先日、久々に東京へCDを売りに行き(ブックオフだと二束三文にしかならんので、フラっと遊びがてらに)その査定中に中古CDをチェックしてたら偶然見付けてしまった、今回のお題であるシン・リジィの5thアルバム「FIGHTING」のデラックスエディション盤を購入した。オリジナル盤の発表は1975年。これで3rdアルバムから最終作まで揃った事になったので非常に満足。1stと2ndはハードロック色が薄いので、購入はお金に余裕のある時で良いかな?と。

さて、何でこのアルバムが一番最後に手にする事になったのか?と言うと、単に有名曲が少なかったからという実も蓋もない話で(苦笑)ボブ・シーガーのカヴァーである「ROSALIE」が冒頭を飾ってるという事でアメリカンな雰囲気が漂ってるのかな?という先入観で後回しになってしまったと。
しかし今回改めて聴いてみてアメリカンがどうこうというよりも、この時点でもう既にリジィは個性を確立しちゃっているので”何々的”というモノは存在しない。やっぱフィル・ライノットのアクの強さがこのバンドの核な訳だし、フィルの歌い方やバンドの音楽性が合わなければこのバンドには縁が無いという事なんだろう。

先述の「ROSALIE」や、よくベスト盤に収録されている「WILD ONE」(邦題:帰らぬおまえはワイルド・ワン)、「LIVE AND DANGEROUS」にも収録されている「SUICIDE」(邦題:自殺)辺りは勿論知っていたのだけど、他の曲はこれまで聴いた事がなかったんで純粋に楽しめたのだけど、それと同時にこの時期辺りからバンドの知名度が上がってきた事を思うと、曲作りにも前作よりハードさが増して幅が出てきた様にも感じられた。中でも「FOR THOSE WHO LOVE TO LIVE」(邦題:愛すべきもの)や「KING'S VENGEANCE」、「BALLAD OF A HARD MAN」辺りは結構好きな部類だ。

「ブライアン・ロバートソンとスコット・ゴーハムのツインギターがリジィの歴代ギタリストの中でもベストだ」という話をよく聞くけど、これを聴いて何となくその理由が分かった様な気がする。勿論、後に成功するゲイリー・ムーアやジョン・サイクスも凄いギタリストだし、私自身ゲイリーとスコットの時期が今でもベストだと思ってるけど、楽曲を自然に違和感なく聴かせる雰囲気を持ってるのはこの2人なんだろうなあと。ゲイリーの場合は聴いてると「さあ、凄いソロが来るぞ」という感じだけど、ブライアンの場合はそういうのが無い分バンドの一体感が感じられるといった感覚だろうか。

よくシン・リジィが苦手...って人の話を聞くとフィルの独特の歌いまわしがダメらしいけど、確かに歌メロ自体はそれほどインパクトはないかも知れない。だけど「WILD ONE」や「SUICIDE」に他にピッタリな歌メロはあるのか?と問われると、逆に思い浮かばないのがこのバンドの凄いトコで、それはフィル自身が一番良く分かってるのがこのバンドを国民的バンドにまで押し上げた事実だと思う。
しかしながら、ホントに良いバンドだったよなあ...としみじみ思う。今はブラック・スター・ライダースがその音世界を継承してるけど、やはりフィルの才能には届かないし勿論BSRがリジィの代わりにはなり得ない。だけど、こうしてリジィが残してくれた音源で未だに楽しめるのは、後追いで聴いた私にとっても嬉しい限りである。


「WILD ONE」


「BALLAD OF A HARD MAN」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SABBATH BLOODY SABBATH / BLACK SABBATH (1973)

JUNK / M83 (2016)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

一番聴くアルバムです

もちろん、シン リジーの中でですが、このアルバムの優しい雰囲気がたまらんです。基本的にシン リジーは夜に聴くバンドなんですが、その中でもこれて『ナイトライフ』は、夜にぴったりです。
ハード過ぎない感じが好き

2017年03月29日 12:19

comment avater

K.A.E.

一番聴くアルバムとは意外ですね~。
私は相変わらず「BLACK ROSE」になってしまうんですけど、よくよく考えると「NIGHT LIFE」から「THUNDER AND LIGHTNING」までの作品はホントにどれ聴いても素晴らしいんでチョイスが迷いますね。必ずアルバムの中にキラーチューンが入ってますし。今回「FIGHTING」は初めて聴きましたけど、ホントに良いアルバムだと思うんでこれから聴く頻度も多くなりそうです。

「NIGHT LIFE」も良いですね~。「SHE KNOWS」とか「SHA LA LA」とか「SHOWDOWN」とか最高じゃないですか...そーいや、確かにリジィは”夜”を感じさせる曲が多いですね。

2017年03月31日 05:51

comment avater

某音楽馬鹿

このアルバムで一通り揃ったんですね、おめでとうございます。

ボネ太郎さまの言われる通り、このアルバムの雰囲気は大好きです、私は3番目くらいに良く聴きますよ、確かに夜というか日付が替わるくらいに聴くと最高ですよね。

フィルさんの歌い方は独特で、このバンドの関係者にもれなく影響を与えてると思います、ちょっとアイリッシュ訛りがあるんでしょうか、よく分かりませんが中毒性があります。

関係ないですが今度マット・シナーさん率いるシナーがシン・リジィ度数の高い新作出しますよ~。

2017年04月01日 18:57

comment avater

K.A.E.

確かに言われてみるとゲイリー・ムーアにしろジョン・サイクスにしろフィルの影響は感じられますね。まあゲイリーに関しては出所が同じですしね。リッキー・ウォーウィックがあんなに似てるとは思いませんでしたけど(苦笑)。

シナーってそんなにリジィっぽかったですか?聴いた印象だともっとパワーメタル然とした雰囲気が感じられたんですが...今度YOU TUBEでチェックしてみますかね?

2017年04月02日 16:50

コメントの投稿