FC2ブログ




今年のラウドパークの大トリを務め、実際にライブを観た人達から絶賛されていた蠍団ご一行。ホントは行くつもりだったのだけど、仕事と重なってしまったので結局観る事が出来なかったのは至極残念なんだけど、そんな鬱憤を晴らそうと何かライブDVDでも...とチェックしてたら、偶然にもMTVアンプラグドのCD3枚+DVD1枚のツアーエディションが送料込みで¥1600弱だったので早速ポチる。

蠍団のアンプラグドはたまたまケーブルTVでMTV観てた時に放送されてて、HDDに録画して観たら意外とアコースティックセットがハマってたので、以前から気になってたのだけど、まさかこんな安値で手に入るとは思わなかった。国内盤もこの位の大判振る舞いやってほしかったなあ...って、この仕様で出したら一体幾ら取られるやら...(苦笑)

さて肝心の映像本編は、見た目はさすがに歳相当な雰囲気になってきたなあ...とは思うけど、クラウス・マイネの歌唱力は相変わらずの安定感で、こういうシンプルなスタイルでのライブはバンドの本質が垣間見えると思うけど、蠍団に関してはHRスタイルの”豪”の部分は勿論、こういう”柔”な部分もかなりクオリティが高くて、さすが長年プレイし続けてるだけの事はあるなあと感心してしまった。

また彼等の場合は楽曲も良いから、アコースティックアレンジにしても楽曲がよく映えるのが特徴で、オリジナルと聞き比べてもそれぞれの良さを引き出してるのも素晴らしい。
比較的新しい「STING IN THE TAIL」から「IN TRANCE」「PICTURED LIFE」などの古い楽曲まで幅広い選曲もなかなか興味深く、バンドのメンバーもリラックスして楽しんでる様子が伝わってくる良いライブ映像だと思う。
CDの方は、そのライブ盤2枚組+スタジオver1枚の仕様だけど、スタジオverはライブ盤から洩れてる楽曲もあるのでちょっと勿体無い気が。例えば「SEND ME AN ANGEL」なんかライブverが素晴らしい出来なのに、何故スタジオverを収録しない?と。

何はともあれ、蠍団の懐の深さを思い知らされる素晴らしいライブ盤。でも、こういうの観ちゃうとバンドの終焉も近いのかな?と勘繰ってしまうけど、引退撤回までして未だに活動を続けてくれてるバンドに感謝するのが筋なんだろうな。改めて、ホントに凄いバンドだよなあ...


「SEND ME AN ANGEL」


「WHEN YOU COME INTO MY LIFE」

スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PARANOID / BLACK SABBATH (1970)

TOO MUCH AIN'T ENOUGH / ANDY McCOY (1988)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

スコピーのこれはあとでツアー・エディションとして映像とまとめて出たやつだと思います、私は2枚組のCDを購入しました、こういう後出し的な発売をこのバンドは時々やるんで油断できません、新作もヨーロッパ・エディションとか言うライヴ盤との抱き合わせが後で出たんで・・・。

それはさておき、言われるとおりクラウスさんのVoは素晴らしいですよね、映像も良さそうです。

2016年12月25日 20:27

comment avater

K.A.E.

2000年代に入った辺りからでしょうか、こういう後出し商法が随分と増えましたよね。全然関係無いけどアヴリル・ラヴィーンなんかもアルバム出した1年後に必ず抱き合わせで再リリースされてましたし。
ホントに好きなアルバムなら買い直しも検討しますけど、普通はライブ盤の為にだけに買い直すとかはまず無いから、最初っから複数出して欲しいのが良いですよね。まあ、この前のメタリカみたいに何買って良いのか分からないのも困りモノですが(苦笑)。

蠍団のこの作品はホントに気に入りました。映像観ても分かる通り、リラックスした雰囲気だからこそ成せるパフォーマンスだと思いますし。運よく4枚組手に入れられたのはラッキーでしたね。暫く愛聴盤になりそうですよ。

2016年12月28日 03:34

コメントの投稿