今回のラウドパークに蠍団が来る!という情報を知って、今回は行かねば...と思ってたのだけど残念ながら仕事の休日が被らなかったお陰で無理となってしまった。今の仕事は夜勤専属で、休日のローテーションが毎月中旬に決まるからライブ日程となかなか合わせづらいのだ。

しかし、一度は観てみたいライブというのはどーしてこうもタイミングが上手くいかないのだろうか?といつも考えてしまう。いつぞやのオジーのなんちゃって引退ツアー(NO MORE TEARSの時)も当時の仕事の繁忙期で行けなかったし、「PUMP」時のエアロスミスはチケット持ってたのに台風直撃で行けなかった。
まあ以前よりも来日公演が減ってるし、来ても平日の1~2回公演くらいでチケット代も高いからもうそんなに拘るモノでもないんだけど、タイミングが上手く合わせられれば観たいライブに関しては積極的に行こうとは思ってる次第。今後は上手く合うと良いんだけどなあ。

さて、今回のチョイスは久々にHR関係に戻ってスピリチュアル・ベガーズの5thアルバム「ON FIRE」。発表は2002年。
ラウドパークには必ずと言っていいほどマイケル・アモット関係が名を連ねていたのだけど、今回は何故か入ってない。代わりに10月に単独来日公演が決まってるのだけど、単に今回は単独でライブやりたかったのかな?
正直言って今の彼等には余り興味がないのだけど、それは単にJBからアポロ・パパサナシオにボーカルが代わってしまい音楽性も自分の好みから離れていってしまったからなんだけど、実はこのアルバムからその布石はあったと思う。

私が彼等を知ったのは前作「AD ASTRA」からで、今でも彼等の最高傑作はこのアルバムだと思ってるんだけど、その前作で歌ってたスパイスがマイケルと不仲になってしまい脱退。後任にグランド・メイガスのJBが加入という経緯があったのだけど、このメンバーチェンジはそれほど重要ではない。私的にはスパイスの方が好きだけど、JBも上手いシンガーだしバンドのカラーにも合ってると思うし。
やっぱ、曲自体のクオリティがこのアルバムから下がってきた様な気がするのだ。

70年代のブルーズベースでソウルフルなHRというスタイルは基本変わってないのだけど、前作にはそこにHMのエッセンスが散りばめられてたのでかなり攻撃的に聴こえたのに、このアルバムではオールドスタイルに拘ったのか単調でメリハリに欠けた感じで余り耳に残らないのだ。前作でポイントが高かったオルガンの音でさえあっさりしてる感じだし。
「STREET FIGHTING SAVIOURS」「YOUNG MAN, OLD SOUL」「KILLING TIME」「BENEATH THE SKIN」「LOOK BACK」と好きな曲もあるのだけど、全体的にはミドルテンポの曲が多いから自然と聴き流してしまうのだ。これは致命的じゃないかと。

そんな訳で、音楽性は好きな部類なのに何故か響かないという(苦笑)いまいち煮え切らないアルバムという位置付けなのだけど、それは単に私自身の好みの問題であって、次作ではリフ主体の曲が増えたお陰で大分盛り返したと思うのだけど、何度聴いてもこのアルバムはピンと来ないんだよなあ。このアルバム好きな人には申し訳ないんだけど。


「STREET FIGHTING SAVIOURS」


「LOOK BACK」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SOUL MOVER / GLENN HUGHES (2005)

HITnRUN PHASE ONE / PRINCE (2015)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

この辺になるとアルバム全体がマンネリ気味になってるような感じですよね。
ここ最近の作品も良いとは思いますが、私も惰性で聴いてる感じがしないでもなかったり?。

アモット兄はそれにしても働き者ですね、この前からプライベート、アーク・エネミー、プライベート、ブラック・アース、・・・で、次はスピリチュアル~で来日って(笑)、2~3か月おきに来日してるし!、その上プライベートで来た時もプロモーションやインタビューしてて、この人寝る暇があるのかな~って。

もう日本にアパート借りた方が安くつくレベルでは?。

2016年09月24日 23:25

comment avater

K.A.E.

今のアポロにボーカル代わってから、何か音自体も随分とあっさりしちゃったなあ...と感じるんですよ、初期の頃がかなり濃厚だった事もあったんで。
JBも良いシンガーなんですが、スパイスが如何にもストーナーっぽい雰囲気を醸し出してたのに対して、かなり正統派に近いスタイルだったから色合いが随分変わった気もしましたしね。
まあ別モノと捉えるのが一番良いんでしょうけど、そこまでして聴きたいかという疑念もありますしね。

しかし、マイケルそんなに日本に来てますか?ラウパで毎年来てるという印象はありますけど。ポール・ギルバートやマーティー・フリードマンみたいに日本住んじゃうと逆にバンド活動の足枷になりそうですけどね。出稼ぎにも程があるって?(笑)

2016年09月25日 02:08

コメントの投稿