ザ・スミス同様、ちょっと聴き始めたら暫くずっと聴き続けてハマってしまう、邦楽のユニット:ICEの20周年記念ベスト盤を最近手に入れた。
以前からずっと欲しかったのだけど、ベスト盤に関しては自分でオリジナルのベスト盤をCD-Rで作って聴いてる方が一番しっくり来るので(笑)こういう記念盤に関してはやはり選曲に不満が出てしまうから購入もずっと遅れてしまうのだ。発表が2013年だから、早くも4年も経ってしまってるし(苦笑)。

特に理由はないのだけど、たまたま彼等の音楽を久々に聴くと「やっぱ良いねえ~」と何枚もアルバム引っ張り出して、車内でも聴いてハマるくらい好きな音楽性なんだけど、こうしてベスト盤を改めて聴いてみると結構色々な事に手を出していたんだなあ...と思う。
中心人物であるギタリストの宮内さんの音楽嗜好が幅広いモノだったお陰で、ICEのアルバム毎に様々なスタイルが提示されていたのは明白なんだけど、アルバム毎に色が違うから大好きなアルバムとそうでもないアルバムの差がはっきり出るのも今思うと面白かったなあと。
ただ、ICEの顔を担ってた国岡さんの声のお陰で一本筋の通ったブレない部分もICEのスタイルでもあった訳で、ここまで色んなスタイルをこなしながらも聴けばICEのサウンドだと分かるのも基本のコンセプトが明確だったからなんだろうな。

このベスト盤は宮内さんが亡くなられた後に発表されたモノで、宮内さん抜きで作られた新曲「HIGHER LOVE」が収められていたり、未発表曲「LOVE KEEP US TOGETHER」(こちらは彼の作品)が収められたりと、従来のファンには見逃せない内容となっているのだけど、これまでにレコード会社が変わる度にベスト盤をリリースされてきたので(確かこのアルバムで5枚目だったと思う)幾ら記念盤とはいえちょっと食傷気味ではあると思う。
ただ、選曲には大分拘ったみたいで、国岡さん曰く「1枚のオリジナルアルバムを聴いてる様なものにしたかった」という事で、いつもの代表曲がそれほど収録されてないという妙な感覚を覚えた。
付属のDVDには、PV集と宮内さん没後に披露されたライブの映像が納められているのだけど、DVDに収録されている曲でもCDには収録されてないからこれまた妙な感じなので、ファンであればあるほど不満も募ってくるという(笑)不思議なアルバムかと。

DVDのPV集も完全版じゃなく、ICEにハマる切っ掛けとなった「BABY MAYBE」「LOVE MAKES ME RUN」が収録されてないのも痛いし、ライブ映像もやはり宮内さんのいるライブ映像が観たかったというのが本音。YOU TUBEには結構素晴らしいライブ映像が残ってるのが救いだけど、いつかちゃんと正規盤でリリースして欲しいと願うばかりだ。

そんな訳で、私自身未だに十分ハマれる彼等の音楽だけど、もうアルバム自体は殆ど廃盤になってしまったので今は中古CD屋でアルバムには収録されてないシングルのカップリング曲だったモノが聴きたい為に持ってないCDを探し回ってるのだけど、自分でも何でここまでしてハマってるのか不思議でしょうがない。まあ、今の邦楽シーンでも彼等みたいなスタイルを持った人達が出てきてないからなんだけど...


「NIGHT FLIGHT」


「SHERRY MY DEAR」


おまけ:彼等が出演した東芝のCM
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

JUNK / M83 (2016)

DREAM FACTORY / PRINCE (BOOTLEG)

comment iconコメント

コメントの投稿