ここ最近、新作で欲しいモノが少なかったので旧作ばっか聴いてたトコに、久しぶりのこのバンドの新作が出ると言う情報を知ったので早速アマゾンのマケプレで注文したのが先日届きました。元シン・リジィ(という肩書きはもういらないかな?)のキーボード、ダーレン・ワートン率いるデアーの通産7枚目のオリジナルアルバム「SACRED GROUND」を今回チョイス。

数年前まで再結成シン・リジィのツアーに参加していたけど、そのメンバー達がブラック・スター・ライダーズを結成したお陰でダーレンはデアーの活動の方に戻ってきた訳だけど、その間が長いんだよなあ(苦笑)。
元々黙作なバンドではあるけど、前作「CALM BEFORE THE STORM 2」が発表されたのは2012年で、その前々作「ARC OF THE DOWN」は2009年発表だったので、オリジナル作としては7年振りの新作という訳だ。ジャケ下に入ってる”7”というのは、7作目という意味なんだろうけど「7年も掛かっちゃいました、すいません」っていうダブルミーニングじゃないよなあ(苦笑)。

今回の大きな話題としては、オリジナルメンバーだったヴィニー・バーンズの復帰でしょう。この話聞いた時はちょっとテンション上がりましたね。ヴィニーが抜けた後の作品も、HRの範疇ではないにせよメロディの美しさと叙情性が相成って素晴らしい作品ではあるものの、どーしても地味な印象は拭いきれなかったので、今回のヴィニーの復帰は初期の様なメロディアスハード路線に戻るのか?と期待させるモノだった。

で、早速聴いてみると、初期のメロハー路線ではなくここ最近の音楽性に幾分華やかさが戻ってきたという印象だった。メロディが美しいのは相変わらずだけど、更に音の奥行きが増したというかメリハリが付いた感じで良いですねえ。それに物悲しさを感じさせるというよりは、力強く爽やかな印象を与える楽曲が多いのも好印象かと。
ジャケットも、大自然をバックにモノクロのメンバーショットというシンプルなモノでバンドのイメージにぴったりだし(今回は誰も脱いでないです/笑)久々にバンド内のポジティヴな雰囲気が伝わってくる様です。

しかし、このバンドはいつでも流行り廃り関係なくブレない方向性を持ってるなあと思う。地味な印象があって、メジャーな割りには素朴で手作り感を感じさせる作風はダーレンの人柄を表しているかの様だし、黙作でありながらも未だに活動出来ているのはそれだけ支持してくれているファンも多いんだろうなあ。じわじわと心に染み込んで来る様な味わい深い音楽性はこれからも変わらないだろうし、末永く活動して欲しいと願う。


「STRENGTH」


「I'LL HEAR YOU PRAY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RIVERDOGS / RIVERDOGS (1990)

FALLING SATELLITES / FROST* (2016)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

デアー買われましたか、今回はヴィニーさん復帰という事でちょっとは話題になるかと思ってましたが、・・・あんまり話題になってないですね(笑)。
もうこの路線で2~3年に1枚作り続けてくれたら何も文句はありません。

今回も内容は凄く良いと思います、秋ごろに聴いたら雰囲気最高だと思います。

2016年08月27日 10:27

comment avater

K.A.E.

デアーの音楽って、何処か自然を感じさせる雰囲気が堪らないんですよね。派手さがない分、心にダイレクトに響いてくる感じで。タイプは全く違いますけどマリリオンと被る部分がありますね。
某音サンは秋頃のイメージですか、言われてみると確かに。私は、今回の楽曲は爽やかさが際立ってるので初夏のイメージで聴いてましたね。

もはやHM・HRの範疇ではない音楽性ですけど、こういう音楽をやる人達は少ないんでホントに長く活動して欲しいですよ。もはや安心・信頼のブランドに近いモノがあるかと(笑)。

2016年08月29日 04:57

コメントの投稿