久しぶりにICE熱が再発してしまった。
邦楽勢を聴く事は余り無いのだけど、ここでレビューしたBOφWY、COCCO、VOW WOW、コーネリアス、そしてICEとホントに数えるくらいしかない。しかし、久しぶりに聴き始めると止まらなくなるのが自分にとって中毒性の高いミュージシャンばかりかと。

過去のレビューでも書いた通り、ギタリストでバンドの頭脳とも言える宮内さんが亡くなってしまったので、純粋な意味でのICEの新作を聴ける事は残念ながらもう来ない。
だけど、ボーカルの国岡さんがここ数年、本数は少ないながらもライブ活動を行なっているという話をネットで知って、しかも一昨年にはデビュー20周年記念という事でベスト盤が発売されて、その中には新曲や未発表曲も含まれている事から小規模ながらも地道に活動しているのは素直に嬉しい。

そんな彼等の通産11作目の作品「RIGHT NOW」を今回はチョイス。発表は2006年。
実はこのアルバム、当時リアルタイムでは買っておらず、宮内さんが亡くなってから慌てて買ったアルバムだった。というのも、私が好きなICEは6作目の「MIDNIGHT SKYWAY」までで、それまではかなり熱心に聴いてたのだけど、期待して買った次作の「TRUTH」がどうしても好きになれず、そのまま彼等から離れていってしまったからだ。これは彼等にとっての過渡期ってヤツだったんでしょう。

そんな彼等に再注目したのが、YAHOOニュースで知った宮内さんの悲報だったのが皮肉だけど、そのお陰で彼等の音楽にまた注目して、このアルバムの素晴らしさを教えてもらったと。
前作「FORMULA 21」まではメジャーレーベルからのリリースだったのに対し、このアルバムからは自らのレーベルから発売されている事からも当時の状況は余り良くなかったんじゃないか?...と、ちょっと勘繰ってしまうけど、肝心の音楽性に関しては全くブレておらず、後期の中でも群を抜いての完成度を誇る作品となっている。

アンニュイな雰囲気が漂う「QUIET DAWN」から、最後の「AKATSUKI ~暁~」まで、スローな楽曲でさえも隙の無いサウンドはホントに素晴らしいの一言。宮内さんのカッティングもキレ味最高だし、ロックやレゲエ、ラテンやダブスタイルまで様々なスタイルの楽曲の中でも個性を失わない国岡さんのボーカルも見事。後期を代表する名盤だと思う。
「MORNING DEW」の歌詞は、宮内さん亡き今読むとかなり切ないけど、当時から本人がライブのMCで言ってた「僕がいなくても楽曲は永遠に残る」という意味を、正に具現化したモノなんじゃないかと。

しかし、初期の頃から比べると大分”大人”を意識したサウンドになったモンだなあ...と、聴き直して改めて思った。それは自分が歳を取ったお陰もあるんだろうけど、こういう楽曲を違和感なく聴いて楽しめるというのは、宮内さんがインタビューで言ってた「未来を意識した作品を作りたい」という言葉にまんまと乗せられた感じがするなあ(笑)。ま、聴いてて心地良いからそれで全然良いんだけどね。


「MORNING DEW」


「QUIET DAWN」

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FILTHY EMPIRE / HEAVEN'S BASEMENT (2013)

SELF DISTRUCTION BLUES / HANOI ROCKS (1982)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ICEは知らなかったですが、聴きやすい感じですね。
私も邦楽、詳しいわけじゃないし、聴くのは’80年代や’90年代の古いのか、ヴィジュアル系に異様に特化した偏重志向なんで語れませんが、結局は最近のは分からん・・ってなっちゃいます。

メタルと女性ボーカル系以外だとバクチクくらいですかね〜、こだわって聴いてるのは。
ガーネット・クロウも解散したし、鬼束ちひろさんも繊細過ぎて壊れちゃったし、柴田淳さんはまだ良い作品出してくれてますが、他はブログとかで聴いてるって公言してるんでもう知ってると思うし。


2015年10月17日 21:19

comment avater

K.A.E.

私も邦楽はそんなに詳しい訳ではないですが、知ればもっとハマつ要素はありそうですね。
ICEを知ったのはホントに偶然だったんですが、余りに気に入ったお陰で野音までライブ観に行きましたからねえ、カップルばっかの中(笑)。
でも、宮内さんはホントに凄いギタリストだったと思います。初期の頃からプロデュース手掛けて、ワウを使ったファンキーなカッティングは日本人ギタリストの中でも余り見掛けませんでしたしね。
たまに聴くと、こうしてハマっては暫くICE漬けになるんですが(笑)私の中では全く色褪せませんね。偶然とはいえ、このバンドを知る事が出来たのはホントにラッキーでしたよ。

2015年10月23日 23:48

コメントの投稿