雑談版の方にもちょこっと書いた事だけど、昔は「どんな音楽聴いてるんですか?」との問いに、当たり前の様に「メタルですね」と答えていたのだけど、最近はメタルと答えるのが少々気が引ける様になってきた(苦笑)。理由は単純にHM系のジャンルでも細分化が大分進んできたからだ。
元々私が音楽に興味持った頃は80sポップが全盛期で、その流れで洋楽を聴き始め、当時のHM/HR全盛期にハマってそのまま聴いてきたのは以前も書いた通りだけど、その当時は正統派とLAメタル勢くらいしか主流はなかったのに、今の時代はメタルと一口に言っても色んなスタイルのモノが存在する。
私が今でもよく聴くのはやはりオールドスタイル系で、メロディアスハード系も追ってはいるけど、正直それくらいしか興味がなくなってしまったのだ。以前から公言してる通りデス声がダメなので、ブラックメタルやデスメタルは全く聴かないし、最近のラウドロック系のグロウル連発してるのはキツい。スラッシュ系は今でも大丈夫だけど、新譜を追っ掛けるほどの熱意は無くなった。
なので、最近は「ハードロックですね」と答える様にしてる(笑)。これなら細分化もないし、オールドスクール系にも当て嵌まるモノだから気にも咎めない。しかし、歳を取ると保守的になるのは宿命みたいなモノなのだろうか?まあ、自分の好きな音楽を無理して幅を広げる必要もないし、新たなジャンルを無理に好きになる必要もないんで気楽に聴き続けられるモノを楽しめれば...と思う。

そんな事を思いながら今日のお題は久しぶりの鴉団、ブラック・クロウズの「THE LOST CROWES」をチョイス。発表は2006年。
この人達も当初音楽シーンに出てきた時はHR系の範疇で語られる事が多かったけど、実際にはオールドスタイルのロックといった感じで、エアロスミスやGNRに歓迎されたお陰でHRの範疇で語られた様なモノだったなあ。
1stアルバムの時にGNRのスラッシュが彼等のTシャツ着てBURRN!に写真が出てたのを見て興味を持ったのだけど、聴いてみたら古臭いレトロロックだったので思いっ切り肩透かし喰らったのを覚えている。当時は英国からクワイアボーイズが登場したり、ある種の原点回帰的なモノが注目された時期だったので、彼等が注目されたのも理解出来るけど、正直そこまで売れる音か?と思ったりした。まあ、チャートを駆け上がって売れまくったのを目の当たりにしてアメリカの奥深さは感じたけど。

このアルバムは、3rdアルバム「AMORICA」と5thアルバム「BY YOUR SIDE」の原型となった「TALL」と「BAND」というアルバムをそのままリリースしたモノで、楽曲は同じでもタイトル違いだったりと色々と後の作品に変化を遂げる前の貴重なテイク集なんだけど、何故この様なスタイルでリリースされたのかは不明。
私自身、「AMORICA」をリアルタイムで聴いて「随分とルーツが濃くなったよなあ」と正直付いていけなかったんで直ぐにCD売ってしまったのだけど(しかし、あのアルバムは買うのも売るのも恥ずかしかった/笑)このアルバムを聴く限りはそれほどルーツが濃く感じなかったのは私が歳食って音を理解出来る様になったからなのか?それとも普通に彼等をカッコイイと理解出来る様になったからなのか??

「TALL」製作時には30曲の楽曲が用意されたという事で、その中から16曲がこのアルバムに収録されて、後に「AMORICA」に収録されたという経緯がある様に「AMORICA」と聴き比べてみるのも面白いと思う。私的には「AMORICA」じゃなくて「TALL」がリリースされてたら彼等の印象がまた変わってたと思うけど、「BY YOUR SIDE」が先だったら普通のロックバンドと思ってただろうなあ。
その「BY YOUR SIDE」の原型となった「BAND」の製作期間は3日というのは驚き。クリスとリッチのロビンソン兄弟でさっさと曲書いてあっと言う間に出来たという様に、結構荒削りというか即効性を意識した作りになってるのは意図的なモノなんだろうなあ。

残念ながら既に鴉団は解散してしまったけど、このテの音楽は歳食っても十分に楽しめるモノなので付き合いが長くなりそうなアルバムだと思う。何も考えないで、田舎道をひたすらドライブする時なんかに打ってつけの音楽かと。


「PEACE ANYWAY」


「A CONSPIRACY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FISHING FOR MORE LUCKIES / THE WiLDHEARTS (1995)

WALK IN THE FIRE / STRANGEWAYS (1989)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

これの発売からもう10年になるんですね~、早いものです。

アモリカはより一層ブルージーになってそれ以前のファンの人からも賛否があったように思います、確かにジャケは買うのに抵抗ありましたよね(笑)、輸入盤はデカいステッカーで隠してましたが。

そういえば何を聴いてますか?って最近は聞かれなくなりました、音楽自体を若い人(笑)が聴かなくなったからでしょうか、昔は雑談してる時に結構話題に出てましたけど・・・。
私はまだ「スラッシュメタルです」って答える自信はある・・・と思います・・・多分。

2017年01月29日 17:11

comment avater

K.A.E.

「AMORICA」の時はリアルタイムで聴いて、ルーツに根差した音楽性に国民性の違いを感じましたね。だって彼等とそんなに年齢は離れてないのに、ルーツが根っこにあるモノが違うだけで理解出来ないのは、それまで聴いてきた音楽の好みが全く違うモノだからかと。そりゃ私の場合80sソングですから(笑)理解出来ない訳ですよ。
輸入盤はステッカーで隠してましたか!何でも後に出した”はみ出てない”ジャケもあるらしいじゃないですか?見た事はないんですけどね。

私は結構聞かれる事多いですよ。音楽が好きだと答えると「ジャンルは?」と。年齢も年齢だし(苦笑)普段が大人しいんで(笑)「うるさい音楽が大好き」とか「ライブハウスでアタマ振ってる」と言うと大抵驚かれて、その後に必ず「意外だ」とか「若い!」と(笑)。いや、年齢とか関係ないから...

某音サンは普通に「スラッシュ大好き!」と言えるでしょ。ちゃんとリアルタイムで追ってますし。でもそこは敢えて「デスメタル大好き!」と答えてほしいですなあ(爆)。一般人の反応がガラリと変わっちゃうとか?(苦笑)

2017年01月30日 07:23

コメントの投稿