先日買ったブートCDのレビュー書こうと思ってたら、ずっと期待度が高まってたこのCDが昨日届いてしまったんでこっちを先に(笑)。オリジナルアルバムとしては3年振りの新作登場となった”可愛いメイドさん達”プリティ・メイズの「KINGMAKER」。

新曲4曲+の過去作からのセルフリメイク作「LOUDER THAN EVER」が変則的なアルバムであったにも関わらず結構な頻度で聴いていて、そのセルフリメイクの再構築は上手く成功してると思っていたので、多分この新作も同じスタイルを踏襲してくるだろうなあ...と予想はしていたのだけど、その予想は見事的中した素晴らしい内容だと思う。

「LOUDER THAN EVER」収録の新曲4曲が結構アグレッシヴなスタイルだったので、今回の新作を最初に一聴した時は随分メロディアスに感じたモノだけど、よくよく考えてみるとこのバンドは昔からこういう感じだったし、そこに近年のヘヴィな音像が合わさって独自のスタイルを築いているのだから、結局は何も変わってないと(笑)。

しかし、このジェイコブ・ヤンセンというプロデューサーとは本当に相性が良いと思う。「PANDEMONIUM」からの付き合いだけど、ヘヴィなモノからメロディアスなモノまでバンドが持ってる良い部分を上手く引き出してるなあ...とつくづく感心したし。
それに、今回は何より楽曲がかなり良い。「PANDEMONIUM」や「MOTHERLAND」も良い楽曲が数多く収録されていたけど、今回は殆ど捨て曲無しに近い充実度だと思う。特に前半5曲の流れはホントに素晴らしい。後半も勿論良曲が立て続きに来るので、私的には文句無しの名盤かと。ジャケットがダサいのが悔やまれるけど(苦笑)。

このアルバムの製作前に、バンドに馴染んでいたと思っていたキーボードのモーガン・サンダガーが脱退してしまったので少し危惧していたけど、実際にはそんなに影響はなさそうだしこの新作でもキーボードの比率が高いので、また新たなメンバーが加入すれば問題ないかと。
これは今回も来日公演の期待が高まるばかり。今回も上手くタイミングが合えば是非ライブに足を運んで、このアルバムの楽曲がライブで映えるトコを早いトコ聴きたいぞ...と思いながら、その時まではこのアルバムにどっぷり浸かりたいかと。


「FACE THE WORLD」


「HEAVENS LITTLE DEVIL」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE FOR THE MUSIC / BADLANDS (BOOTLEG : CD-R)

MODERN MUSIC / BE BOP DELUXE (1976)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

加齢なるメイドさん買っちゃいましたか!、アルバムも良かったようで何よりです。
私も買ったんで今聴いてるところですがかなり良い作品だと思いました。

今回も期待通りの作品を期待以上の出来で出してくれたんで、このオッサンたちに感謝しないといけませんね、言われてるようにプロデューサーに恵まれたという事もありますが、ここ数作は絶好調みたいで、またライヴが観たいです。

2016年10月30日 14:23

comment avater

K.A.E.

これだけキャリアの長いバンドだと好調と不調の波があると思うんですが、今のバンドの状態は間違いなく好調の波に乗ってる感じですよね。
ロニーがリリース前に語ってた「今回のアルバムはヘヴィになる」という言葉は間違ってなかったですけど、同時にメロディアスな楽曲なんで聴き疲れがないのもポイントが高いと思います。
ここ2回連続ライブに行ってるので、今回もまたタイミング合えば是非ライブに足を運びたいと思ってますよ。

2016年11月05日 06:03

コメントの投稿