ちょうど2年で新作完成させてきたサンダー。最近は新作作らないで過去作の●●周年記念ライブとかでお茶を濁すミュージシャンが多い中(先日のワイハもそうだけど)こうしてコンスタントに新作を作ってくれるミュージシャンはホントに嬉しい。まあ、サンダーに限っていえば、再々結成直後なんかはグレイテストヒッツ的なライブを連発してたんで、新作に飢えてた前作が素晴らしい出来だったお陰もあってもうちょい先の話かな?と思ってたので随分と早い印象を受けた。しかも「ALL YOU CAN EAT」があった事もあり、待たされた感覚が無かったし。

まずジャケットを見てびっくり。髑髏のイメージが無いバンドなので、こういうアートワークは何を意味するんだろう?とちょっと考えてしまったけど、ルークがインタビューで単にこの作者の作品が家に1枚持ってて、ルークの奥さんから頼んでみたら?と提案されたから...という話らしい。だけど、やっぱサンダーのイメージに合わないなあ(苦笑)。

でも内容は相変わらずのブリティッシュロック炸裂で抜群の安定感といった感じ。冒頭2曲がアップテンポの楽曲でちょっとグラムロック時代の音に聴こえたけど、タイトル曲の「LIP IT UP」が一聴した時にデヴィッド・ボウイの「THE JEAN GENIE」をスローにした感じだなあ...と思ってたら、ルークがインタビューであっさり影響を認めてたのには笑った(笑)。
中盤ちょっとダレる感じがするけど、全体的には楽曲の充実度が前作と同等といった感じなので、ファンは安心して聴ける内容になってるかと。

前作でも感じた事だけど、ここ近年のバンドは歌詞の内容に幾分枯れた部分を感じさせる事が多いので、今のベテランとなった彼等にしか作れない音楽を演ってるんだなあ~と改めて思った。「DIRTY LOVE」や「EVERYBODY WANTS HER」みたいな楽曲はもう彼等には作れないだろうけど、「TUMBLING DOWN」や「HEARTBREAK HURRICANE」、「RIGHT FROM THE START」みたいな楽曲が作れる様になったのはバンドの成熟した部分が自然と表れた結果なんだろうな。サンダーにしては珍しい、女性ボーカルが入ってる「SHE LIKES THE COCAINE」がお気に入りだ。

私は4枚組のライブCD+「BROKEN MIRROR EP」が付いた完全限定盤を購入したのだけど、ライブCDの方はいつものノリと変わらないので特出すべき事は「WONDER DAYS」の楽曲がライブで聴けるという事くらい(まあ「ALL YOU CAN EAT」持ってればそれほど有難みもないけど「BROKEN」だけは未収録だったんで、それが聴けるのが良いけど/苦笑)。
アルバム未収録曲EPは前作にも同じ様な感じで収録されてたけど、まあ未収録でありながらもクオリティは高いのでそりゃファンは欲しくなるよなあ...まあ、いつももワーズレコード商法に乗せられてるんだけど(苦笑)。

刺激を求めるファンには不評かもしれないけど、サンダーの音が好きな人には期待を裏切らない音なのは間違いないですね。また日本に来るだろうけど、いつもの如くライブ参戦したいなあ。また最前列かぶり付きで!(笑)


「RIP IT UP」


「NO ONE GETS OUT ALIVE」


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNOWFLAKE MIDNIGHT / MERCURY REV (2008)

HE SAW IT COMIN' / JACK RUSSELLE'S GREAT WHITE (2017)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ワーズレコードさんの商法は相変わらず度が過ぎてますね、そろそろ誰かにイワしてもらわないと(笑)。
私は輸入盤CD3枚組を1,780円で入手しました、良い作品出してるのに4,000円超えてたら「ちょっと試しに聴いてみようかな」って人達を全力で拒絶してるように見えます。

それはさておき、今回も楽しい作品でした、凄く良かったです。
ライヴCDは今1枚目を聴き終わったところですが、物量が多くてお腹いっぱいになります、ライヴの内容も最高でした。

2017年02月26日 16:47

comment avater

K.A.E.

そうなんですよ。何でこういう価格設定なんだろうか?っていつも思いますけど、やっぱそれだけ固定ファンがいるから売れると踏んでるんでしょうね。こういう商売がいつまでも続くと思ってるんでしょうか?今のウチらの世代が聴かなくなったら、間違いなく潰れるでしょうね(苦笑)。

それはともかく、輸入盤そんなに安かったですか?BROKEN EPだけでそんなに値を吊り上げるのはちょっとなあ...私も次回は輸入盤にしようかな?
でも内容は相変わらず素晴らしいですね。中間中だるみするけど、全体的には良い感じに枯れていて今のバンドの状態が良いのが伺えますし。ライブ盤はいつもの楽曲よりも、もうちょっとマイナーな曲入れてくれた方が嬉しいけど(苦笑)。また今回もライブ行きたいなあ。

2017年02月27日 00:45

コメントの投稿