近年CDが売れなくて大手レコード会社も大分減ってしまい、音楽業界は本当に瀕死状態といっても過言ではないこの時代に、苦肉の策として(というよりか、もはやヤケクソ状態なのかも)旧作を安値で売るという売り方が増えてきた。良い例が廉価盤5枚組セット。紙ジャケにそのままCD突っ込んで5枚抱き合わせで国内盤CD1枚分の値段で売るという、80年代じゃ考えられない商売だけどリスナーとしてはホントに有り難い事この上ない。名前は知ってるけど音楽を聴いた事がないミュージシャンなんかは、こういう機会に手に入れてみようか...って事にもなるし。

しかし、国内盤で廉価盤5枚組というモノは存在しない。輸入盤にシール付けて国内盤扱いで売ってるのは見た事あるけど、国内メーカーが直に作ってる訳ではないから純粋な国内盤とは言わないし。
じゃあ国内盤ではどんな対策をしているかというと、単に通常盤よりも¥1000安いモノを廉価盤として出してるのみ。ワーナーのフォーエヴァーヤングシリーズが有名だけど、毎回同じラインナップでたまに変わったモノを出してくるのみ。
まあそれでも有り難いのだけど、金額下がっているモノって既に手に入れてるモノばかりで「おっ!?」と興味を惹くモノはなかなか出てこない。マイナーどころなんかは殆ど下げないけど、昨年キングレコードがやったスラッシュ系のCDを¥1400くらいで売ったのはかなり良いんじゃないかと思う。
そしたら、今年はソニーがAOR系のCDを¥1000で売る事になったからさあ大変。¥1000なら興味のあるモノを手を出しやすいし、外しても余り懐が痛む事もない。ただAORに興味がある人には堪らない話だけど、全く興味のない人にはこの金額でもスルーしちゃうのは仕方ないけど。

前書きが長くなってしまったけど、このAOR¥1000から、私がチョイスしたのは以前レビューを書いたジノ・ヴァネリの7枚目のオリジナル作「NIGHTWALKER」。発表は1981年。
このアルバムの前作にあたる「BROTHER TO BROTHER」が相当気に入ったので、この作品が今回¥1000ラインナップに入ってるのを見た途端、即予約入れましたよ。ネットで調べてみると、ファンの間でもこの2作が名盤扱いされている様なので、いずれ買おうと思ってた矢先にこのタイミングで手に入れられたのはラッキーだったなあ。

内容は前作路線を踏襲した作りとなってるけど、時代の影響か少しシンセサイザーの割合が多くなってる気がする。AORの括り(って、当時からそうだったのか分かりませんけど)でも演奏が意外とハードなのは前作同様なので、全体的にAOR特有の甘ったるい雰囲気がある訳ではないので聴き応えは十分。タイトル通り、夜の雰囲気を味わえるのがポイント高いです。夜の雰囲気...って事で、私的には以前某音サンに紹介してもらったナイトフライトを何処となく思い出しましたね。
お気に入りは「NIGHTWALKER」「SEEK AND YOU WILL FIND」「PUT THE WEIGHT ON MY SHOULDERS」「SANTA ROSA」「LIVING INSIDE MYSELF」「STAY WITH ME」あたり(って、アルバムの8割じゃん/笑)。因みに「LIVING INSIDE MYSELF」は、シングルカットされて全米6位まで上がったとの事。

しかし、この人はホントに歌が上手い!前作でも思った事だけどこのアルバムでも抜群の存在感で、演奏の凄さは勿論だけどあくまでもメインは歌ありきとなってるのが曲を聴かせる肝となっている。
このアルバムに続く次作は完成されていたのだけど、先行シングルまで発売されてたのにジノ本人とアリスタレコードとの間でトラブルとなって結局お蔵入りとなったらしい。このトラブルを起こした人ってのがアメリカレコード会の首領らしく、事実上ジノは干されたらしいので、いつかこの人が亡くなったら改めてリリースしてくれないかな...と僅かな希望を持っていたりする(笑)。


「NIGHTWALKER」


「LIVING INSIDE MYSELF」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CROSSOVER ELEVEN : TIME AFTER TIME / V.A. (2005)

RIVERDOGS / RIVERDOGS (1990)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

そーいえばこの人の作品ってまだ聴いてないんですよね~、気になってはいるんですが・・。
良さそうなのは確かなんですが、ここのところ他の新作が沢山出てまして(笑)。

廉価版CDは出してくれるのは嬉しいんですが10枚単位で出されるとかえって出費が・・・。

2016年09月04日 20:00

comment avater

K.A.E.

今回のAOR1000シリーズは、来年まで(期限がいつまでかは覚えてませんけど)ちゃんと製造されるらしいので、その期間までにはあと数枚チェックしたいと思ってます。
年末までに、ここ最近余りなかった新譜購入が結構ありそうなんで(メタリカやグレン・ヒューズ、スティングやプリティ・メイズなど)なかなか旧譜までにはお金が回りそうになさそうだから、こうした配慮は有り難いですよ。

ジノ・ヴァネリの他の作品も気にはなるんですが、この2枚抑えておけば良いだろうと思ってるんで(内容も非常に良いですし)後は他のAOR系をチェックしようかと。
他のレーベルも旧譜はこうして欲しいですよね。全部はさすがにキビしいだろうけど、ただでさえCDが売れないならこういう努力も必要なのでは?

2016年09月10日 23:49

コメントの投稿