いつもの様に音楽ニュースが載ってるbarksやNMEジャパンなどをチェックしていたら、久しぶりにマイケル・モンローの新作が発表されるらしい。
彼はハノイ・ロックス再解散後から結構コンスタントにアルバムリリースしているけど、バンドのメンバーがいつも安定しないのは何なんだろうか?ワイルドハーツのジンジャーが参加したと思ったら直ぐに脱退するし、その後任にバックヤード・ベイビーズのドレゲンが加入するも、ドレゲンのソロ活動やバックヤーズの再結成があったりして結局バンドから去る事になったし。
今回の新作からの新曲もYOU TUBEでチェックしたけど、相変わらず彼流のロックで従来のファンは安心出来る内容かと。しかし、当たり前とはいえモンちゃんも随分と老けましたな(と言っても、カッコイイのは変わらないけど)。

さて、そんな彼とは切っても切り離せないバンド、ハノイ・ロックスの企画盤である「SELF DISTRUCTION BLUES」を今回はチョイス。相当久しぶりに聴きました(笑)。発表は1982年。
ちょっとややこしい話だけど、当時リアルタイムで追ってた人はこのアルバムは彼等の3枚目のアルバムと勘違いして購入した人が多かったと聞く。当時のアルバムリリースは今の時代と比べてめちゃくちゃペースが早かったので、1年後にニューアルバム発売なんて普通だった訳だけど、このアルバムが82年の秋頃に輸入盤として入ってきてたのに対して、彼等の2ndアルバム「ORIENTAL BEAT」が日本で発売されたのが82年の冬だったので「一体このアルバムは何ぞや?」という事で混乱したらしい。
今みたいにネットで直ぐ情報が届く状況ではなかったんで、関係者以外は全く知らなかったんだろうなあ。

このアルバムは、彼等が1st~2ndアルバムの間にレコーディングした、いわゆるお蔵入りの曲を集めたモノ。アンディ・マッコイが「今更過去の曲をリリースするなんて」と否定的だったけど、限定盤の廉価盤としてリリースしたらどうだ?という事で渋々OKしたといういわく付きの作品だったと。
でも、正直言って2ndアルバムよりもこっちの方が好きだったりする(笑)。2ndアルバムは、全体的に聴くと何だかバラつきがあって散漫な印象なんだけど、このアルバムは録音時期も楽曲のスタイルもバラバラなのに、何故か統一感があって通しであっと言う間に聴き終えてしまう。

特に「LOVE'S AN INJECTION」(邦題:愛はインジェクション←何だこりゃ?)は、個人的には秀曲。一番最初に買った彼等のベスト盤「MILLION MILES AWAY」にも収録されてて、中でも結構気に入ってた曲だったので、後にオリジナルアルバムに収録されてないのを知って驚いた事があった。
それと「SELF DISTRUCTION BLUES」は彼等なりのブルースの解釈(っていう程でもないけど)といった感じで、こういう派手でケバケバしいバンドが泥臭い音出してるのもミスマッチっぽくて良い。
後にライブ盤の収録される「BEER AND CIGARETTE」や「TAXI DRIVER」のカッコ良さは、言わずもがな文句なし(まあ、ライブ盤のアグレッシヴなノリの方が断然良いけど)。

でも、結構自分自身のセルフコピーと化してる部分もあって、「NOTHING NEW」のサビなんかは「11th STREET KIDZZ」と同じフレーズだし、「KILL CITY」の歌いまわしは「TRAGEDY」そのままだし、なるほどアンディは出したくなかった訳だ...と、今になって納得出来た(苦笑)。

しかし、今の時代は彼等よりも上手いバンドが多いのに、何で当時でも大して演奏も上手くもないのにこんなにカッコイイんだ?と、彼等を思うといつも不思議に思ってしまう。でも、それだけ光るモノが十分兼ね備えてたという事なんだろうけど、あんな短期間で派手に散ってしまった事がホントに悔やまれるんだよなあ。


「SELF DISTRUCTION BLUES」


「LOVE'S AN INJECTON」

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RIGHT NOW! / ICE (2006)

SONGS IN RED AND GRAY / SUZANNE VEGA (2001)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

白夜のお年寄り

マイケルさんのアルバム出ますね~、予約済みです(笑)、前作がえらく良かったんで楽しみですが、本当に老けないっす、元気過ぎでしょう(180度開脚まだやってます、関節とか「コキ」って傷めないかこっちが心配なんですけど)、やっぱりロックやメタルは人を老けさせない周波数が・・・。
それはともかくギタリストに関しては発表の度に「これすぐに脱退するよね」っていう人をワザと選んでるように見えるんですが、気のせい?、なんだかんだでアンディ・マッコイさんが一番長くパートナーだったとか、あんなに仲悪いのに(笑)。
好き好んで険しい道行きたがる性格だったら仕方ないんですが、結構この人真面目で努力家、苦労人なんで、腕のいいギタリスト沢山居るから性格重視で選んでみればいいのに・・・。
まぁソロなんだから好きにすればいいけど、ツアー中に抜けられたらたまらんでしょう。

ハノイはそりゃ再結成はしてほしいけど、もうライヴも3回観たし、良いアルバムも出してくれたし、もうしてほしい事とか観たい事は全部やってくれたし、私も気が済んだんで、老い先短い(とても見えないけど)残り時間は気の合うミュージシャンと好きな事やってほしいです、それでヒットしたらもうけものという事で。

2015年09月30日 19:37

comment avater

某音楽馬鹿

下手でもいいんです

確かに上手くないですよね~ハノイって。
でもそれを上回る個性と曲の素晴らしさあっての評価かと。
ポイズンとか当初ボロカス言われてましたが言ったバンドが消える中、今でもド派手なライヴやってるわけで、ロックやメタルに関しては(ニューウエーヴ系やパンクもですが)上手くなくても個性と自分をかっこよく見せるテクニックがあればそれなりになんとかなる・・・と。
技術至上主義ならアクセプトなんておよそボーカルと称して良いのかって思われた(当時)ウドさんのダミ声とか、これ「メタルハート」をディオさんやロブさんに歌わせてオリジナルより良いものができるか?といわれれば、そんなバカな事は無いわけで、「味」や「個性」が重視されるのがハードロックやメタルな訳ですよ。

ジャンル違うけどクネクネ踊りしないブライアン・フェリーさんや超絶テクや激速スゥイープとかカマすキース・リチャーズさんって・・・何か嫌だし(笑)

2015年09月30日 20:32

comment avater

K.A.E.

ハノイ3回も観たんですか、かなり熱心ですね!!
私は以前も書いたと思いますが、オリメンが崩壊した時でハノイは終わったと思ってたので、モンちゃんやアンディがあれだけ「ありえない」と断言してたのに、あっさり再結成したした時はちょっと肩透かしを喰らいましたね。この時は、モンちゃんとアンディの仲直りと捉えるのが筋なんだと思いますけど。

なので、再結成にはかなりの違和感が残りましたね。ライブもYOU TUBEで観ましたがやはり別モノでしたし。でも、モンちゃんとアンディの競演こそがこの再結成の意味合いだったんだから、そこは素直に喜ぶのが正しい楽しみ方なんでしょうね。

しかし、彼等の「ALL THOSE WASTED YEARS」はHDリマスターして早く再発して欲しいですよ!あのライブ映像は、私にとってホントに神レベルですから。
あんなに演奏下手でも、何でこんなにカッコイイんだ?という典型的な見本ですし。
GNRの「WELCOME~」のPVはこのライブっぽい雰囲気を狙ったモノだって話だし、古くはBANG TANGOのメンバーも「あのライブの雰囲気が理想的」と公言してましたし、フォロワーが続出する意味がよく分かりますよ。

しかし、モンちゃんはコンスタントに作品作ってますけど、アンディは全く聞きませんね。イギー・ポップのバックバンドに入ったって話は聞きましたけど、それ以降は音沙汰なし。地元の野外で小さなライブやってる映像がYOU TUBEにありましたが、余りにもパーソナルっぽいし。

2015年10月04日 21:17

コメントの投稿