前回のデヴィッド・ボウイ逝去から約1週間、ちょこちょこ他の音楽をツマミ食いしてはいたものの、毎日ボウイの楽曲ばかりを聴いて喪に服してました。
雑談版ブログにも書いた通り、ボウイ主演の「地球に落ちて来た男」のブルーレイも購入しホントに浸ってたのですが、これだけ長い間に色んな事に挑戦し、時にはハズした事もあるにせよ、ここまでスマートにこなせた人はいなかったんじゃないかと。本物のアーティストという感じで、これから先こういう人は2度と現れないだろうな...とふと思ってしまった。
特に今の時代は、ネットが普及してしまったお陰でミュージシャンの神秘性が失われてしまったし、本人が望まなくともLINEやツイッターの餌食となってプライバシーまでもが尊重されないから、知りたくない事まで知ってしまうのは良い傾向ではないと思う。

そんな事を思いながら、ボウイの亡くなる前日に購入したこのアルバムも聴くのが遅くなってしまった。正月にブックオフ巡りを敢行した時にとある店でこのアルバムが¥2150で売られていて、その時は別なモノを買ってしまったので買わなかったのだけど、どうせいずれ買うつもりだったし、しかも昨年発売されたばかりの初回限定盤で¥1000下がってるのは美味しいなと思い、まだ売ってるかな?と再度店に行ったらまだ置いてあったので、今度は迷わず捕獲した。リッキー・ウォーウィック率いるブラック・スター・ライダースの2ndアルバム「THE KILLER INSTINCT」を今回はチョイス。

1stアルバムはそこそこに聴いてたのだけど、元シン・リジィという肩書き(と言ってもスコット・ゴーハムだけで、残りは再結成メンバーだからちょっと意味合いは違うけど)が邪魔して、分家を聴くよりも本家を聴く方がダントツに多かった。多分これからもそうだと思うし、それだけ自分自身がシン・リジィの音楽が大好きだからだと思う。
しかしフィル・ライノットがいない現在では、幾ら元メンバーがリジィっぽい音楽をプレイしててもリジィになる訳ではないのは当然分かっている。しかも「ああ、これは”JAILBREAK”っぽい。で、この曲は”EMERALD”に似てる。」となれば、やはり本家の方が馴染み深いし。
だから、分家であるこのバンドの意義というモノを考えると、この時代にこういう音楽をプレイしてくれてる存在は歓迎出来るものの、ほんの少し疑問を感じてたのも本音。前作のレビューで「もうちょいオリジナリティを」と書いたのは、あからさまにリジィの影がチラつくどころかやり過ぎの感があったからだ。

そして今回のアルバムも、そのリジィの影がチラつく部分が多いにある(苦笑)。ただ、前作みたいに「何の曲に似てる」という感じではなく、あくまでも歌い回しや雰囲気のエッセンスの部分だけで、曲作りは前作よりも良いんじゃないか?とバンドとしての成熟振りは十分に感じられた。
今回からベースがマルコ・メンドーサからヴィンス・ニールのバンドにいたロビー・クレインに変わっているけど、楽曲に複雑な展開がある訳でもないから、テクニカルな影響はそれほどないと思う。
私のお気に入りは「BULLET BLUES」「FINEST HOUR」「CHARLIE I GOTTA GO」「BLINDSIDED」「YOU LITTLE LIAR」あたりかな。アコースティックな楽曲を集めた初回限定盤の2枚目も、楽曲の良さを一掃際立たせていて良い仕上がりとなっているので、これは買って正解だったな。

今回のアルバム聴いて、ようやく彼らに乗る事が出来た感じだ。偶然にも今日の音楽サイトのニュースで今年の夏にシン・リジィとして数回ライブを行う事を発表してるけど、あくまでもフィル・ライノットの没後30周年という記念としての事らしい。まあ、リジィといってもダーレン・ワートンが加わって、ブライアン・ダウニーは不参加だから(代わりにモーターヘッドのミッキー・ディーが参加らしい)リジィとしてよりもこのバンドの活動に重点を置いてほしいなあ。次の来日公演には是非行ってみたいし。


「THE KILLER INSTINCT」


「FINEST HOUR」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NIGHTLIFE / THIN LIZZY (1974)

★ / DAVID BOWIE (2016)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このバンドは人によって賛否ありますよね~。
ご本人達によると、今リジィの音楽をライヴで聴かせるバンドが居ないんでその代わりに・・みたいな事言ってましたが、リッキーさんの歌い方、こんなに似せなくてもいいのに・・・とは少し思いましたが、2枚とも大喜びで聴いてます。
リッキーさんは間もなく2枚組のソロ作品出すみたいですが、前のソロみたいに弾き語りの渋いやつだといいなぁ~って思ってみたり。
ベースだったマルコさんはジョン・コラビさん率いるデッド・デイジーズに知らない間に加入してました、何気にベーシストの中でこの人はお気に入りです、バンドもいい感じ。
https://www.youtube.com/watch?v=DOD02aoqU08

2016年01月21日 21:10

comment avater

K.A.E.

え、賛否あるんですか?まあ、リジィの熱烈なファンには余計な事するなって怒られそうですけど(苦笑)フィルももう亡くなって30年経つし、むしろ元メンバーが頑張っているのを観られるのは良いんじゃないですかね。
ただ、今年の夏にもリジィの名を冠したライブを地元でやるらしいですが、それが遺族の元に還元される事を願いますね。

前作よりも、今作の方がかなり好きですね。リッキーは益々フィルの歌い方に似て来てるし、今の時代にリジィが復活したら...の一つの答えみたいなモノですしね(ただ、フィルはもっとレイドバックしてブルースやケルトなどを楽曲に盛り込みそうですけど)。次作も期待して良さそうな感じです。その前に来日してくれないかな?

マルコ・メンドーサ、人気ありますね。確かにプレイは上手いしルックスも丹精で良いんですけど、私は余りピンと来ないんですよ、何故か(苦笑)。渡り鳥スタイルが余り馴染まないからですかね?
このバンドのメンツもBSR同様寄せ集めみたいですけど(苦笑)演ってる音楽も何気に良いですね。しかしコラビ老けたなあ...
ジョン・コラビといえば、ミック・マーズがソロ活動で早速声掛けたみたいですね。さすがにあのモトリーみたいにはならないでしょうけど、良い人選でちょっと興味ありますね。

2016年01月30日 16:33

コメントの投稿