今年のラウドパークで、いよいよ初来日を果たすハウス・オブ・ローズ。ちょっと前に購入した割りには余り聴いてないという(苦笑)新作「INDESTRUCTIBLE」を今回はチョイス。
このバンドは再結成されてリリースされたアルバム「WORLD UPSIDE DOWN」からのファンなんだけど、ここ数年はちょっと頭打ちの感じで、余りピンと来る作品に出会えていない。前作「PRECIOUS METAL」もそんなに頻繁に聴いてないし、前々作「BIG MONEY」も同じ様な感じだし。
良い言い方をすると”ベテランの安定感”、悪い言い方をすると”マンネリ気味”といった感じなんだけど、そろそろガツンと来るモノを期待したいなあ...と思ってたのだけど、正直言うと今回もマンネリ感から抜け出せない感じに思えた。それで”余り聴いてない”という結果に。

このレビューを書くに当たって3~4回立て続けに聴いてみたのだけど、印象はやっぱり変わらなかった。
別に何が悪いとかではなく、曲を聴いてジェイムズ・クリスチャンの声が聴こえると「あ、ハウス・オブ・ローズ」という個性は相変わらずなんだけど、それ以上にならないのが問題なのかも。
勿論アルバムとしてのクオリティは高いし、前作から比較的早いペースでリリースされた本作を「よくぞ、この短期間で作り上げた」という評価もあるんだけど、肝心の楽曲が何か物足りないんだよなあ。

別に今更「WORLD UPSIDE DOWN」や「COME TO MY KINGDOM」みたいな作品を期待してる訳ではないんだけど、せめてキラーチューンが2~3曲入ってると印象がガラリと変わる気がするんだけど。
それと、ジェイムズ・クリスチャンが癌治療という事もあって、リリースを早めに意識し過ぎた感もある様な...確かに気持ちも分かるけど、それなら納得行くまでじっくり楽曲を練って欲しかったというのが本音。

とはいえ、このテの正統派HRは最近余りお目に掛かれないので、彼等には是非とも頑張ってほしいんですよ。某巨大掲示板の書き込みなんか見てると、ロートル扱いして目の仇にしてるアンチがいるみたいだけど、それでもこういう音楽性が好きなバンドには是非とも生き残ってほしいと願う。だからこそ、敢えてハードルを高く設定したい訳なんですよねえ。

ジャケがダサかろうが(苦笑)、ロートル扱いされようが、こういう音楽が好きな者にとってはまだまだこのバンドには期待してるので、次回こそガツンと来るモノを頼みますよ、ホントに。それで、このバンドに対する世間の評価も変えてほしいなあ。


「GO TO HELL」

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE THRILL OF IT ALL / THUNDER (1996)

KINGS OF NOWHERE / ANGELS OR KINGS (2014)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

確かに青いのと赤い紋章のアルバム好きな人にはその後のアルバムで入ってきたハードロック的な泥臭さは抵抗あるみたいです(だからといってジャケまでクサくなっていい訳ではないんですが・・・)、初期の3枚(これも好き者の中では傑作とされてます)みたいな音楽性に戻っただけ、というか、聴いた瞬間「うぉう」って思う楽曲は正直減ってますが初期もそんな感じでしたし、そう息をするみたいに簡単に理想的な曲書けたら、今頃ジェイムズさん大金持ちですよ(笑)。

体調は今のところ心配なさそうです、ソロ作でも元気に歌ってたし、病気が病気なだけにいつ突然・・っていう可能性も否定できませんが、自動車事故とかであっさり逝かれるミュージシャンもいらっしゃるんで条件は他の人と一緒じゃないですかね〜。

ライオットに関してはマークさん存命中のラスト作ではまともにマークさん、ギター弾けるか分かんないほどだったようですが・・・。

ネットで他の気に食わないバンド批判する人はどーしてもいる訳で、そういう考えもあるんだ〜的に流してますし、購入に際して影響する事はまず無いです。
アルバムちゃんと聞かずに前後の批判アレンジして書いてる人は論外ですけどね「お前は何がしたいんや」とかは思いますが。

2015年09月04日 20:03

comment avater

某音楽馬鹿

今気付きましたが、K,A,E,様って帯こんな感じで保管するんですね。
ジャケ裏にはめる派とか中トレイ外して裏ジャケに保存する派とか色々個人差があっておもしろいなぁと。
私はそのまま保護袋(業務用100枚単位で10セットくらいまとめて仕入れ)入れる派です。

2015年09月04日 20:13

comment avater

K.A.E.

そうそう、言われてみると「DEMONS DOWN」辺りの音楽性に近い感じですよね。アレはアレで評価高いですけど、赤・青盤聴いてしまった後だとちょっと印象が違うというか...
でも、ここ最近はメンバーチェンジが無いですし、バンドとしては良い雰囲気なんじゃないですかね。色々試行錯誤して行き着いた結果がこのスタイルなら、より突き詰めていってほしいなあと思います。

私も、ネットで中傷を繰り返してるコメント読むと、そんなに気に入らないモノを何でいちいちしつこくコメントするかなあ?と思いますね。
ちゃんと、どういった理由で嫌いなのかが書いてあるならまだ分かるんですが、単に比較対象で「このバンドの方がよっぽど良い」なんて言われても、そのバンドと比較する事自体がナンセンスじゃないか?と思っちゃうんですよ。

CD帯は、いつもこんな感じですよ。しかし、ブックレットが厚いとジャケが痛むんですよね。それと、箱帯みたいなモノも扱いづらくて困りますね。
以前は帯を一まとめにして引き出しに入れて保存しておいたんですが、結構無くなってしまったりして困ってしまい、今のスタイルです。

2015年09月12日 22:28

コメントの投稿