ここ最近、ちょっとドタバタした生活をしてるお陰で音楽聴くヒマもない位なんだけど、車内で聴いてるモノも大分偏ってるんで、ここは一つ久しぶりに重いモノを...と思い、チョイスしたのがカテドラルの2ndアルバム「THE ETHEREAL MIRROR」(邦題:デカダンス←どーしてこーなる?)。発表は1993年。

以前も書いたとおり、カテドラルはそれほど入れ込まなかったバンドで、初めて買ったCDがバンド後期の「THE GUESSING GAME」という様に、注目するも何も自分の中ではほぼ忘れてた様な存在だった。
「THE GUESSING GAME」を聴いて、ドゥームとは一線を画したバンドの雰囲気が気に入って、その後前作である「THE GARDEN OF UNEARTHLY DELIGHTS」もCD買って、この2枚を重点的に聴いていた。
しかし、考えてみりゃ何でバンドの最盛期と言われる作品を聴いてない?という事で、もろにドゥームな1stはともかく(苦笑)2ndと3rdは聴いておかなきゃイカンだろ?と、中古屋探してようやく安値で見つけられた(両方共、国内盤¥600くらいで)。

で、早速聴いてみたのだけど、1stの激しく重くて遅いスタイルからは一転して大分聴き易くなったな~という印象を受けた。やってる事はオジー時代のブラック・サバスなんだけど、リー・ドリアンのダミ声のお陰でまんまサバスという感じではないのが面白い。サバスよりも正統派HRのスタイルを取り入れてるのが非常に良い。1stがダメでもコレは大丈夫ってリスナーは結構多いと思うけどな。

「MIDNIGHT MOUNTAIN」の妙なグルーヴにやたら中毒性があって、この1曲がハイライトとなってしまうくらいの強烈なインパクトがあると思うし、「RIDE」では「CHILDREN OF THE GRAVE」のリフに近い曲展開に独自のスタイルを織り交ぜてるのが見事。
次作と比べると少し楽曲の練りが足りないかなと思うけど、それでも完成度は十分及第点ではあると思う。バンドの人気に火が付いたのも理解出来る。
またジャケットにも独特の雰囲気があって、結構おどろおどろしい様なタッチの絵の中にちょっとしたお遊び的な要素が感じられるのも、このバンドの独自性に一役買っていると思う。

リー・ドリアンは自分の新しいバンド:ウィズ・ザ・デッドで活動して新たなスタイルを模索しているみたいだから、さすがにもうカテドラルを復活させる様な事はないと思うけど、色褪せる事ない正統派HRアルバムを2ndアルバムで作り上げた偉業はもっと評価されて良いと思う。


「MIDNIGHT MOUNTAIN」


「RIDE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SIOGO / BLACKFOOT (1983)

RECOVERY:LIVE / GREAT WHITE (1989)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

これを車内で聴いてたらスピード違反は心配しないでいいかと(笑)、そんなに物凄く遅いアルバムでもないですが・・・。

私も4作目までは熱心に聴いてたんですが、次第に優先順位が下がって来てました。

個人的にはドゥームといえばキャンドルマスとトラブルっていう人でしたから,何か重い曲ってなったらこの2バンドでした。
https://www.youtube.com/watch?v=bMxC34fNijc
https://www.youtube.com/watch?v=EmqA6FNHGUo

2016年07月09日 16:05

comment avater

K.A.E.

いやいや、「MIDNIGHT MOUTAIN」なんか聴いた日にゃノリノリ(死語)で逆に危ないですよ。かと言って1stみたいなモノだと今度は睡魔が襲って来そうだし(苦笑)。

しかし、リー・ドリアンもウィズ・ザ・デッドで相変わらずブレないドゥーム路線やってますけど、カテドラルほどの幅広さはないですね。このバンドがユニークだったのは幅広いスタイルをそれっぽく聴かせるトコにあったと思うんですが、その幅広さが逆に散漫になっちゃったんですかね?私的には好きなんですけど...

キャンドルマスもトラブルも当時は結構話題になってましたね。今の時代みたいに何でもデス声にすれば良いって風潮でもなかった頃なんで、この位なら何とか付いて行けそうかと(笑)。ただ、エレクトリック・ウィザードだけは相変わらずキビしいですが...(苦笑)

2016年07月12日 23:01

コメントの投稿