偶然、ディスクユニオンの中古サイトにて現時点でのスタジオ最新作「CLOCKWORK ANGELS」のツアーの模様を収めた未開封BDが¥2600くらいで売られていたのを発見して嬉々しながらポチってみた。
予約をしたのに500セット完売のお陰でBD6枚組の集大成「R40」を購入出来なかったから、この映像はBDで観られないのか?と落胆してたのだけど、後にワーズレコードから単品でBDリリースされたので(当初は「R40」でしかBDは出ないと言われてたのに...)いずれ手に入れようと思いつつも、いつもの金欠のお陰で延び延びとなってたのだけど、こうして無事手に入れる事が出来て満足。

そしたら、ラッシュが最後のツアーと銘打った「R40 LIVE」のBD盤が輸入盤で安値で売られてるではないか。CD3枚組が国内盤でリリースされてたのは知ってたのだけど、何で映像の方は国内盤出ないんだ?と。またワーズレコードが高めの値段設定で売るんだろうなあ...と思いつつも、一向に発売される気配がない。
CD3枚組の国内盤が¥3980なので、もし国内盤BDが発売されるなら¥6000くらいで売られるんだろう...と思い、今回は輸入盤でBD1枚+CD3枚組で送料込み¥1824でポチった。
国内盤CDより半額以下でBD付をゲット出来るこの世の中の仕組み...一体何なんでしょうか?(苦笑)まあ、十分過ぎるほどの安値で大満足でしたが。

しかし40年の活動歴って相当なモンですよ。蠍団のリマスターが出た時もバンド50周年記念とか言ってて驚いたけど、もう何十年も活動してて本人達は飽きないのかな?と素人目に思ってしまうのだけど、2ndアルバムから不動のメンバーで90年代から2000年代に6年の活動停止期間があったとはいえ、それ以前はほぼ毎年の様にアルバムをリリースし続けた偉業はなかなか真似出来るモノではないかと。しかも、ラッシュみたいに複雑な曲構成を持つバンドがそれをやってのけるという事自体が信じられないし。

そんな事を思いながら、ラストツアーという意識を持ちながら映像を観てると、さすがに衰えを感じさせるのは仕方ない事かと。アマゾンのレビューでも劣化が目立つという批評が多いけど、ゲディ・リーみたいなハイトーンな声の持ち主はどーしても年齢には勝てない訳だし。特に初期の楽曲はかなり苦しそうな感じが見受けられる。
私自身はリアルタイムで経験してない初期の楽曲に思い入れはないので、HM/HR系リスナーに人気の「2112」なんかも90年代に久々にライブでプレイされた時でさえ声が厳しい感じだったから、逆に思ってたよりも声出てるなあと思ったくらいだ。

こうして収録された楽曲を見て、しかも冒頭のバンド初期から最新までの楽曲が走馬灯の様にフラッシュバックされていくのを目の当たりにして本当に感慨深い。私が好きなのは80年代入ってからの楽曲なんで、正直言って「何でこの楽曲が入ってない?」と思うトコもあるけど、さすがに全部が全部って訳にもいかないんだろうなあ。せめてアルバムから1曲づつ選曲してほしかったというのが本音。
しかし、決して悪くない選曲だと思う。驚いたのはやはり「LOSING IT」。この曲は絶対にライブで演らないんだろうなあ...と思ってたらやはり海外のファンも同じ気持ちだったらしく、バンドに演奏してほしい楽曲のリクエストでこの曲が1位を取ってたみたいで、エレクトリックヴァイオリンのパートはゲディ・リーのソロアルバムにも参加してたベン・ミンクが担当する事でこの度初お目見えになった。
嬉しかったのは「BETWEEN THE WHEELS」。この楽曲も随分久しぶりにライブで聴いた気がするけど、このアルバム「GRACE UNDER PRESSURE」自体がアルバム群の中でも異質の存在なので、こうして最後にプレイしてくれたのは嬉しい限り。
意外だったのが「THE MAIN MONKEY BUISINESS」。この曲はバンドにとってかなり難易度が高いらしく、ミスると大惨事になるくらいの楽曲らしい(聴いてる分にはよく分からなかったりするけど)。「JACOB'S RADDER」は「EXIT STAGE LEFT」以来のプレイだろうし、これも意外な選曲だったなあ。

「あくまでもツアーからの撤退であり、バンド活動の終焉ではない」と当時はこう説明していたけど、ゲディの声の問題やニール・パートが酷い腱鞘炎だとか色々問題もあるみたいなので、この作品のリリース以降目立った活動はまだ行なわれていない。
ずっと希望を持ってたラッシュの来日公演は夢と消えてしまったけど、せめて新作リリースだけは続けてほしい。「CLOCKWORK ANGELS」はホントに素晴らしい作品だったのでまだまだやれるハズだと信じてるし、バンドに対する期待もまだまだ持ち続けていたいと思っている。...でも、ライブはホントに観たかったなあ...


予告編


「JACOB'S LADDER」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ONE HOT MINUTE / RED HOT CHILI PEPPERS (1995)

NINE LIVES / AEROSMITH (1997)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ラッシュは先日のレコードストア・デイ企画で何かアナログ盤が出てました、何のアルバムかはよく見てなかったんで分かりませんが・・・。

それにしてもラッシュって比較的ライヴや映像作品が多い印象です、あまりに多くてこの作品持ってたかな?ってなるくらい。

後ろで洗濯機(乾燥機?)が回ってたツアーのライヴ映像は印象に残ってるし、ライヴ・アルバムも色んな時代のがあって面白いですね。

2017年04月30日 21:33

comment avater

K.A.E.

80年代まではスタジオ盤4枚の後にライブ盤1枚というペースを守って、その都度音楽性の変化が表れるというパターンでしたけど、90年代からは完全に崩れてその後はアルバム発表後にライブ盤必ず出す様になりましたね。
これがどういう意味があるのか分からないですけど、このバンドはもう既に楽曲が大量にあるから珍しい曲がライブ盤に入ってるとそれだけで嬉しくなってしまいます。

このBDでもステージでちょこちょこお遊び要素が入ってるんですが(「MOVING PICTURES」のジャケの様な引越人?がウロウロしてますし)こういうコミカルな部分もこのバンドを面白くしてるんですよね。以前はチキンの丸焼きが裏で回ってましたしね(笑)。

2017年05月01日 03:19

コメントの投稿