久しぶりにオムニバス盤を新品で購入した。
昔はよく「聴きたい曲があるのに、アルバム1枚分買うには躊躇するなあ」とか「サントラ収録曲だけど、サントラ買うよりもオムニバス盤の方が選曲が良いじゃん」とかの理由でオムニバス盤を買う事はあったのだけど、今回に至っては前者の方。
という訳で、今回は「CROSSOVER ELEVEN : TIME AFTER TIME」をチョイス。

タイトル通りで察する通り、このアルバムは昔NHK-FMで夜23:00から1時間放送されていた「クロスオーバーイレブン」のCD企画盤。
私の中学生の頃の洋楽聴き始めは、それこそお金もないから安いカセットテープに何度もダビングを重ねて、聴いてたラジオ番組も”●●特集”だのリクエスト番組にハガキ送って、読まれないかとドキドキしながらエアチェックして聴いてたのが主流だった。そこからお気に入りのミュージシャンをチェックして知識を広げていったのだけど、高校生になると少し知識も増えてきて色んなスタイルに興味を持つ事になるのだけど、このクロスオーバーイレブンはかなり大人の雰囲気が漂うちょっとハイレベルなイメージが常にあった気がする。

就寝前に聴く事が多かったので、FM雑誌で放送内容をチェックしながら今日は聴こうと決めた時はちょっとしたドキドキ感が常にあった。コレは以前も書いた事があるけど、この番組は津嘉山正種さんのナレーションが良いアクセントとなってるので、このナレーションが何時止まるか...で、エアチェックの成功が決まるのだ(苦笑)。
ナレーションが終わりそうだ...とドキドキしながら録音ボタンに手を掛けるも、実はまだ続いてたり(笑)慌ててテープ巻き戻してる間に曲が始まってエアチェック失敗なんて何度もあった。今じゃこのナレーションが凄く心地良く聞けるけど、当時はかなり恨めしく思ったモノだ(苦笑)。

そんな私がこのCDを聴きたかったのは、オープニングで流れるアジムスの「FLY OVER THE HORIZON」とエンディングの「OUTUBRO」が聴きたかったから。23:00の時報の後にジワジワと響いてくるシンセの音がいつも妙な高揚感を感じられて、そこに津嘉山さんの「今日も1日が通り過ぎていきます~」というナレーションが入ると、当時は深夜だなあ~という感じがいつも味わえたモンだった。

懐かしさもあってこのCDを聴きたい...と思ってたけど、このCDには普段私には余り馴染みのないスタイルの楽曲が収録されているのも購入するポイントだった。ジャズやフュージョン系のミュージシャンが多くて、知ってる曲はアジムスの2曲以外はハービー・ハンコックの「ROCK IT」くらい。特に特出するべきモノでもないけど、普段馴染みのないジャンルをこういうカタチで聴くのは何だか凄く新鮮だし、またCD自体がラジオ番組のそれをなぞっているので(オープニングのナレーションから途中に入るナレーション、そしてエンディングのナレーションまで全て収録)一つの番組を丸々聴いてる感じで、ノスタルジックと相成る雰囲気が常に味わえるのが良い。

ちなみにこのCDはソニーミュージック編で、当時は選曲が違うビクター編もあったらしい(アマゾンにはソニー編しか在庫がなかった)。更に、よく新聞の折込広告の通販なんかで売られてるCDーBOXでもクロスオーバーイレブンのモノが売られた事があるらしく、今じゃ中古でも結構値が張ってる(城達也さんのジェットストリームがCDーBOXで売られてたのは記憶にあるけど)。

ボートラとして、アジムスの2曲が原曲(ナレーションが入ってないモノ)で収録されているので、これも非常に嬉しい。
私が80s系のお気に入りCD-Rを作る時には、1曲目に必ずヴァイパー・トレイルスの「DON'T WORRY BABY」を入れてたのだけど(笑)これで2枚目作る時には、1曲目と最後の曲はもう決まりましたね(笑)。深夜のドライブには手放さなくなりそう...


「FLY OVER THE HORIZON」 / AZYMUTH


「OUTUBRO」 / AZYMUTH
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HITnRUN PHASE ONE / PRINCE (2015)

NIGHTWALKER / GINO VANNELLI (1981)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

クロスオーバーイレブンのCD良さそうですね~、ナレーションも入ってるなら隔月間くらいでシリーズ化しても売れるんじゃないでしょうか・・・当時聴いてたおっちゃん世代とかに。

エアーチェックは行動パターン同じです(笑)、私もナレーションのフェイントにやられた事あります、カセットテープを切り貼りする道具買ってナレーションだけカットした猛者もいるとか?。

このCDにはテレンス・ブランチャードさんが参加されてると思うんですが、どこを見ても曲目だけしか乗ってないんでよく分かんないんですよね~、実はこの人のトランペット、好きなんですよ。
イージーリスニング系も本格派のジャズもイケる人ですが、こういうオムニバスならイージーリスニング系の曲が入ってそうですね。

https://www.youtube.com/watch?v=HdogslptbcY

2016年09月11日 20:13

comment avater

K.A.E.

確かに隔月間くらいなら購入するファンは絶対にいそうですよね。今のトコ、毎年正月だかお盆だかに新録で放送しているみたいですが、こういうスタイルのFMを今も熱望している人達がいるのも何だかホッとします。今のFMと昔のFMの番組スタイルが随分変わってしまいましたからね。

カセットテープを切り貼りする道具まで買って編集ってコア過ぎですが(笑)やっぱ曲だけ聴きたいと当時は思ってましたから、失敗した時のショックは大きかったです。当時12インチverの特集があって録音失敗した時のショックは未だに忘れてません(爆)。

某音サンのお察し通り、テレンス・ブランチャードの楽曲は入ってますよ(「APARECIDA」という曲でイージーリスニング系ですね)。
私はこういうスタイルの曲は滅多に聴かないんで、こういうオムニバスでしか聴かない音楽もあるから、そこから自分の感性に適してるかがポイントになりますね。雰囲気重視で流して聴く分にも良し、気分次第で聴くのも良しって意味では、このクロスオーバーイレブンのコンセプトにはピッタリなんじゃないかと思います。

2016年09月14日 23:55

コメントの投稿