すっかり忘れてた...というより全く情報も何も入ってこなかったお陰で、昨年10月にリリースされてたのに数ヶ月間知らないまま、たまたま偶然知ったネオン・インディアンの新作「VEGA INTL. NIGHT SCHOOL」を先日手に入れた。ずっとアンテナ張ってた割りに新作情報を逃してしまうとは何たる不覚...

彼(ネオン・インディアンとはアラン・パロモという個人のプロジェクト名)の2作目で、ネオン・インディアンの存在を知った「ERA EXTRANA」は物凄く好きな作品で未だによく聴いてるのだけど、リリースから結構な月日が経ってるので新作の話が一向に聞こえて来ないなあ...と思ってた時、友人のsaraサンが昨年の秋に香港にフェスを観に行くという話を聞いて、そのフェスの大トリがネオン・インディアンと聞いて驚いたのと同時に、何で新作も出ないでフェスなんか出てるんだ?と不思議に思ったのだけど、その時にはもう新作完成してたんですねえ(苦笑)。何で気付かないんだよ?と。しかも12月には来日公演まで行なっていたみたいだし。

その後、偶然アマゾンのサイトにて色々チェックしてたら、この作品が出てきて「何だ?」と思ったら新作だったと。しかも国内盤出てるのか?と調べたら、全く知らないオクターヴというマイナーレーベルからのリリース。そりゃ宣伝とかも出てこない訳だ。
因みに前作は、よしもとアール・アンド・シーというこれまたマイナーレーベルから出てたけど、今回は違うマイナーレーベルだし、今の時代レコード会社は何処もミュージシャンとは単発でしか契約しないのかな?

さて、内容の方は前作同様80sポップ+エレクトロ路線は変わらず。チルウェイヴというジャンルを作り出した先駆者の一人だけど、チルウェイヴ自体はその後に続くミュージシャンが現れなかったお陰で風化してしてしまった印象を受けるけど、他のチルウェイヴと呼ばれたミュージシャン自体が路線変更してるお陰で一過性のジャンルだった事がよく分かるかと。この新作も前作から4年も経ってたのかと驚いたけど、4年でジャンル自体が風化って音が出尽くした感がアリアリだよなあ...と思ったりして。

前作ほど斬新なスタイルではなくもっと歌を強調としたダンサブルなポップ路線で、私が想像していた路線とは異なったので「ちょっと期待外れか?」と思ったけど、何度か聴いてるウチに段々耳に馴染んできた感じ。ただ、インナースリーヴに書いてあった最高傑作という評価ではないと思う。高水準なんだけど、やっぱ前作の方が好きなんだよなあ。

ただ、一聴してネオン・インディアンと分かる個性は十分に発揮されており、着実にキャリアを築いてるなあという印象は受けたので、早くも次作に期待したいトコ。
という訳で、今回はレコーディングに3年も掛かってるんで今度はもっと短くしてください~。それとジャケットも今回はダサいんで、次作は何とかしてください~(苦笑)。


「THE GLITZY HIVE」


「SLUMLORD RISING」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ALL YOU CAN EAT / THUNDER (2016)

THE SONIC EXCECUTIVE SESSIONS / THE SONIC EXCECUTIVE SESSIONS (2011)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

これは発売知りませんでした、出てたんですね~(ジャケは確かに・・・ブートじゃないですよね?)。
前のは買ったんですが、今回は色々と新作が出まくって大変になってきてるんで見送るかもしれません。
来年くらい覚えてたらということで。

2016年03月07日 23:25

comment avater

K.A.E.

確かにこのジャケはブートっぽいイメージかも(苦笑)。日本語表記がそのままジャケにプリントされてるんで、日本人からすればダサいイメージにしかならないんですよねえ(笑)。

前作は買いましたか!前作にあった、ちょっとぶっ壊れ気味の音処理が今回は余り感じられないのと、今回は歌中心のスタイルに移行してきたみたいで、エレクトロ・シューゲイザーみたいなモノを期待すると肩透かしを喰らいますね。
前作の方が好みという判断は今も変わりませんが、夏みたいに開放感がある季節には映えるかも知れませんね。好みが分かれそうなので、試聴して決めた方がいいかも?

2016年03月10日 20:57

コメントの投稿