今日、スーパーで買い物してる時にレッチリのパーカーを着てる人と遭遇した。
ロックTシャツ着てる人を見掛けるのは余り珍しい事ではなくなったけど、やっぱ音楽の方も聴いてるのかな?とちょっと思ってしまう(笑)。数年前にロックTシャツがプチブームになった時はデザインがカッコイイからという理由だけで着てる人が多かったと聞くし。
夏はロックT着てる割合が高い私としては、以前AC/DCの「BACK IN BLACK」のTシャツ着てたらアキバのヨドバシで外人に笑われた記憶があるんだけど、あいつらも私の事を「バンドの事知りもしないでTシャツ着てやがる」とか思ったんだろうか?(笑)
でも真面目な風貌だったんでレッチリ聴く様な感じではなかったんだよなあ...そーいう人でも家では変態プレイ炸裂なんだろうか?(苦笑)

そんなバカげた事を思いながら「そーいや、最近レッチリ聴いてないなあ~」と、久々にこのCDを手にした。通産6枚目のオリジナル作「ONE HOT MINUTE」を今回はチョイス。発表は1995年。
前作「BLOOD SUGER SEX MAGIC」でバカ売れしたお陰で本格的にブレイクし、バンドの次を占う意味でも重要な作品ではあったのだけど前作ツアー終盤の日本公演の途中でジョン・フルシャンテが脱退したお陰で、後任にジェーンズ・アディクションのデイヴ・ナヴァロが加入した作品となった。

最初、このメンバーチェンジは結構良い感じになるのでは?と思った。JAもファンク寄りのオルタナバンドだったし、そこにギャンギャン鳴るギターはレッチリのそれと近いモノがあるし。
ところが実際にアルバムを聴いたトコ、まずレッチリお得意のファンキーなノリが大分削られてる。ギタリストの脱退で音楽性そのものが変わるとは思ってなかったので、この変化がまず驚きだった。
そして音がヘヴィで大分ハードロックに近い雰囲気を持ってるのに違和感を感じた。このスタイルはナヴァロが持ち込んだ要素かどうかは分からないけど、意外と普通なロックに落ち着いちゃったな...というのが第一印象だった。

しかし、だからといってダメかというとそういう訳ではなく、コレはコレでカッコイイ作品と思う。ただ、それまでのレッチリがミクスチャーの元祖的なバンドだったので、このアルバムに関しては刺激が少ない安定した作品として捉えるなら文句無い仕上がりだと思う。「WARPED」や「DEEP KICK」、「COFFEE SHOP」や「ONE BIG MOB」のグイグイ来るグルーヴなノリはそれまでと変わり無いし、前作からの退廃的な流れを引き継ぐ「AEROPLANE」「MY FRIENDS」なんかもしっとり聴かせるし、「WALKABOUT」みたいな今までになかったスタイルのモノもあったりと聴き応えはある。ただ、個人的には後半楽曲が弱い感じがするけど。

予想通りというか、ナヴァロはこのアルバムのみで脱退。別に双方とも悪い訳ではなかったけど、単に思ったよりも上手くいかなかっただけの事だと思う。次作でジョンが復帰して更に大ヒットを飛ばす事になってしまい、結果的には影の薄い作品となっているけど、個人的に次作では音楽性が完全に変わってしまったお陰でレッチリから興味を失ってしまったので、このアルバムには悪い印象は全くない。

しかし、LAの変態バンドと言われた彼等が今現在こんな感じになるとは誰が思っただろうか?今じゃ普通にしまむらでTシャツ売ってるくらいのメジャーバンドになったし...良くも悪くもちょっと複雑な心境だったりする。


「WARPED」


「AEROPLANE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SONIC TEMPLE / THE CULT (1989)

R40 LIVE / RUSH (2015)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

母乳も血糖性魔法もいいけど

ってことで、HR/HM関連よりこの手のネタの方が得意かもしれません。
近所のジーンズショップに「局部に靴下履かせた全裸の4人組」ポスターが貼ってある彼らですが、このアルバムは(個人的には)超オキニでした。1曲目のWarpedのパワーに引きずり込まれて後はなすがまま・・・デイヴ含めてもう1枚作ってたらどーなってたんだろ?後半の曲もダレないアルバムになったんではないかと妄想してしまいます。(かといって仲良しチームだとこの感じは出せないのかな?)

2017年06月09日 03:43

comment avater

K.A.E.

意外と人気のこの作品

このアルバムって、今思うとジョン・フルシャンテがいないお陰でどーしても地味な作品として捉えられがちですけど、アルバム全体の出来は結構良いと思うし、私も結構好きですよ。ただ、いつものレッチリにしては音がヘヴィなのとファンキーさが足りないだけの話で。

ジェーンズ・アディクションでは結構ファンク色強かったのに、ここで余り発揮出来なかったのはナヴァロとしても不本意だったでしょうね。「WARPED」や「DEEP KICK」なんか凄くカッコイイのにライブで余りプレイされてないのは勿体ないと思うし、やっぱバンドとしても印象薄いんですかね?
ナヴァロが脱退した後に、再度ジョンが戻って更に大ヒット飛ばしたのは物凄い皮肉だと思いましたよ、ナヴァロの評価が下がったみたいで。

2017年06月10日 01:40

コメントの投稿