2月に久しぶりに日本公演を行なうジャーニー。しかも大ヒット作「ESCAPE」「FRONTIERS」の完全再現となったらファンは間違いなく行くだろうし、平日公演でもかなりの動員が期待出来るのではなかろうか?まあ、今更スティーヴ・ペリーじゃなきゃ嫌だって人もそう多くはないだろうし。
私も是非行きたいのだけど、上手く休みとかち合えば良いんだけどなあ。年明け早々に健康診断の2次検診に引っ掛かって、薬と食事制限の指導を受けてる身としては、黙って大人してるのもちょっと萎えてくるし、ライブで是非発散して吹き飛ばしたいトコなんだけど。

そんなジャーニーの、通産9作目に当たる「RAISED ON RADIO」を今回はチョイス。発表は1986年。
前2作が大ヒットしたお陰でちょっと影の薄い作品と思われがちだけど、私的には前2作よりも好きなアルバム。特にコレって訳でもないのだけど、アルバム全体に漂うポジティヴな雰囲気が結構好きなんだよなあ。

このアルバムが出た当時はMTVの全盛期と言われた頃で、マイケル・ジャクソンがPVで一世風靡した事もあって音楽と映像の関係がかなり重要視された時期でもあったのに、バンドが打ち出したポリシーはラジオから掛かる音楽の重要性。なので、PVにはさほど力を入れず(ベストヒットUSAで小林克也さんが「このアルバムからはPVを作らなかった」と語ってたけど、数曲ライブ映像があるはず)音楽だけで勝負を賭けてきたのはバンドの実力に自身があったからだと思う。
お陰でこのアルバムは結構早くにダブルプラチナ獲得してたと思うけど、やはりMTVで流れなかったのは残念だったと思う。まあ、前作での「SEPARATE WAYS」のPVがあんなにダサかったから、トラウマになってPV作らなかったのかな?とは最初思ってたけど(苦笑)。

楽曲もいつものジャーニーって感じだけど、前作よりはAOR色が強いかな?とは思う。そのお陰で一般浮けする様なスタイルを確立したけど、ロックバンドして見ると物足りない感じは歪めないかも。
私的には前半にある「GIRL CAN'T HELP IT」から「ONCE YOU LOVE SOMEBODY」の流れがとても好きで、後半少しクールダウンで落ち着いたトコに「RAISED ON RADIO」と「I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU」が入るのがとても良い。リマスターにあたってこの曲のライブverが収録されてるけど、テンポが少し早くなって実にカッコイイ仕上がり。この曲聴くと何故か夏の終わりを感じさせるので、夏の終わりには必ず聴いてるけど(笑)。

しかし、このアルバムでバンドは解散状態になってしまったのは残念だった。アルバム発表前にスティーヴ・ペリーもニール・ショーンもソロや別バンドで活動していたし、更にロス・ヴァロリーとスティーヴ・スミスのリズム隊が脱退しちゃったお陰でメンバーショットも3人のみで、何か終わりを予感させる雰囲気が漂ってたのも影響あったのかな?
まあ後にオリジナルメンバーで再結成して復活したけど、もしこのままバンドを続けてたらどんな感じのアルバム作ってたのか気にはなる。でも、そうなるとバッド・イングリッシュが無かった訳だし、結果的にはバンドに一息入れるにはちょうど良い時期だったのかも...


「GIRL CAN'T HELP IT」


「I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE AND DEMOS 1986 (BOOTLEG) / IT BITES

I AM / EARTH, WIND & FIRE (1979)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

健康診断引っかかりましたか、お互い気を付けましょうね・・・、ひょっとして正月喰い過ぎたとか?。

私はうどんの喰い過ぎで血圧がここ数週間上がりっぱなしです、気を付けないと(笑)。

そういえばジャーニーも来日公演でしたね、このアルバムは確かに地味ですが私も好きですよ。

PVに関してはこのバンドのダサくないのを探す方が困難なんで、きっと作ってたとしてもアレだったと思います、ひょっとしたらもうメンバーさんバラバラで集まらなかったとか?。

2017年01月09日 17:15

comment avater

グラハムボネ太郎

ドラムの音が

曲としては好き
でも、聴くたびにドラムの音が気になる。エコーの効いたスネアのパシーンでなかったらなぁ〜って。
ラジオ見直し戦略も今となればやっぱりMTVには敵わなかったから、残念です。

2017年01月12日 10:50

comment avater

K.A.E.

そーなんですよ、雑談版にも書きましたけど大した数値じゃないんですけどね。まあ、効果は表れてるんで次回では完全に落ちると思うんで心配はしてません。生活習慣を見直すには良かったんじゃないかと。しかし、主食で血圧上昇って危険じゃないですか?何食えばいい?って感じですよね(苦笑)。

このアルバムは前2作が凄過ぎたんでどーしても劣る印象を受けがちですけど、楽曲は前2作よりも好きなんですよね。
PV集が出ないのも納得なんですけど(笑)せめてこの時期のライブビデオくらいは出してほしかったですね。ペリーさんの凄さを記録してるだけでも貴重だと思うし。
面白い事に、ここでバンドが一時解散して他のメンバーがみんなジャーニーに似た様なバンド始めたんですよね。バッド・イングリッシュだったりザ・ストームだったり。でも本家を超える事は無理でしたけど。

2017年01月15日 03:56

comment avater

K.A.E.

今思うと、良くも悪くも80年代の音ですよね。如何にも作られた音作りというか。コレってスティーヴ・スミスが全曲叩いてたらまた違う印象になったんですかね?プロデューサーの意向で余り変わらなかったかな??

でも当時のMTVの勢いは凄かったですから、幾らジャーニーでもこの波には逆らえなかったと。ラジオのエアプレイは本国では強力でも他国だとどーしても弱いですし、当時の日本でもMTVは放送されてましたから手っ取り早く情報知るには映像の方が打ってつけでしたしね。私も毎週の様にベストヒットUSAとMTVは観てましたから。

2017年01月15日 04:06

コメントの投稿