何と前作から約6年振りですか~。そんなに経ってたのかとちょっと驚いた”北欧のボン・ジョヴィ”と呼ばれたトリートの新作「GHOST OF GRACELAND」が届きました。
その前作「COUP DE GRACE」も、その前作から約18年振りの復帰作という事だったから6年くらい...と思っても、やはり長いスパンだったなと(苦笑)。

一番の驚きは、何といっても解散撤回して日本公演まで行なわれて、それがそのままバンドのモチベーションとなって新作を作った事でしょう。前作は復帰作としては文句なしのクオリティだったと思うけど、それがどーして解散宣言まで出たのかよく分からない活動状況だったんで、クラブツアー(しかも単独公演ではない)とはいえ約25年振りの日本公演を実現した事にはホントに驚いたし、実際に観に行って「どーして解散宣言出したんだ?」というレベルの高さにも驚いた(一部口パクだという話もあったけど、ライブ中はそんなに気にならなかった)。

そんなバンドの新作には非常に期待していたのだけど、一聴した時は正直微妙な感覚だった。トリートと言えば”北欧のボン・ジョヴィ”と言われるくらい、キャッチーなメロディとサビに彩られた北欧メタルというのが共通項だと思うけど、今回の新作は重厚さとミドルテンポに比重を置いたと思われる作風となっているからだ。
とはいえ近年のラウドロックみたいなああいうスタイルではなく、相変わらずのキャッチーな雰囲気はあるものの一度聴いたら忘れられないサビやメロディではないという感じで、そういった過去のスタイルが好きな人達には正直戸惑いを覚えると思う。はっきりいって地味なのだ。

やっぱ、Voの声の問題とかもあってこういう作風にしたのかな?と勘繰ってしまうけど、もう少しアップテンポの曲が数曲欲しかったなあ。インナースリーヴにも書いてあったけど、メンバー自身過去と今では違う視点を持っている事を歌詞に反映させたかったらしく「人生は毎晩ロックン・ロールだけじゃないんだ」という意志がこういう作風にしたのなら、それはちょっと寂しいなあ。だってバンドに求めてるのはそういうモノなんだし、今までのファンに「今の俺達はこうなんだ、理解してくれ」と言って失敗した例は過去に幾らでもあった訳だし。
まあ、メンバーも高齢だしこういうスタイルの曲がプレイしたいというなら何も言えないけど、これを昔からの彼等のファンの目から見たらどう映るんだろう?というのは気になるなあ。

全体的には嫌いな作風ではないし実際クオリティが高いアルバムだけど、期待が大きかった分慣れるのは時間が掛かりそうかな?因みにお気に入りは、「DO YOU OWN STUNTS」「ENDANGERED」「INFERNO」「NONSTOP MADNESS」辺り。
後はライブでこれらの曲がどう映えるのかがポイントかと。実際に観てより好きになるのか、それとも地味で終わってしまうのか...是非またライブが観たいぞ!


「ENDANGERED」


「DO YOU OWN STUNTS」


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AROUND THE WORLD IN A DAY / PRINCE & THE REVOLUTION (1985)

DECADE OF AGGRESSION / SLAYER (1991)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

トリート聴きました。
確かに全体的に今風な感じになってますね~。
このバンドは一時期へヴィ-になったりポップになったりしてるんでよく言えば流行に敏感?。
個人的には通して聴いてみてこれくらいならOKかな~って思いました。

2016年04月22日 20:54

comment avater

K.A.E.

このレビューを書いた後にも何度か通しで聴いたんですけど、段々耳に馴染んできた感じですね。即効性はないけどじわじわと効いてくる感じ。あと曲順で損してるかな?と思いましたね。とにかく2曲目は地味かと(苦笑)。
あとは来日公演があるのか興味ありますね。今年のラウドパークに蠍団が遂に降臨するんで今年は初参戦しようと思ってるんで、是非トリートにも出て欲しい!!新規ファン獲得には打ってつけの場所ではないかと。

2016年04月28日 22:31

コメントの投稿