最近は余り新しいミュージシャンやマイナーなミュージシャンを知る事が少なくなった。単にCD屋が少なくなってしまって試聴出来る場所もないし、情報を知る事もネットの音楽サイトだけじゃ網羅し切れない部分があるからだけど、新しいミュージシャンは確実に出てきているし、マイナーなミュージシャンだって確実に存在してる。現にサマソニやフジロックの発表メンバー見ても知らないミュージシャンが多い事から、さすがに好きなジャンルだけに偏って聴いてるなあ~と自分でも最近感じてるし。

このマーキュリー・レヴも全く知らないミュージシャンだった。私の友人saraサンから彼等のライブを観たという話を聞いたので、知らないなあという言葉で終わってしまうのも何だし「ちょっと聴いてみようか?」という事でYOU TUBEで検索したトコ、このアルバムが何気に気に入ったのでディスクユニオンにて中古CD¥1000弱で購入してみた。2008年発表の7thアルバム「SNOWFLAKE MIDNIGHT」を今回はチョイス。

まず彼等がアメリカのオルタナティヴバンドだったというのが驚き。このアルバムでは混沌としたオルタナっぽい雰囲気は感じられないし、彼等の作品の中でもエレクトロニカを多用した作品らしいので逆に洗練されたイメージが感じられた。静と動が同居した幻想的な雰囲気といった感じだろうか?

ボーカルは何だか飄々とした感じで淡々と歌うという感覚がオルタナっぽいなとは思うけど、この音には非常に合ってると思う。ギターやオーケストラが介入する余地がなく、無機質なエレクトロが音全体を支配してるのに妙な浮遊感や高揚感があるという変なノリ。アンビエントにも通ずる部分も感じられて、単に聴き流してても途中で「おっ!?」と耳を奪われる部分が所々にあったりするし。

中でも「BATTERFLY'S WING」や「A SQUIRREL AND I (HOLDING ON...AND THEN LETTING GO)」辺りがキャッチーで聴き易いという事で突出してるけど、これはやっぱアルバム全体で聴くのがお薦めだと思う。正に今の時期にピッタリな音世界かと。
因みに、このアルバムの姉妹的な作品「STRANGE ATTRACTOR」という作品も同時期にリリースされていて、このアルバムに関しては公式サイトで無料ダウンロードが出来るらしい(因みにまだ聴いてないけど)。

ジャケの兎の顔も無機質な音のイメージに合ってて良いと思うし(因みに裏ジャケは真っ白な猫の顔で対象的なのも面白い)最近のEDM系の音に疲れを感じる人にはこういう音楽が良いのではないか?と思ったりもする。何気に取ったこのアルバムだけど、暫く愛聴盤になりそうだ。


「BATTERFLY'S WING」


「A SQUIRREL AND I (HOLDING ON...AND THEN LETTING GO)」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TOKYO MOTOR FIST / TOKYO MOTOR FIST (2017)

RIP IT UP / THUNDER (2017)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

今は亡きクロスビートによく載ってたバンドですね。
今は分かりませんが、当時はシャーラタンズがレディオヘッド化したみたいなバンドっていうのが私の個人的な印象でした(分かりにくい例えでごめんなさい)。

普通にこういう音が好きな人には人気で、そうでない人には名前すら知らない的な雰囲気の作品を作るんで、どういった人が聴いてるのか謎でしたが、K.A.Eさま聴かれましたか!。

私的にはトリッキーさんやポーティスヘッドみたいなルートから名前を知りました、やっぱりオルタナ系っていう事になるんでしょうか、残念ながらまだCDは1枚も持ってません。

2017年02月26日 17:00

comment avater

K.A.E.

たまたま知ったミュージシャンなんで詳しい事は知らないですけど、ライブを観たsaraサンによると予想に反して音が物凄く大きかったらしいです。
で、こんなスタイルなモンだから、最初はオルタナ系というよりはシューゲイザーに近いのかな?って思ってましたけど、よく聴くとシューゲイザーほど極端では無いですね。レディへみたいな暗さがないから非常に聴き易くてポイント高いです。ちょっと幻想的な雰囲気ですし。来年のライトアップの撮影BGMはコレにしようかな?(笑)

まあ自ら好んで聴くスタイルではないですけど、こういう感じの曲が聴きたい時にはすぐに手に取れるアルバムですね。かなり好きなスタイルですよ!

2017年02月27日 01:01

コメントの投稿