このCD、ホントは購入するつもりがなかったんだけど、たまたま覗いたネットショップで新品が半額近くで売られてたのでそれなら試しに...と捕獲した、デヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクの「THE PURPLE ALBUM」。発表は昨年でしたね。

過去のレビューでもちょこちょこ白蛇は出てきている事から分かる通り、私は白蛇大好きだし、勿論サーペンス・アルバスはリアルタイムで聴いてハマったアルバムでもあるんで、このアルバムにも手を出すかと思いきや、全く興味が持てなかった。
単純にデヴィカヴァの声の衰えがここ数年顕著に酷くなっていた事もそうだし、過去のライブの発掘作業に捉われ過ぎて、大して良いクオリティでもないライブ盤を乱発してるのもちょっと疑問に思ってたからだ。

で、ここに来て今度はディープ・パープル時代の楽曲をセルフリメイクという”奥の手”を使ってきたのは、もはややり過ぎだろうと思った。第三期深紫のメンバーで再結成の話が有ったらしいけど、ジョン・ロードは他界し、リッチー・ブラックモアと会談を持つも物別れに終わり、結局は現白蛇のメンバーでセルフリメイクという事になった訳だけど、何故今パープルなのか?と疑問があった。
グレン・ヒューズも、自身のライブやアルバムにパープル時代の楽曲を盛り込んで未だにプレイし続けている事からやっぱディープ・パープル時代はそれぞれのメンバーにとっては別格なんだろうか?

リリース時に「BURN」「MISTREATED」「STORMBRINGER」の3曲を聴いたけど、「MISTREATED」「STORMBRINGER」はまだ良いけど、「BURN」の余りの物足りなさにショックを受けて失望し、全曲こんな感じならこれはちょっとなあ...と考えてしまった。また国内盤のリリース元がワーズレコードで、幾らDVD付きでも定価¥4000以上は高過ぎるだろ?という事で見送ってしまったのだ。

...とまあ、そんな経緯があったので、幾ら半額で手に入れても過剰な期待はしないでとりあえず聴いてみた。まあ、思ってたよりは普通に聴けるけど、楽曲によって出来不出来のバランスが凄く気になった感じがした。例えば前述の「BURN」や日本盤ボートラの「COMIN' HOME」なんかは、オリジナルで聴き込んでたお陰かギターソロが凄く不自然なカタチになってる気がするんで、これならオリジナルの方が全然良いと思う。
ただ、オリジナルではグレンがボーカルを取ってた「HOLY MAN」はデヴィカヴァの解釈と取れば面白い出来だし(元々彼が作った曲だからこういうモノなのかも知れないけど、とはいえ私はやっぱグレンの方がしっくりくる/苦笑)、「SAIL AWAY」「THE GYPSY」「SOLDIER OF FORTUNE」の歌唱は、当時のそれとは別モノだけど今の感覚だとこんな感じなのか...と妙な味わいがあると思う。

ただ全体的に言えるのは、現代的なアレンジを施しても楽曲自体がどうしても古臭く聴こえてしまうので懐古趣味みたいな感覚で捉えられてしまう事かと。そう考えると、このアルバムは10年くらい前にやった方が効果的だったんじゃないか?と思ってしまった。グレンが20年以上前に自身のライブアルバムでパープルの楽曲を披露した時は、鳥肌が立つほど凄かったのに...

それと演奏陣のメンバーが違うのは重々承知だけど、ブラックモアとロードは無理としても、せめてグレンとイアン・ペイスには数曲でも参加してほしかったなと思った。やはりこの2人がいる事で説得力が増すと思うし、豪華な雰囲気も味わえたと思うと残念だよなあ。

先日のラウドパークの大トリでは意外と御大の声の調子も良かったみたいで、ライブ観た人達から絶賛されてたみたいだけど、ディープ・パープルというルーツに自身のケジメをつけた今、次の白蛇はどんなスタイルになるのかだけはちょっと楽しみだけど、これで次回も白蛇のセルフリメイクだったらさすがに萎えるかも(苦笑)。


「STORMBRINGER」


「THE GYPSY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RESONATE / GLENN HUGHES (2016)

LIVE FOR THE MUSIC / BADLANDS (BOOTLEG : CD-R)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

最初聴く前はアコースティックで渋くやってるのかと思ってたら結構ハードロックだったんで驚いた作品でした。
確かに10年前にやってもらいたかったですよね。
オリジナルと比べるとアレなんですが、選曲とか上手くてそれほど声の劣化が気にならなかったんでこれはこれでよくできてるんじゃないでしょうか。

それにしてもワーズレコードさんは(以下略・・・)

2016年11月13日 15:03

comment avater

K.A.E.

そうですね、某音サンが昨年購入した時には殆ど興味なかったんですが、実際に聴いてみると選曲が上手い感じだと思いましたね。
それに殆ど第3期の代表曲みたいなモノだからオリジナルと比べられて批判されても仕方ないかと。デヴィカヴァは「私自身が楽しむ為にプレイしたんだ」と豪語してますけど、本人がそう言ってもリスナーはどーしてもオリジナルと比べちゃいますって。
あと雑なアレンジはどーにかならなかったのか?と思いましたね。何か楽曲の中途半端な終わり方が多くて、これを丁寧にするだけでも印象は大分変わると思うと残念で仕方ないかと。

しかし、ワーズレコードの価格設定にはマジでがっかりです。欲しいモノが多い時は輸入盤で十分かな?と思うのはメーカーにとっても致命傷だと思うんですけどねえ。

2016年11月14日 06:37

コメントの投稿