約8年振りのソロ作となる、ゴッド・オブ・ヴォイスことグレン・ヒューズの新作「RESONATE」。グレンのファンである私は勿論ゲットしましたよ。
今回も無事国内盤が発売されたんで国内盤を購入したんですが、DVD付きにしようかどうしようか迷った挙句、いつも購入してるジョーシンのクーポンがあったのでこれを使って¥3165で購入。
しかし、前回も書いたけどDVD付CDの値段が上がるのは仕方ないにせよ、定価¥3800+税はやっぱ高いと思う。輸入盤なら2枚買える値段をCD1枚に出すのは結構考えるよなあ。私はグレンのファンだから買ったけど、特にファンでもない人が「ちょっと聴いてみようか」と手軽に買える感じじゃないと思うし...もうちょっと何とかならんのですかね?ワーズレコードさん。

今回の新作は「これまでのアルバムの中で最もヘヴィな作品」という御大の言葉だけは聞いてたのだけど、先行で発表された「HEAVY」のPVは全く観なかった。新作をまっさらな状態で聴いてみたいと思っていたので観る気は無かったのだけど、ヘヴィというタイトル通りの音なんだろうな...という予測は出来た(笑)。
これまでの御大のソロ作で一番ヘヴィなのは「ADDICTION」だと思うけど、如何せんあのアルバムは音がヘヴィ過ぎてメロディが地味という印象しか残ってないので、彼のアルバムの中で最も聴かない部類に入ってしまうのだけど、今回のアルバムもそういう危惧は当然あった。

今まで色んなミュージシャンが「新作はヘヴィだぜ」とかいうインタビューを見ると、逆に余り期待はしたくなくなるのがいつものパターンなので(苦笑)今回の御大の発言がそのまんまだった事もあり、幾ら彼のファンでも余り期待はしてなかった。
正直、グレンのファンってヘヴィな音像を望んでるんだろうか?っていつも思う。だって彼のルーツはR&Bという事はファンなら誰でも知ってる事だし、だったら「今回の新作はソウルフルでファンキーだぜ」と言ってくれた方が期待が高まるんだけど、そうなるとパープル時代のファンは「またか!」と嫌な気分になるんだろうな(苦笑)。

で、聴いてみると確かにヘヴィなんだけど歌メロがすんなりと耳に残るし、「ADDICTION」の時の様な地味な印象もない。また、今回は前作で顕著だったファンキーな楽曲は「LANDMINES」のみで、全体的にオルガンを多用してる事もあってオールドスクールなハードロックで勝負を賭けてきた様だ。いつもは多種多様なスタイルが混合して、全体的に散漫な印象を与えやすいのがこの人の弱点でもあるのだけど、今回は基本的な軸がブレてないので、統一感があって飽きさせないのが一番の強みだと思う。

何処をどう聴いてもグレン・ヒューズのアルバムというのは変わりないんだけど、久々のソロ作という事もあって結構伸び伸びとプレイしてる印象を受けた。バンドメンバーには著名なミュージシャンはいないし(レッチリのチャド・スミスが2曲で叩いてるけど、あくまでもゲストだし)いつものパープルのカヴァー曲も今回はない(初回盤にはゲイリー・ムーアの「NOTHING'S THE SAME」が収録されてるけど)。だけど、聴き終わった後に満足感が残るというのは彼のソロ作では「SOUL MOVER」以来だと思う。

素晴らしい新作をリリースしたにも関わらず、来年は早速再結成したブラック・カントリー・コミュニオンが新作をリリースするそうで、DVDのインタビューでは「ソロ活動に重点を置きたい」とか言ってたのに、この変わり身の早さ(笑)。まあ、御大ももう結構な年齢なので、色々活動してくれるのは嬉しいんですけどね。


「HEAVY」


「LONG TIME GONE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GO ASK THE MOON! / ANGELS OR KINGS (2016)

THE PURPLE ALBUM / WHITESNAKE (2015)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

もうちょっと沢山作品出してる印象だったんですが8年ぶりなんですよね~、他に色々やられてるんでそんなに待った気がしなかったです。
私的には「ソウルでファンキーだぜ!」って言ってくれた方が大喜びするんですけどね。
今回私も日本盤で買いました(高いんでDVD無しですワーズレコードさん・・・)
もうちょっと聴いてから感想書きます。

2016年11月13日 15:11

comment avater

K.A.E.

グレンのソロアルバムは思ったより結構出てると思いますけど、バンド形態やゲスト参加など含めると結構な数になるんですよね。器用貧乏と呼ばれるのはこういうトコに原因があるのかと?

新作は思ったよりも良かったので満足なんですが、こういうスタイルが新規リスナーを引き込めるか?と問われると疑問がありますね。やっぱオールドファンからの支持で成り立ってるミュージシャンなので、余りヘヴィに拘らなくても良いんじゃないかと個人的には思いますけどね。

DVD無しを購入して正解だと思います。PVはYOU TUBEで観られますし、インタビューも毎度お馴染みの内容なので(苦笑)動くグレンが観たい人だけで十分かと。私はDVD無しと近い値段で手に入れられたんでまだ良いですけど、彼のファンであっても値段を差を埋める内容ではないと思います。もし次回もDVD付きCD売るなら、次は通常盤で良いかな?と。

2016年11月14日 06:47

コメントの投稿