季節的に今が一番過ごしやすい時期だと思ってるけど、外に出るともう暑さがそこまでやってきている感じで、車でちょっと買い物へ...と車内が暑くてマジで堪らない。ロートルにはキツい時期がやってきて引き篭りに拍車が掛かりそうだ(苦笑)。

ここ1週間はずっとヘヴィな音楽ばかり聴いていたのだけど、今日の晴天を見てたら、何だか久々にフーターズが聴きたくなったんで彼等のデビューアルバム「NERVOUS NIGHT」(邦題:眠れぬ夜)を引っ張り出してきた。発表は1985年。日曜の緩やかな午後にはぴったりの選曲だと思う。

初めて彼等を知った時はよく覚えている。当時は洋楽雑誌をこぞってチェックし、自分の好みに合う音楽を探しまくってたのだけど、洋楽雑誌も当時は結構な数があったので自分が読みやすいと思った雑誌を定期的に買おうと思って選んだのが、FM fanとポップギアだった。
FM fanはラジオのエアチェック用に、そしてポップギアは読みやすく洋楽初心者にも分かりやすかったのが選んだ理由だったのだけど、そこにデビュー当時のフーターズの記事が載ってたのだ。
当時、彼等の地元であるフィラデルフィアでは破竹の勢いだったブルース・スプリングスティーンのチケットよりも彼等のチケットの入手が難しいと書かれてたのを読んで「そんな彼等はどんな音楽演ってるんだ?」という素朴な疑問から興味が湧いて、このCDを手に取った訳だけど、聴いてみて「ああ、これは確かに売れるよなあ」と、洋楽初心者の私にも直ぐに思った。

とにかくメロディが良い。冒頭の「AND WE DANCED」(邦題:朝までダンス/←今思うと何か可笑しい)のマンドリンとメロディカ(日本でいうピアニカ)が奏でるメロディをいきなり切り裂いて始まる前奏は何度聴いてもテンションが上がる。全体的に若々しく、そしてレゲエやスカなどのリズムを多用して何処か懐かしさを感じさせる雰囲気は、昔のアメリカの青春映画のBGMにでも掛かりそうで、当時は結構憧れたモノだったなあ。
お気に入りは、殆ど全曲といっても過言ではないけど(苦笑)強いてあげるなら「DAY BY DAY」「WHERE DO THE CHIRDREN GO」「SOUTH FERRY ROAD」辺りかな。
また彼等は、このアルバムの前にインディーレーベルから「AMORE」というアルバムを発表しているのだけど、結構前に一度だけCD化された事があったみたいで、それに気が付かなかったお陰でCD入手は出来なかったけど、YOU TUBEに全曲上がってたので聴いてみると少しニューウェイヴっぽい雰囲気で、デビューアルバムにも数曲収録された曲は少し荒削りな印象を受けた。2ndアルバムに収録された「FIGHTIN' ON THE SAME SIDE」は完全にアレンジ違いで凄く珍しいけど。

この当時のツアーの様子を収めたライブビデオも持っており(残念ながらビデオデッキが無いんで観られないけど)シンディ・ローパーの「TIME AFTER TIME」のカヴァー(というかセルフカヴァーみたいなモノだけど)を含む選曲は、全体的にアットホームな雰囲気を感じさせるモノで、一度は生でライブが観たかったなと思わせる。

ここ数年は人気の高いドイツをメインに動いてるみたいだけど、こういう音楽はたまに聴きたくなる事があるんでちょこちょこ活動が伝わってくると嬉しいんだけどなあ。久々にこのアルバム聴いて若かった頃を少し振り返ってノスタルジックに浸り、自分も歳を取ったなあ...と思ったけど(笑)。


「AND WE DANCE」


「DAY BY DAY」


「AMORE」(全曲)
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DOPPELGANGER / CURVE (1992)

FLICK OF THE SWITCH / AC/DC (1983)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

もうこっちは暑いです、30度近かったり・・・。
こういう暑い時にはフーターズ、良いですね~。
このアルバムはエアーチェックしたテープで聴いてたんで実はCDは無いという・・・、でも良い曲が多いです。
この時はいかにもな80年代ファッションでジャケとか写ってましたが、これも良い雰囲気です。
FM雑誌はFMステーション派でした(笑)、この時は雑誌によって派閥があったんですよね~、でもフーターズは載ってましたよ、それだけ売れたんでしょうね。

2016年06月04日 16:33

comment avater

K.A.E.

おっと、某音サンのトコはもう初夏みたいな感じですか。これから暫く暑い日が続くと思うとぞっとしますよね(苦笑)。
フーターズは何処か懐かしい雰囲気を醸しだすんで、少し疲れた時に聴くと気分が落ち着くですよね。こういう時田舎に住んでて良かったなと(笑)。

しかし某音サン、CD持ってなかったんですか?ちょっと意外。確かにカセットオンリーで聴いてるとCDの買い時が難しいんですよね。私も結構そういうのありますし。
今は1st~3rdがリマスターされた輸入盤が送料入れて¥2000弱で買えるみたいなんで是非(って私も欲しいんだけど/笑)。

FMステーション、鈴木英人さんのイラストが好きだから買いたかったんですが、あの雑誌は結構大きくて収納場所に困って買えなかったんですよ。あのカセットインデックスは当時ホントに高嶺の花状態でした(苦笑)。

2016年06月04日 20:52

comment avater

地味JAM尊

まだ活動してたとはビックリざます。

 シンディのバックバンドとして出てきましたが、「Day By Day」は「お気に入りテープ」には必ず入れてましたね~。「ジョニーB」がそこそこ売れてから、勘違いして「地味曲路線」ばかりになったのが残念でした~。若くないとあーいう曲はやれないんだろうけど、もったいなかったな。
 ところで例の四誌ですが、英人さんのインデックスがカッコイイ週はStation、BillboardやRadio&Recordsのチャート特集があると週F、クラシックじゃない洋楽アーティストが巻頭だったらFan、レコパルは図書室から盗む・・・浮気者ですが、Fanは廃刊まで買い続けましたよ。(最後期にチャート解説してたあめ☆ぱいの佐藤さんとは一回だけ飲んだことがあります)

2017年06月11日 01:17

comment avater

K.A.E.

FM雑誌黄金期

私は2ndアルバムから入ったクチなので、1stアルバムでのポップ感に違和感がありましたね(笑)。でも、勿論1stアルバムも好きですけどね。
問題は3rdアルバムで、ポップに行きたいのか泥臭い方向に行きたいのかどっち付かずの中途半端な作風になったのが残念でした。「HEAVEN LAUGHS」など良い曲はあったんですけどね。

そーいや私は「JOHNNY B」の日本語verのCDシングル持ってるんですが、かなりの珍品ですよ。だってサビの歌詞が「Johnny B 判るはずさ 彼女には手をだすな やがて裏切られて泣くだけさ Oh Johnny B」って、オリジナルはこんな歌詞じゃないでしょ?(苦笑)

しかし地味JAM尊サン、FM4誌制覇してましたか!さすがに高校生の小遣いではそこまでお金が持たないんでFM fan一本の青春時代でしたけど、今思うとどれも魅力的な雑誌でしたよね。一番渋いfanを選んでたのは単にビルボードチャートが見たかっただけなんですけどね。ちょっと雑談版の方でfanの話でも書いてみますか?(笑)

2017年06月11日 04:03

comment avater

地味JAM尊

フーターズは3rdで売れたくなったんでしょうね。話題になりそうな曲を入れてったらやりたいことが分からなくなってっちゃった&時代がアンプラグド系に向かいつつある・・・で音数減らす方に向いたのか??んでベスト盤が無難なのかな~~。ジョニB日本語版は自分も借りてきて「テヲトリアッテ」「ドゥドゥドゥデダダダ」など「危険なにおいのする日本語楽曲MD」かなんかに入れてましたが・・・例によって行方不明。FM誌は週ごとに替えてたんで金持ちではございません、赤貧高校生でした・・・。(エアチェックも下火でしたしね~)

2017年06月11日 23:25

comment avater

K.A.E.

ドゥドゥドゥ・デ・ダダダハ、アイノコトバサ

実はフーターズの全盛期って1stアルバムの頃ですよね。当時発売されたライブビデオを今でも持ってるんですが(ビデオデッキがないから観られないけど)その冒頭で、当時はブルース・スプリングスティーンのチケットを取るよりもフーターズのチケットを取る方が難しいって言われてましたからね。

しかし、何で海外ミュージシャンは日本語で歌いたがるんでしょうか?しかも「危険なにおいのする日本語楽曲MD」って(笑)。「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」の日本語シングルは今でも持ってますよ(笑)。あと昔カルチャー・クラブの「センソウヘンターイ」とか、デヴィッド・ボウイの「ガールズ、トツゼンオツズレテ」とかありましたね(笑)。

FM雑誌はコロコロ変えてたんですね。私もそうすれば良かったかな?と。でもインデックス欲しさにFMステーション一拓になりそうだったかな?(苦笑)

2017年06月12日 03:39

コメントの投稿