバンドとのアンサンブルが合うか?と問われると違う気がする。楽曲を書ける訳でもないので、実際に加入しても1枚のみで解雇だったんじゃないかと。

でも余り聴かないと言っても、アルバムの冒頭を飾る軽快な「TILL THE END」や、ボビー・コールドウェルが歌いそうな「WITHOUT YOUR LOVE」、レゲエ風味の「SOMEWHERE TONIGHT」や、ラストのジャジーな異色曲「DON'T STOP ME NOW」辺りは好きな曲なんで、アルバムを全く評価をしていないという訳ではなく、単にTOTOのアルバムとしてはちょっと地味な部類と感じてるだけの事です。

また、このアルバムは結構有名なミュージシャンが参加してるので話題にもなってるけど、中でもマイルス・デイヴィスの参加は意表を突かれた感じ。デヴィッド・サンボーン、ドン・ヘンリー、マイケル・マクドナルドと層々たるメンツの中で完全に浮いてる(笑)。まあ、素晴らしい曲なんで結果オーライですけどね。

でも当時から不思議に思ってたのが、デビュー作からの旧知の仲だったボビー・コールドウェルには何故ボーカリストのオファーをしなかったのだろうか?音楽性も近いし、仲も良いのにどーしてだろう?と常に思ってたなあ。ボビーにしてみればソロ活動の方が居心地が良かったのかな?


「TILL THE END」


「WITHOUT YOUR LOVE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE IN GERMANY FROM ROCKPALAST / RORY GALLAGHER (2008)

STRIKES / BLACKFOOT (1979)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

どっちのVoさんも好きなんですけどね~。
ファーギーさんは最近2枚連続で傑作作りましたが、惜しまれつつお亡くなりに・・・。
ラスト作のタイトルや歌詞、インタビューでの発言なんかが死亡フラグ立ちまくりだったんで本人も自分の去った後に良いものをのこしたかったんでしょうか?
TOTOもかなりのメンバーさん亡くしましたよね、あと何枚作品が聴けるんでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=7aS7cNvXT_4

2015年07月30日 20:14

comment avater

K.A.E.

私も2人(というより、ボビーも入れて3人)のボーカルはどれも個性があって好きですし、バンドの音にも上手くマッチしてると思います。ただ、噂されたエリック・マーティンだけはどうもピンと来ませんけど(苦笑)。あと、ルークのボーカルは自分で歌ったアルバムはともかく、過去作に関してはやっぱりイメージが変わっちゃいますね。

ファーギーのソロアルバムは、急に忙しくリリースし始めたと思ったら亡くなってしまうんですから、本人も自覚があったんでしょうか?
フレディ・マーキュリーもそうでしたけど、自分の余生が短いことを知ると創作意欲が湧いて自身の存在を確固たるモノにしたいんでしょうね。

でも、新作出したと思ったらまたメンバー亡くなってしまって、バンドはもうホントに終わりじゃないんですかね?

2015年08月02日 22:33

コメントの投稿