ウチのCDラックを整理してる時にふと気付く時がある。それは”同じCDが何枚もある”という事実だ(苦笑)。

例えば、私が愛して止まないイット・バイツの「ONCE AROUND THE WORLD」はVirgin初回盤、2006年東芝EMIからの紙ジャケリマスター盤、2014年ユニバーサルからの紙ジャケリマスター盤の3枚所持しているのだけど、大好きなアルバムという事でもあるけどこれにはちゃんと理由があって、初回盤は彼等を知る切っ掛けになった中古盤で購入したモノ、2006年の東芝EMI盤は初のリマスター盤&初紙ジャケという事で捕獲し、2014年のユニバーサル盤はリリース当時のシングルのB面曲や12インチ盤(懐かしい!)のロングバージョンが収録されているので貴重な音源という事もあって当然捕獲...という事である。

同じCDを何枚も買うという行為は傍から見るとかなりコアなレベルに達してると思うのだけど、実際には未発表曲だけを収めたCDで売ってほしいのがリスナーとしては一番有り難い。大体、同じCD持ってるからと言って日によってリマスター盤とオリジナル盤を聴き変えてるリスナーなんているのか?と思うし(笑)。だとしたら相当のマニアなんじゃないかと。

今回チョイスしたグレイト・ホワイトの「RECOVERY:LIVE」もマニア泣かせのアルバムで、当時発売されたアメリカ盤・イギリス盤・日本盤と3種類のバージョンが存在するモノだ。私も白鮫は大好きなバンドだったので、このアルバムの存在を知った時は探しまくった記憶がある。残念ながらイギリス盤は見付からなかったけど...
まず、CD屋に注文して簡単に手に入った日本盤の売りは何と言ってもレッド・ツェッペリンのカヴァー「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」の音源。当時からジャック・ラッセルの「ZEPを歌わせたら凄い」という話はBURRN!で紹介されていたので、この音源聴いた時にはホントに凄えー!と心底震えたのを覚えている。
あと、アメリカ盤にも収録されているジミ・ヘンドリックスのカヴァー「RED HOUSE」も日本盤には収録されているのだけど、ここでのボーカルがギターのマーク・ケンドール。マークの渋い声がこの曲を引き立てていて、めちゃくちゃカッコイイ仕上がりとなっている。
後は、当時中古盤屋で高値が付いてたデビューアルバムから3曲収録されているけど、これはまだ彼等がLAメタルの範疇に括られてた頃のスタイルなので、後のブルーズ路線が好きな人達には記録くらいなモノでしかないと思う。

で、何処で購入したのか覚えてないけど(都内の輸入盤屋だったと思う)後にアメリカ盤を入手出来たのだけど、こっちの内容はかなり豪華。何せバンド結成時に製作した自主制作盤「OUT OF THE NIGHT」(プロデュースはマイケル・ワグナーとドン・ドッケン)の5曲が丸々収録、デビューアルバムからも5曲収録、そして12インチシングルのB面に収録されてたカヴァー曲のライブ音源5曲と盛り沢山の内容。
「OUT OF THE NIGHT」も当時かなりの高値で売られていたのだけど、このCDに収録されたのは嬉しかったなあ。この頃はまだまだLAメタルスタイルだったけど、曲の中盤にちょっとした哀愁のあるメロディを入れるのがこの頃から確立されていて、当時のLAメタル勢とは一線を画すバンドだったとよく分かる。
ライブ曲に関してもZEPの「IMMIGRANT SONG」(移民の歌)「ROCK N ROLL」、前述のジミヘンの「RED HOUSE」、ハンブル・パイの「I DON'T NEED NO DOCTOR」、ロックのスタンダード曲「MONEY (THAT'S WHAT I WANT)」という選曲で、ZEPや前述の「RED HOUSE」は勿論、荒々しい「I DON'T NEED NO DOCTOR」のカッコ良さと言ったら...オリジナルがショボく感じるくらいだ。

という訳で、後の白鮫のスタイルに移行する以前のまだハードロック然としたスタイルがたっぷりと楽しめる好盤となっている。因みに、入手出来なかったイギリス盤には「ONCE BITTEN」の楽曲のライブバージョン数曲が収められたモノとなっているらしい。さすがに今から手に入れるのは難しいだろうなあ...
そーいや、ライブ盤と言えば「TWICE SHY」の輸入盤にマーキーライブ盤が追加収録された2枚組バージョンが存在するのだけど、アレをディスクユニオンで見かけた時には捕獲すれば良かったと今でも後悔してる。持ち合わせが無かったとはいえ、アレはホントに惜しかったなあ。
あと、当時のライブ盤に私の大好きな「LADY RED LIGHT」のライブバージョンが何故存在しないのだろうか?来日公演に行った時には演ってくれてたのに、音源で残ってないのはホントに勿体無いと思うんだけど...


「LAST TIME」


「RED HOUSE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE ETHEREAL MIRROR / CATHEDRAL (1993)

DEADMAN'S SHOES / FM (1995)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このライヴの3種類、探されましたか!、相当なマニアですね~(笑)、実際に探した人が居て安心しました、結局入手には至りませんでしたけど。

それはさておき、意図して複数買うのは良いとして(良いのか?)、気付いたら複数あったという状態は何とも言えない気持ちになります。

グレイト・ホワイトのこれは内容が良いのにバラ売り状態なのは当時もったいないと思いました、大阪で全部入りのブートは見た事あるんですが、結局怪しいジャケだったのと高いんで買ってません。

2016年07月02日 20:01

comment avater

K.A.E.

時期が時期だけに、マニアの道に首突っ込みたくなった頃ですね(笑)。
でもこの頃は「このミュージシャンの音なら何でも聴いてみたい」と思わせるミュージシャンが多かったですから、こういうCD探す事自体楽しかったんですよね。
思い出しましたが、この英国盤は東京の西新宿のCD屋界隈と御茶ノ水のユニオンまで探しに行ったんですよ。今ならネットでサクっと探しちゃうんだろうなあ。

しかし全曲入りブートってのも凄いっすね!正にマニアの心情を理解してるというか(笑)。
白鮫はジャック・ラッセルが抜ける数年前からやたらとカヴァー曲乱発してるみたいで、以前レビューした「RECOVER」の他にもまだ聴いてないモノがあるから、そのウチ手に入れなきゃイカンと思ってます。リジィの「SARAH」とか意外なモノまで手を付けてましたし。

2016年07月03日 08:50

コメントの投稿