久々に英国っぽい音が聴きたいな...と思って引っ張り出してきたのがマリリオン。このブログでも最多の登場を誇るミュージシャンだけど(タイトルがラッシュなのに、一番書いてるのがマリリオンって.../苦笑)ただでさえ活動期間が長いから当然リリースしている枚数もハンパなく、オフィシャルサイトで売られているモノも含まれると相当な枚数に上るので、幾らファンでも全部コンプするのはマニアくらいなモノだろう。

私はMr.Hことスティーヴ・ホガースのVoが好きなので今のマリリオンの変化も十分楽しんで聴いてるのだけど、前任者のフィッシュの時代はあからさまにジェネシスを模倣としたスタイルだったのでどうしてもジェネシスの影がちらついてしまうので、それほどのめり込む事はなかった。やっと3rdアルバムからバンド独自の色が出てきて、これから...という時にフィッシュが脱退してしまった訳だから拘りもそれほどないのだけど、じゃあ最初からホガースが歌っていたら良かったのか?と言われるとそうじゃないと思う。やっぱフィッシュの独特の個性のお陰でバンドが名を上げた訳だし、彼のバンドに対する貢献度は非常に高かったと思う。

そんな彼が脱退する直前の87年のドイツで行なわれたライブが、当時はホームビデオとして発表されていたモノのCD盤である「LIVE FROM LORELEY」が何故か2009年にリリースされた。
私はこの音源が出てるのすら暫く知らなかったのだけど、PV集に入ってた「WARM WET CIRCLES」が確かこの時の映像だったので、ちょっと聴いてみたいと思ってたのもあって購入してみた。ディスクユニオンで確か¥1000くらいで売ってたのも購入動機の一つだ(笑)。

アマゾンのレビューで音質がチープという評価だったのでそれほど期待してなかったけど、それほど悪いとは思わなかったな。まあブートレベルじゃなかっただけでもマシでしょう(苦笑)。フィッシュの大袈裟なボーカルスタイルはここでも炸裂しており、初期のバンドのファンはこういうトコも魅力だったんだろうなと。
選曲に関しては、ビデオよりも収録曲が増えて当時の集大成的なライブの意味合いが感じられた。フィッシュ脱退後に発表されたライブ盤「THIEVING MAGPIE」が有名だけど、あのアルバムは3rdアルバムの全曲収録があるのでこのアルバムとはまた印象がちょっと変わってくると思う。何よりフィッシュ在籍時で一番好きな4thアルバムからの収録曲が多いのが良い。

しかしこうして聴いてみると、今のマリリオンとは全く別モノとして十分感じられた。勿論Voが変われば印象も変わるモノだけど、彼等の場合はジェネシスクローンと呼ばれた音楽性をフィッシュ脱退と共にあっさり捨て去った事で変化を恐れないバンドとして活動してきた訳だけど、そのジェネシスに近い音楽性=フィッシュという図式が当時は完全に出来上がっていたんだなと思った。その変化を受け入れられなかったフィッシュと他のメンバーとの間に溝が出来て脱退する事になったのは必然だったんだなと。

何処か懐かしく、そして何処か虚無感すら覚えるライブ盤ではあるけど、バンドの一区切りを付けた意味合いで結構貴重な音源だと思う。音を聴いてるだけでもフィッシュのカリスマ性は十分感じられるので、フィッシュ時代を聴いた事が無い人にもお薦め出来る内容かと。


追伸:と、書いたばっかりなのに、いきなりマリリオンの来日公演が決定した模様!コレはホントに嬉し過ぎる!!(涙)
私が観たかったプリンスとラッシュはもう観られないけど、最後の一つはやっと望みが叶いましたよ。10/20・21クラブチッタ、絶対に行きます!!


「WARM WET CIRCLE」


「INCOMMUNICADO」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NINE LIVES / AEROSMITH (1997)

A WORLD OF FOOL / LIONVILLE (2017)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

マリリオンの来日ですか、いいですね~、行きたいですが多分大阪には来ない?。

このCDは存在を知りませんでした、フィッシュさん時代の音源はいかにもプログレっていう感じですね、まだ全部集まってないんでこれに手を出すのはまだ先になりそうです。

それに昔の映像作品が守銭奴のワードレコーズさんからまとめて出てどうしてくれようかって思ってたところです(笑)、こんなにまとめて出されても買えないし!。

2017年04月16日 15:34

comment avater

K.A.E.

来日公演の発表にはビックリしました。数年前にクラブチッタがオファー掛けたらバンド側が興味示さなかったって話も聞きましたし、今や本国ではビッグネームだからわざわざファンの少ない極東まで来るとは期待しててもまず難しいだろうと思ってたんで、本当に嬉しいですよ(感涙)。
チケットの金額にもよりますけど、出来れば2日間行きたいですね。20年以上も待ち続けたんですから。
今の発表ではクラブチッタ2公演だけですが、クラブチッタが招聘してるなら大阪は無いでしょうね。ただ、いつぞやのサンダーの時みたいな事もありえるので、常に情報はチェックしておいた方が良いかと。

このアルバムはどういう経緯で発表されたのか分からないですけど、フィッシュ時代のライブを知るにはベストだと思います。「伝説の序章」も良いライブ盤ですけど、選曲は個人的にはこっちの方が好きですね。
私的には、フィッシュ時代よりも今のバンドの方がプログレバンドぽいと思います。ホガース加入後の2枚はそれほどではないですけど、やはり「BRAVE」から完全に化けましたからね。フィッシュ期はHR的なアプローチのジェネシススタイルといった感じでしょうか?

ワードレコーズのやり口はちょっと閉口ですよね。日本盤出してくれるのはありがたいですけど、金額が伴ってないのはファンの新規開拓にはならないと思うんですよ(それだけレコード会社も大変なんでしょうけど)。BDに¥5000超えが当たり前とかなら、何分の1の金額で買える輸入盤買った方が良いに決まってますしね。

2017年04月17日 04:49

コメントの投稿