先日スティーヴン・タイラーがソロで来日公演を行なった...と書くと何か変な気分(笑)。だって、やっぱエアロスミスのボーカルというイメージが完全に付いちゃってるんで今更ソロライブと言われても全然ピンと来ないし。私はソロアルバムの方はまだ購入してないけど、YOU TUBEで数曲聴いた印象ではカントリースタイルを織り込んだロックという認識なので、バンドと比べるとソロでしかやれない音楽をやっていて住み分けがきっちり出来てるんだなと思った。

そんなエアロスミスの1997年に発表された通産12枚目にあたる「NINE LIVES」を今回チョイス。ホント、久しぶりに聴いた感じ。
バンドの第二黄金期と言われる流れから発表された本作だけど、最初一聴した時は「ちょっとパワーが落ちてきた感じかな」という印象だった。
別に楽曲が悪いとかそういう理由ではなく「PARMAMENT VACATION」~「PUMP」~「GET A GRIP」という流れで本作を聴くと何処かしっくり来ない印象があるのだ。それはオリジナルジャケットにも描かれてる様に、インドっぽい雰囲気が楽曲にも取り入れられてる事で、バンドにこういうスタイルって必要なのか?という違和感でしかなかったり、それまで捻じ伏せる様な説得力がアルバム全編で感じられたのがこのアルバムでは後半に渋めな楽曲を持ってきた事でイマイチ地味に感じられたりしたからなのかも知れない。

プロデューサーがグレン・バラードからケヴィン・シャーリーに交代してレコーディングをやり直した結果でグダグダになったのかどーか知らないけど、何処と無く散漫な印象も拭えなかったりするけど、結構好きな曲は多かったりする。前半3曲の流れは勢いがあって好きだし、問題の「TASTE OF INDIA」を飛ばして、まったりとしたバラード調の「FULL CIRCLE」からカントリー調な「PINK」(まさかこの曲でグラミー賞取るとは思わなかったけど)まではどの曲も好きだ。

しかし、この後の日本盤ボートラ2曲が正直邪魔なお陰で、最後の2曲の余韻は完全に消された感じになってしまったのがホントに悔やまれる。つまりボートラ入れるのも結構だけど、アルバム全15曲だと冗長になってグダグダになるという良い例えなんじゃないかと。全曲素晴らしければ長さも気にならないだろうけど、集中して聴くにはやはり15曲は長いと思う。「GET A GRIP」も全15曲だけどインストやイントロなのでそれほど長さは感じさせないし、この違いはやはりアルバムの構成の問題だと思う。
アルバムは前作の勢いを買って全米1位を獲得したけど、いまいちそれに乗り切れない不満が当時は感じられたなあ。何だかんだ言いながらも当時は散々聴いたけど、いつしか聴かなくなっちゃったし...

噂では今年後半にバンドのラストツアーを宣言したものの後にジョー・ペリーが否定したり、前述のスティーヴンのソロ活動もあったりとバンド活動の方がいまいち不透明なトコに危うさを感じるけど、余りグダグダな流れになるくらいなら潔く終わってほしいと願うのはファンの我が侭なんだろうか?


「FALLING LOVE (IS HARD ON THE KNEES)」


「PINK」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

R40 LIVE / RUSH (2015)

LIVE FROM LORELEY / MARILLION (2009)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

もちろん買いましたが

全然聴かずに売っ払いましたね。
単刀直入に言ってつまらなかったです。ただ、ちゃんと聴いてないかもだから、改めて聴けば感想変わるかな? 大人になったし(笑)
でも、そもそもエアロがそれ程好きじゃない私は、パーマネントが一番好きです。

2017年04月24日 10:39

comment avater

K.A.E.

私も最初の全盛期の頃は特に大好きって訳でもないですね。勿論「WALK THIS WAY」や「SWEET EMOTION」や「DRAW THE LINE」などの代表曲は好きなんですが、何か独特の暗さが自分とは余り合わないみたいです。だから今まで「ROCKS」や「DRAW THE LINE」をチョイスしてない訳で(苦笑)。

なので、聴くのはもっぱら第二期黄金期なんですが、このアルバムは楽曲が好きなのにアルバム全体だとイマイチ...という変な評価になってしまいます(苦笑)。外部ライターを使うのは良いけど、ちょっと変な方向へ向いちゃったみたいな。
ボネ太郎さんは「PARMANENT VACATION」ですか!私は「PUMP」ですかね、やっぱり。

2017年04月25日 03:41

comment avater

某音楽馬鹿

曲が多いっていうのは分かりますね~、ボートラまで聴いてるとちょっと疲れます・・・っていうかこのアルバムの曲を全部覚えるのに結構時間がかかりました!。

全体の雰囲気はいかにもエアロっていう感じなのに前2~3作のインパクトが強くて印象に残らなかったのかもしれませんね、そうは言っても買ってしまったアルバムは好きになるまで根気よく聴く主義なんで(笑)、これも今では好きな作品です。

スティーヴンさんのソロはエアロとして聴くと「?」ってなります、過度にカントリー風な事はなくてアメリカン・ロックな作風なんでトム・ペティさんとかが好きなら大丈夫かと思います、曲が凄く良いですよ~。

2017年04月30日 21:28

comment avater

K.A.E.

ボーナストラックの有無で国内盤の購入を決める事はよくあるんですが、この時は中途半端に本編に組み込まれてたので統一感もないし、バランス悪いよなあって常々思ってました。だから私は最初から「PINK」まで聴いて、その後は殆ど聴きません(爆)。
あとは何でインドっぽい音楽?って事に疑問もあったし、アルバム作りの苦労が滲み出てる感じが出てるんですよね。敢えてエアロがやる必要はないだろうと。

しかし、スティーヴンはソロの後エアロの活動再開させると言ってますが、メンバーももう高齢ですし最後に一花咲かせてほしいですね。こういう時代だからこそ、ガツンと来る一撃を!

2017年05月01日 03:10

コメントの投稿