連休なので音楽を聴く時間がたっぷりあって非常に有意義なんだけど最近は少しHR関係から離れてた事もあって、片っ端から気になったモノをチョイスして聴きまくってる。
ただ、ウチのコンポが壊れたのをずっと放置にしてるので、そろそろ安いモノで良いんで新しいコンポを買おうかな?と店頭へチェックしに行こうと車に乗り込んだら、何とフロントガラスに30cmほどの大きなヒビが入ってるのに気が付いた。
昨夜出掛けた時には気付かなかったのに...と思いながらも、さすがにちょっとマズイなと思いディーラーへ直行し見積もりを取ってもらったら¥100000弱。ちょっとコンポどころじゃないじゃねーか!?と。
車両保険で直すかどうか相談する為保険屋に電話するも、担当者は翌週まで休みとの事なんでちょっと悶々とした気分に。
そんな訳で、連休気分を思いっ切りブチ壊してくれて最悪ですわ...

ってな訳で、昨日のグレン・ヒューズともデュエット経験のあるジェフ・スコット・ソートが在籍していたタリスマンの3rdアルバム「HUMANIMAL」を今回はチョイス。発表は1994年。
1st、2ndと北欧メタルの名盤扱いで順調に活動していたけど、発表当時はこのアルバム2種類のモノが存在していて日本盤とEU盤とでは曲順と収録曲が違うモノだった。何でも日本向けの内容とEU向けの内容を考えてたとの事。まあ、後にパート2という事でEU盤を国内盤でリリースする事になるのだけど。
ここで大体察しが付くと思うけど、メロディアスなHRを好む日本のリスナーは音楽性の変わった3rdアルバムを受け入れてくれるのだろうか?という意味合いで国内盤をメロディアスな曲重視で編集したみたいだけど、当時はグランジ/オルタナの終焉がそこまで迫ってる時点でのこの音楽性の変化...狙っていたのかどうなのか分からないけど、1stや2ndアルバムからのファンはこの変化に相当戸惑ったのではなかろうか?

当時のBURRN!のレビューや記事なんかでも結構書かれていたので当時はこのアルバムは買わなかったのだけど、2004年にリマスター盤として2枚組で再発されたモノを後に買って聴いたら、そりゃ確かにこの変化には驚く訳だわ...と。一聴した時は期待外れとも思ったくらいだし。
1stアルバムでの北欧メタル的な透明感は完全に姿を消し、代わりにヘヴィでファンキーなグルーヴを重視したHRに変化し、2ndアルバムからの数曲はこの音楽性の変化への布石を感じられたりもしたけど、まさかここまで大幅に変えてくるとは思わなかった。マルセル・ヤコブのベースってここまでファンキーだったっけ?と意外に感じられたし。
今改めて聴くとそれほど内容は悪くないし、このテの音楽に理解のある人ならタリスマンの新作という概念を捨てて聴けばまず問題ないのではなかろうか?

ジェフは、後に自身のソロ作でこのテのスタイルを追求するからこの変化はジェフの意向なのかも知れないけど、こういう経緯を知らないでアルバム買った人はマジで失望したんじゃないかな?ヘヴィでファンキーなのが悪いって事じゃなく、余りにも音楽性を変えすぎたという意味で。
でも、後にジェフとマルセルでタリスマンを復活させる前にヒューマニマルという名前で名義でアルバム1枚リリースしてるくらいだし、彼等には思い入れのあるアルバムなんじゃないかな?と。


「HUMANIMAL」


「D.O.A.P.S.」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

F.E.A.R (F*** EVERYONE AND RUN)/ MARILLION (2016)

SOUL MOVER / GLENN HUGHES (2005)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

タリスマンのこのアルバムは本当に嫌いな人が沢山居るんですよね~。
おっしゃるとおり、ファンキーな作品なんで、北欧メタルが好きな人には受け入れられなかったんだと思います。
ご存知のように私はタリスマンが大好きなんで、全部のアルバムを喜んで聴いてますけどね。

ジェフさんは元々ファンクやR&Bをルーツに持ってるんで、こっちの方が自然体でやれてますけど、最初の豚さんのところでやった音楽のイメージが付いちゃったんでしょう。

2016年10月02日 18:45

comment avater

K.A.E.

正に某音サンの言うとおりで、豚貴族でのキャリアのイメージが定着しちゃったんでしょうね。それに、当時のタリスマンの売り方も2ndまでは北欧メタルの名盤扱いだったのに、このアルバムでファンキーな路線になったお陰でもう北欧メタルの名前は使えない様な雰囲気でしたしね。

今聴くとそれほど悪くないんですが、ジェフの好みというよりもマルセルのプレイスタイルの変化の方が驚きですね。こんなファンキーなベースライン弾いてたっけ?ってな具合で。
良くも悪くも、その後のバンドのスタイルに変化をもたらした作品である事は間違いないですね。

2016年10月06日 06:26

コメントの投稿