毎年の事ながら、この時期というのはホントに時間の経つのがあっと言う間に過ぎていく感じがする。年末の意識が殆どないから、正月とかも直ぐだろうなあ

でも、クリスマスにジョージ・マイケルが亡くなるなんて思いもしなかったな。毎年「ラスト・クリスマス」が掛かると聴き飽きたお陰でホントに嫌な気分しか残らなかったけど、まさかこういうカタチで聴くとは思わなかった。今年のクリスマス前には一度も聴かなかったから尚更だし。しかも、偶然にもイブの日に「FAITH」を聴いてたので、偶然にしても程があるだろうと。久々に「FATHER FIGURE」が聴きたかったのでCD引っ張り出したのに...
ソニーとの裁判のお陰で10年近くキャリアを棒に振ったのはホントに勿体無かったと思うし、その間に行なったフレディ・マーキュリー・トリビュートでのパフォーマンスが絶賛されてたから、クイーンとそのままコラボしてればまた違ったキャリアになってたと思うとホントに残念。復活した時にはかつての勢いがなく、また本人の奇行がゴシップを賑わせ徐々にフェイドアウトという感じだけど、死後に慈善活動には積極的だったという逸話は、本人の優しさから来るモノなんだろうな。
...と、このままだとジョージ・マイケルの話ばかりになってしまうので、今回のお題を。

先月発売されて、なかなか届かなかったブラック・サバスの「PARANOID」のスーパーデラックスが約2週間後に到着した。怒涛の新作リリースがあったお陰で、待たされても聴くモノがあったのでそれほど待たされた感覚は無かったんだけど、今回タワレコで予約して発売日過ぎてから注文するみたいな販売方法は正直止めてほしいかと。予約してるのに入手出来ない可能性だってある訳だし、ちょっと不安だったな。まあ、無事届いたから良かったけど。

ご存知の通り、バンドの歴史の中でも重要な意味を持つ作品である事は間違いないモノが、今更スーパーデラックス盤とは一体?といった感じだけど、内容は2012年リマスター盤オリジナルverCD1枚、4chMIX verCD1枚、ブートで有名な1970年モントルーでのライブ盤CD1枚、「PAST LIVE」にも収録されている1970年ブリュッセルでのライブ盤CD1枚に、ポスターとか当時のツアーパンフとかブックレットが付いてる代物。正直いってコレクター向けのモノですな。

私はライブ2枚の為に購入した様なモノで、特にモントルーの方はブートで有名なモノだったので一度聴いてみたかったのだ。ブリュッセルの方は音が悪いのは知ってたけど、モントルーの方はそれよりも音が良いのが救いかな(と言っても、たかが知れてるレベルだけど/苦笑)。ただ、どちらも当時のライブの雰囲気を感じられるモノなので歴史的価値は高いと思うし、スタジオ盤とはまた違った良さも確認出来る。選曲が似通ってるのは2枚しかアルバム出してないから致し方ないけど。

私がサバスを初めて知ったのは、子供の頃にTVで観てたプロレス中継でロード・ウォリアーズというタッグチームが「IRON MAN」を入場曲に使ってたのを聴いたのが最初なのだけど、ブラック・サバスのアルバムを探してた時に見たジャケが「BORN AGAIN」のアレだったんでマジでビビった記憶がある(笑)。
まあ、近所の市立図書館で事無くレコード見付けて借りて聴いたのだけど、ヘヴィメタルという認識よりもハードロックじゃないの?という感覚だったのを覚えている。私の当時のメタルと言えばジューダスとかメイデンのイメージだったので、幾らサバスがメタルの起源とはいえ古臭い印象は拭えなかったし。

でも、1970年にこんな音出してたバンドなんて他にいなかっただろうしパイオニアであった事は間違いなかったんだろうな。それは今の時代に聴いても十分感じられた。
来年2月に遂にその幕を閉じる事になるけど、よくもまあこれだけの長い期間ヘヴィな音楽を作り続けてきたと思うとホント畏敬の念しかない、凄いバンドだと改めて思った。


「PARANOID」


「IRON MAN」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

I AM / EARTH, WIND & FIRE (1979)

MTV UNPLUGGED IN ATHENS / SCORPIONS (2014)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

サバスのデラックス盤ですか、良いですね~、確かにこの時期のライヴは全盛期なんで凄いかと。
オジーさんも最近色々とお騒がせされてますが、ソロ新作はまだなんでしょうか。

それはさておき、ジョージ・マイケルさんは驚きでした、確かに毎年執拗に流れてたラスト・クリスマス、聴かないな~って思ってたところにこの訃報でしたから。

何でも激太りで悩まれてたとか?。
http://matomany.com/george-michaels-death-cause/

2017年01月09日 17:25

comment avater

グラハムボネ太郎

スカスカ

オジーさんのサバスって、自分にはなんか軽いんですよね(笑)
曲調もギターも重いけど、ドラムが軽い(笑) 違和感を感じ続けた結果、トニーのサバスをよく聴くようになりました。アイオミでなく、マーティンです。アイオミなら全部になっちゃう

2017年01月12日 11:14

comment avater

K.A.E.

なかなか珍しいんで購入したんですけど、¥4000くらい出して購入するのはちょっとどうかな?と思いますね。私はライブ2枚の為に買った様なモノですけどオマケとかいならにからもうちょい安くしてくれた方が嬉しいですね。
確かにこのライブもシンプルに重くて良いんですが、以前レビューしたブートの「LIVE LONGEST...DIE AT LAST」の方をオフィシャルリリースして欲しいですね。アレはホントに凄い!

ジョージ・マイケルに関してはホント残念なんですけど、晩年は全然活動してなかったし全盛期でケチが付いてからは結果を残してなかったのは悔やまれますね。ただでさえ歌が上手いんだから、もっと上手い事やれたんじゃないかと思うとホントに残念です。

2017年01月15日 03:28

comment avater

K.A.E.

グラハムボネ太郎さん、初めまして!こんな辺境の地にわざわざコメント有り難うございます。
しかし凄いHNですね(笑)。すぐにHR好きだって事が分かる良いHNですよ!

確かにビル・ワードのドラムって軽いですよね。まああの当時の重いドラミングというとボンゾとかキース・ムーン辺りですけど、ビルにはジャズ的要素があったんでそれで補ってたって印象ですね。以前、某音サンがビルのドラムは必要不可欠という意味も分かりますし。
でも、ボネ太郎さんのトニー・マーティン期を聴いてるのも凄くよく分かります!コージーですからね~、「HEADLESS CROSS」の冒頭の重いヤツ聴いちゃうとさすがだと思いますよ。

私はHR以外の音楽も聴くので好みにそぐわないかも知れませんけど、もし気になったアルバムがあったら是非コメントしてくださいませ。因みに、グラハムの新作はどんな印象ですか?

2017年01月15日 03:40

コメントの投稿