昨年後半にリリースされてたのに大した話題にもならなかった(悲)エアボーン渾身の4作目「BREAKIN' OUTTA HELL」を今更ながら購入した。
ホントはもっと早く購入したかったのだけど、輸入盤のクセしてなかなか値段が下がらないのがずっと気になってて、こうなったら下がるまで待つか...と待っていたのだけど全然下がる気配がない(苦笑)。結局タワーレコードのネット通販にて¥500クーポン使って¥1700くらいで購入。アマゾンでも¥2000超えだったし、一体何なんだろうか...
しかも、リミテッドエディション盤もあるらしく、そちらは「BOMBSHELL」という曲がボートラ追加で、あとポスター付いてるだけなので今回はそっちは見送る事に。

デビューアルバムがリリースされた当時はモロにAC/DC直系のハードロックバンドという事で話題を集めた彼等ではあるけど、コンスタントにアルバムをリリースしてる割にはイマイチ盛り上がりに欠けるのがちょっと理解出来なかったりする。前作まではロードランナーレーベルからのリリースだったのに、今作からスピンファームレコーズという知らないレーベルからのリリースになってる事からマイナーに格下げされちゃったのだろうか?でも、今作からのPVはちゃんときっちり作られてる事から、余りメジャーレーベルに拘る必要もないのかな??

日本公演も過去にラウドパークで一度だけで単独公演は全く行なわれていない現状から、海外からの情報もほぼ聞こえてこないので一体何やってるんだろう?と思うけど(まあ、ライブやってるに決まってるけど/笑)、こうして新作が出ているだけでも良しとしましょう。

やってる事はいつもの彼等なんで特出すべき事なんて殆どないんだけど(笑)相変わらずのAC/DCスタイルはこのアルバムでも変わらない。本家の方が残念ながら終焉を迎えつつあるのでこういう若いバンドに掛かる期待は高いのだけど、こういう変わらないスタイルをキープして「ああ、いつも通りだ」と安心出来るバンドの存在はホントに頼もしいと思う。

ただ4作目となるとそろそろ決定打が欲しいのも事実で、世間に名を知らしめたデビューアルバムの曲が今のトコ定番になりつつあるのはバンドとしてもキツいのではなかろうか?
でも個人的には冗長だった2ndアルバムよりも楽曲の粒は揃ってる感じはするし、40分弱で終わる構成はこういうバンドにはちょうど良いんじゃないかと思う。その方がインパクトも残せるし。

と、私の感想はこんな感じだけど、あとはフルライブを是非観たいんだよなあ。車内でテンション上げて聴くのも普通に楽しいけど(テンション上げ過ぎて事故りそうだけど/苦笑)やっぱこのテのバンドはライブが一番魅力的だろうし。ただ、未だに国内盤が発売されていない事から来日公演の可能性は非常に厳しそうなのが残念ではあるけど...やっぱフェス形式じゃないと呼べないのかな?


「BREAKIN' OUTTA HELL」


「IT'S ALL FOR ROCK N' ROLL」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DREAM FACTORY / PRINCE (BOOTLEG)

BUMP AHEAD / MR.BIG (1993)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

エアボーンもう出てましたか!、チェック忘れでした。
今回も相変わらず良さそうですね、値段はおっしゃるとおりちょっと高目なんで買うのはもうちょっと後になりそうです。
ルーツはAC/DCなだけあって最近新作出したクロークスと通じるものがあったり?。
このレーベルはインディー系ですが、その筋の人には有名なデス/ブラック/ゴシックメタルの巣窟です、最近は色んなバンドを出すようになってますけどね。
http://www.spinefarmrecords.com/

2017年03月19日 15:03

comment avater

K.A.E.

新作の話はネットのニュースサイトでリリース前から知ってたんですが、そのうち国内盤出るだろう...と踏んでいたら一向に出る気配はないし、輸入盤は何故か値が釣り上がったままだし、買うタイミングを完全に見失ってましたね。
内容はいつものですよ(笑)。この人達やAC/DCは、もうこれ以外は出来ないと言わんばかりのスタイルですからね。ただ、本編でも書きましたけどそろそろキラーアンセムが欲しいトコなので、次作あたりでガツンと来るモノが欲しいですね。
このレーベル名は全く知らなかったんですが、そっち系でしたか...どうりで知らなかった訳ですな(苦笑)。

2017年03月20日 04:26

コメントの投稿