前回の予告通り、今回はブリティッシュHRの雄:FMの1stアルバムのセルフリメイク作である「INDISCREET 30」をチョイス。珍しく国内盤も発売されたから、今回はHMVの¥1000クーポンもらっていたのでそれを使って国内盤を購入。

再結成してから順調にコンスタントに作品を発表し続けて、更にボーカルのスティーヴ・オーヴァーランドは自身のソロ作や他のユニットで歌っていたりと、昔よりも活動的になってるのが何か妙な感じもするけど(笑)こうして活動を続けてくれている事に意味があるのでファンとしては嬉しい限り。
でも、まさか彼等もセルフリメイク集を出すとは思わなかったな。まあ、バンド結成30周年を記念しての企画盤みたいなモノなんだろうけど、当時から完成されていたモノに新たな解釈を加えるってどうなんだろう?と興味があったけど、大した変化はないだろうと思っていたら、案の定大した変化はない(笑)。
ただ、先日書いたフランシス・ダナリーみたいにレイドバックした様な雰囲気は全くない。かと言って、これまた先日書いたやっさんみたいに演奏が当時のモノと違うという事もない。そこはやっぱ30年バンドやってきた(まあ、途中解散してたけど)人達だから、今の録音技術で、現在のバンドの音を出してみよう的なモノに近いのかも。

当時の1stアルバムは時代が時代だっただけにキーボードの音が煌びやかな感じで、それに加えてメンバーの若さも相成って今聴いても凄く新鮮に聴こえたりするモノだけど、今回のリメイク集ではさすがに若々しさは感じられない代わりに円熟味が増して若干ヘヴィな感じでなかなか雰囲気は良い。私自身も、当時の1stよりも今のリメイクの方がしっくり来る感じなので(当時と比べて、メンバー同様歳も取ったので/笑)このリメイク集は成功かと思う。

2枚目の方は、当時のB面曲だった「LET LOVE BE THE LEADER」とか、ここ最近のEP盤のアルバム未収録曲が収録されているのだけど、以前購入したEP「ONLY FOOLIN'」からの2曲も収録されている(「RAINBOW'S END」「SHOT IN THE DARK」)。「SHOT IN THE DARK」はオジー・オズボーンのカヴァーだけど、オジーの原曲よりももっと抑えた演奏でなかなかカッコイイ仕上がり。

個人的には「LET LOVE BE THE LEADER」が何故アルバムからハブかれたのか未だに理解出来ないのだけど(つまり良曲という事だ)、この曲に限らずバンドにはアルバム未収録にも良い曲が多いのが特徴で、この2枚目にも収録されている「BAD THAT'S GOOD IN YOU」(オリジナルアルバムとしては最新作にあたる「HEROES AND VILLAINS」の国内盤ボーナストラックに収録)や「THAT GIRL」のアコースティックverなんかはホントに素晴らしい出来。国内盤ボーナストラックの「METRO, IN THE HEART OF THE CITY」はインストゥルメンタルだけど、タイトルから察する限り「METROPOLIS」の頃のアウトテイクなのかな?

しかし、一度解散したバンドとはいえ無事30年迎えてこんな記念アルバムを作ったのはちょっと信じられない気分。あとは一度で良いから日本の地を踏んでほしいと願うばかりだけど、クラブチッタ辺りでやればそこそこ客も入ると思うんだけどなあ...インナースリーヴの様な雰囲気のライブを是非味わいたいモンだ。


「THAT GIRL」


「LET LOVE BE THE LEADER」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TOO MUCH AIN'T ENOUGH / ANDY McCOY (1988)

THE BOOK / GRAHAM BONNET BAND (2016)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

グラハムさんの新作とは逆で私はこっちが輸入盤でした、ボーナストラックはちょっとだけ気になったんですけどね・・・。
若い頃から渋い雰囲気の曲が多かったんでそんなに違和感がなかったです。

逆にオリジナルの出来の良さに改めて気付いたりしました。
でも流石にスティーヴさんは最近活動的過ぎるような気がします。

2016年12月10日 16:23

comment avater

K.A.E.

ここ数年、こういったセルフリメイク集が結構発表されてますけど、当時と余り変わり無いというのは稀じゃないですかね?確かに音質面やキーの変化はあっても、劣化してないどころか逆に味わい深くなってるし、かなり気に入りましたよ!オリジナルの方は逆に今聴くと青臭く感じてちょっと恥ずかしい感覚がありますしね。
ボートラに関してはインストですし、特に特出するモノでもないので気にしなくても大丈夫かと。

そういや、スティーヴ・オーヴァーランドはソロ作もあるんですよね。今度はソロ作の方も聴いてみたいけど、金欠なんでちょっと先の事になりそうかな?

2016年12月15日 03:21

コメントの投稿