今日・明日と連休なので、今日(と言っても、生活自体が夜行性の私の感覚では時差で昨日にあたる)は久々に東京へ行って増えていたCDを少し売りに出してきた。今は殆ど買わないけど20年前くらいはよくミニアルバムだの何だのとよく買ってて、アルバム未収録曲が1~2曲入ってるだけでバンバン買ってたのだけど、今になるとやはりそんなに聴かないモノばかりなので結局場所が勿体無いから、こういう時間の取れた時に行かないと...。まあ、そんなモノばかりなので買取価格もそれほど高いモノではなかったけど、その売った金額で東京在住の友人にお茶ゴチしたり、アキバで巨大ハンバーガー食してきたりと交友費ですっからかんに(苦笑)。ま、こういう日もあって良いでしょ。
ホントはタワレコも覗きたかったんだけど、時間がそれほど無かったんで(ついでに所持金も/苦笑)売り払ったディスクユニオンで中古CD1枚捕獲したのみ。これは後にレビューします。

で、今日は以前買っておいたM83の新作「JUNK」をチョイス。リリースは昨年ですな。友人のsaraサンが昨年初夏に彼等のライブを新木場で観ていて、ライブに来るという事は新作も...?と思ったら、やはり新作リリースの一環での来日公演だったと。
こういう情報は地方に住んでるとなかなか知る事がないので、何か動きがあった時にはリリースの気配...と察するのがポイントかと(笑)。何か野生のカンみたいなモノか??

国内盤も出てるのだけど、輸入盤が送料入れても¥1000しなかったので問答無用で輸入盤を昨年末に購入。ジャケを見た時、かなりナメてるなと思ったけど(苦笑)最近は映画「オブリビオン」のサントラも手掛けて、かなりメジャーになった彼の次がどんなスタイルで来るのだろう?と期待感もあった。何せ前作「HURRY UP, WE'RE DREAMING」で彼等を知って以来、過去作まで遡っていったくらい好きなスタイルだったので。

で、実際に聴いてみると今回はかなりメロウな作風となった。元々はエレクトロ・シューゲイザーという括りで登場した彼だけど、そういった要素は今回には殆ど感じられない。冒頭2曲「DO IT, TRY IT」「GO!」からしてかなりキャッチーでメロディアスな作風なのでそのまま続くかと思いきや、その後はアンビエントな雰囲気を保ちつつも浮遊感のあるサウンドで、ノイジーで刺激的な要素を期待すると肩透かしを食らう。実際、一聴した時は物足りないと感じられたくらいだし。因みに「GO!」のエンディングのギターソロはスティーヴ・ヴァイが担当してる(意外な組み合わせだ!)。

でも何度も聴いてると、こういうポップな世界観も悪くないんじゃないか?と思う様になってきた。フランス人なので、何処かセンスの違いみたいなモノも感じられて面白いし、何より彼がこういうスタイルに移行してきたという事は過去のスタイルは既にやり尽くした感があるからなのだろうと。

インタビューでは「アルバムを作っても、視聴して気に入った曲だけをセレクトしてプレイリストに入れるだけ」という事を嘆いているけど、それはミュージシャンとしての宿命みたいなモノでリスナーが好きな曲だけをチョイスして聴く分には問題ないと思う。だけど、アルバム全体でそのチョイスした曲を聴くとまた違った意味合いも持つ事もあるので、やはりアルバム全体で聴く事をお薦めしたい。彼のアルバムの中でも最も聴き易いアルバムだけど、何処か刹那的な雰囲気も兼ね備えてるのが妙に気に入ったな。


「DO IT, TRY IT」


「GO!」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FIGHTING / THIN LIZZY (1975)

20TH ANNIVERSARY BEST HIGHER LOVE / ICE (2013)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

これも新作出てたんですか、確か以前ここでお勧めされてたのを1枚入手してますね~、そちらは今でもたまに聴いてます。

今回も良さそうなんですが、これ以上守備範囲広げると収拾つかなくなりそうで怖いんで(もう手遅れですか?)、ちょっと優先順位下げようかと・・・、今年は異様にスラッシュ系が豊作なんで。

2017年04月01日 18:47

comment avater

K.A.E.

そーなんですよ、私も全然新作出てたの知らなくてビックリしましたし。
しかもアマゾンのマケプレにて¥600台で売ってたんで更に驚きました(笑)。同じ輸入盤でも3週間くらい待てば半額以下で買えるならそっち買った方が良いに決まってますしね。

今回のはシューゲイザーの枠で捉われると別モノと感じます。普通のテクノポップ的な印象ですので、その辺に理解があるかどうかで評価が変わると思いますね。ただ、この後の作風がこの路線で行くのかまた戻っていくのかは分かりませんけど、間違いなくメジャーになった上での変化だと感じますね。

2017年04月02日 16:47

コメントの投稿